【中国輸入】アリババで商品発注をして日本へ商品が届くまで!アリババ仕入れの方法を解説!

アリババ 中国輸入

こんにちは、Kaiです。

本日はまたまた中国輸入の記事ですね。
引き続き具体的に即日実践可能な形で解説をしていこうと思います。

今日のテーマは
「アリババでの商品買い付け手順」です。

中国輸入初心者
・アリババでの商品リサーチってどうやるの?
・実際にアリババから商品を買い付けたいけどどうしたらいい?
・商品仕入れの際に発生するトラブルがあるなら事前に知っておきたい!

これから中国輸入を始めるぞ!
という方は上記が悩みどころだとは思いますが、今日はこの辺を解決していこうかなと思います!

<本記事における期待成果>
・アリババでの買い付け方法がわかる
・中国輸入における商品仕入れの流れがわかる
・商品仕入れの際に発生するトラブルを理解し、リスクヘッジを行うことができる

そもそもアリババってなに?

まずはアリババってなんだ?
というところから話していきます。

「そんなことは知ってるよ!」という方はこちらの章は飛ばしてもらって、
次の章から読み進めてもらって構わないです!

アリババとは中国に拠点を構える世界最大級のECサイトです。
現状世界のEC市場はAmazonとアリババの2強といっても過言ではありません。

アリババは様々なサービスを展開していますが、その中核事業はECサイトの運営です。

ECサイトだけでも様々なプラットフォームを運営しています。

アリババ ECサイト

1688.com


1688は中国本土向けのECサイトです。
ですので中国現地のメーカーや工場、卸業者が出品をしているので、小売価格ではなくて卸価格で商品の買い付けを行うことができるのが特徴です。

いわゆるBtoB(Business to Business)のプラットフォームですね。

ユーザー数はおおよそ8,000万人おり、文字通り世界最大級の卸売りのECサイトと呼べるでしょう。

Alibaba.com


こちらも1688同様アリババ名義のプラットフォームですが、違いとしては中国向けサイトなのかグローバル向けのサイトなのかの違いです。

ですので1688では全て中国語、通貨も元表記ですが、
Alibaba.comでは英語で閲覧することもできるのが特徴です。
こちらのAlibabaグローバルは世界約190カ国で利用をされています。

淘宝網(タオバオ)

淘宝網
タオバオは個人間売買ができるショッピングサイトです。
いわゆるCtoC(Consumer to Consumer)のプラットフォームですね。

日本で言うところのヤフオクやメルカリなんかをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

しかし市場規模は日本のそれとは比較にならないくらい大きく、会員数は5億人以上、出品商品点数は8億品以上とめちゃくちゃ大きいサイトになっています。

AliExpress

AliExpress
アリエキスプレスもアリババグループが運営しているショッピングサイトです。
アリエキスプレスの最大の特徴は中国国内向けECではなく、グローバルからの発注を前提にしているので、英語及び日本語に対応をしている点、そして発送代行業者が不要な点です。

もちろん日本からもクレジットカードを使うことで直接発注ができます。

しかしながら商品単価がアリババなどと比較すると高い傾向にありますので、
少しでも安く商品を仕入れたい!

という場合にはアリババ、タオバオを利用することをオススメします。

天猫 Tmall

T-mall 天猫
こちらは中国輸入の文脈ではあまり利用することはないかもしれませんが、
アリババが運営するショッピングモールということで覚えておくと良いでしょう。

Tmallは日本で言うところの楽天やYahoo!ショッピングのような位置付けのサイトでBtoC(Business to Consumer)のプラットフォームです。

ユニクロ、P&G、ナイキ、 ノースフェイス、クロックス、資生堂、Diorなど大手ブランド、大企業が出店していることが特徴です。

中国国内からは非常に高い信頼感を得ているショッピングサイトです。

アリババでの商品買い付けの流れ

アリババ 買い付け
それでは本題です。
アリババでの商品買い付けの方法を見ていきましょう。

アリババで仕入れを行う上で前提となるのが、代行業者の利用です。

上述の通りアリババは海外からの発注を想定しておらず、
日本からの商品買い付けができないことと、日本への商品配送を受け付けておりません。

なので中国に拠点を持つ代行会社を経由して日本への配送を行います。

中国輸入 全体像

ですので我々が実際に行うことは以下の4点です。

  1. 仕入れ対象商品をアリババで探す
  2. アリババセラーへの質問や確認事項があれば代行業者へ事前に共有
  3. 代行業者への商品発注依頼を行う
  4. 代行業者へ料金を支払う

では次の章からは商品をアリババで探す方法について見ていきましょう!

アリババで商品を探す方法

アリババ 商品リサーチ
アリババで商品を探す方法は大きく2つあります。

  1. キーワード検索
  2. 画像検索

キーワード検索

アリババでは全てが中国語表示になっているので、キーワードも中国語で打ち込んでいく必要があります。

ここで非常に便利なのがGoogle翻訳ですね。

例えばハンモックを仕入れたいとします。

ハンモック 中国輸入

 

ハンモックをGoogleで翻訳にかけると「吊床」と表示されました。

 

ハンモック 中国語

 

こちらを1688.comの検索窓にコピペして検索をしてみましょう。

そうすると・・

 

アリババ キーワードリサーチ

 

山ほどハンモックが出てきましたね。
もし特定の仕入れたい商品などがあればよりキーワードを絞り込んで検索してみるのが良いでしょう。

画像検索

非常に便利なのがこちらの画像検索で商品リサーチをやる方法です。
特にAmazonやメルカリですでに出品されている商品に相乗りする形で商品をリサーチしようとするときに便利なやり方です。

例えばメルカリでこのような商品が出品されているとします。

 

スマホケース 中国輸入 メルカリ

 

これを一旦あなたのPCに保存してください。

次に1688.comのサイトへいってください。
すると検索バーの右側にカメラのアイコンがあるのがわかりますか?

 

アリババ 画像検索

 

ここをクリックしてあげると画像をアップロードすることができますので、
先ほどローカルのPCに保存した画像をアップロードしてみてください。

するとアリババが画像で商品検索を行ってくれて、
下記のような検索結果画面が表示されます。

 

スマホケース アリババ仕入れ

 

これをやることでキーワード検索でなかなか特定が難しいジャンルや、
相乗り出品をしたい時に特定商品のリサーチなどに活用することができちゃいます!

アリババの商品ページの見方

アリババ 商品ページ見方
それでは次に商品を見つけた後の流れについて解説を行います。
アリババに出店しているセラーの中には、当然優良業者もいれば、悪質な業者も混ざっています。

また商品価格やロット数などの仕入れ条件なども仕入れの前には確認をしておかなければいけません。

しかしながらアリババの商品ページは全て中国語で記載されているので、初見ではなかなかわかりにくい部分もあるかと思います。

なので本章では商品仕入れの際に、アリババの商品ページで確認するべき部分とその見方について解説をしていきます。

商品ページで必ず確認しておいたほうがいいポイントは下記の5点です。

  1. 仕入れ価格
  2. 仕入れロット
  3. 返信率
  4. サプライヤーの業態
  5. 取引実績とリピート率

それぞれアリババの商品ページではこの部分ですね。

 

アリババ商品ページ

 

そして少しスクロールしていくと・・・

 

アリババ ショップ情報

 

ここにアリババのショップの情報がまとまっています!

また⑤の「成交」をクリックするとこのような画面が表示されます。

 

アリババ 評価

 

ここでリピート率も見ることができますね!

仕入れ価格と仕入れロット

アリババでは卸価格で商品がやりとりされているので、
発注ロットによって仕入れ価格が変わってきます。

例えばこちらの商品では、

アリババ商品ページ

発注ロットが2個〜199個であれば、9元。
日本円で換算すると、約140円くらいです。

200個〜1,999個であれば、8.5元。130円くらいですね。

そして2,000個以上の発注であれば8元という要領です。

サプライヤーは工場などのメーカーであるケースが多いので、
当然発注数を上げれば上げるほど生産効率が高まりますので、
1個単位の価格は安くなります。

しかし初心者のうちには最初から大量発注はやめておきましょう。
確かに一度に輸送できる数量も増えるので、利益率は大幅に高まるのですが、大量の在庫を抱えることはそれ自体が経営を圧迫するものです。

テスト販売などを経て、慎重に検討を重ねて、
自社商品などで売っていくと判断した際に1,000個2,000個といった数で販売をするようにしてみてください。

優良サプライヤーの見極め

次にアリババのショップ情報の見方について解説していきます。

まず前提としてアリババから商品を仕入れる際にはメーカーから商品仕入れを行ってください。

実はアリババにはショップが2種類ありまして、

  • 生产厂家(メーカー・工場)
  • 经销批发(流通・卸売)

流通卸の場合には工場から該当商品を仕入れて販売しているケースもあるので、正直提供される商品の品質はバラバラです。

当然間に1つ業者が挟まっているので値段も高くなる傾向になります。

わかりやすく言ってしまうとアリババ内で転売している業者とも言えるかもしれません。

ではなくて生产厂家(メーカー・工場)と直接やりとりをするようにしましょう。

次に確認して欲しいのは返信率です。

できれば50%以上欲しいところです。あまり返信率が低いとそもそもレスがないので連絡ができないということになります。

長期的に売っていきたいということを考えるとサプライヤーとの連絡がスムーズであることはとても重要です。
1つ参考指標にしておきましょう。

そして最後に商品の取引実績です。
これが多ければ多いほどサプライヤーの信用につながりますね。

またリピート率も見ておきましょう。
できれば20%以上は欲しいところです。

実績がないところや、リピート率が低いところなどは仕入れを見送るのが無難かと思います。

商品の評価について

ちなみに「成交」の隣には「评价」というタブがあって、これが評価を意味します。いわゆるレビューの部分ですね。

アリババ レビュー欄

これは非常に重要であるかと思われるのですが、中国の場合には不正レビューが当たり前のように行われていて正直信頼をするに値しないと考えています。

もちろん参考程度に見ておくのは大事だと思うのですが、
これを100%信じてしまうと後で痛い目を見る可能性もありますので、
話半分くらいで見ておくのが良いと思います。

代行業者へ発注依頼を出す

配送代行 発注
さてここまでで商品のリサーチと商品ページを見て仕入れ判断の精査というところまでやってきました。

ここまでくればあとは発注するだけ!

ということなのですが、先に書いた通りアリババで商品の発注を行うには基本的にはパートナー企業となる代行業者への依頼をかける流れとなります。

代行業者に発注依頼をして商品仕入れをする流れ

まずやってほしいことは、代行会社へ商品のURLを送って仕入れ依頼をかけることです。

その後代行業者から見積及び請求書が送られてくるので、支払いを済ませれば後は商品の到着を待つのみです。

代行業者によってはAmazonFBAに直送してくれるところもあります。
代行業者側の検品の質がある程度担保されている場合には問題ありませんが、もちろんそうではない業者もいることは事実です。

検品が甘いがためにAmazonのレビューが荒れてしまう危険性があります。

その場合、対応策としては自社での検品もしくは代行業者をスイッチすることだと思います。

なので最初から大量の商品在庫をFBAに納品するよりも少量発注から始めて、
検品体制なども確認した上で、大量に在庫を流し込むということをやると良いでしょう。

もちろん日本側でもしっかり検品を挟みたいという人は自宅や事務所へ商品を送ってもらうようにしましょう。

正直中国輸入に関しては代行業者選びが肝と言っても過言ではないくらい重要です。

品質の担保からサプライヤー側との返金返品交渉、商品配送のスピード、トラブル対応、送料や手数料の間接コストなどなど。

あらゆる問題が代行業者の質によって発生するからですね。

ですので代行業者の選定基準などについては改めて別記事などにまとめていきたいと思います。

少し前ですがYouTubeで代行業者について話した動画もありますので、
こちらもぜひ参考にしてみてください。

中国輸入の仕入れ方法まとめ

今回の記事では特にアリババからどのような流れで商品仕入れをするべきなのか?という部分に特化してお話しさせて頂きました。

改めてまとめていくと我々がやるべきことは決して多くはありません。

  1. 仕入れ対象商品をアリババで探す
  2. アリババセラーへの質問や確認事項があれば代行業者へ事前に共有
  3. 代行業者への商品発注依頼を行う
  4. 代行業者へ料金を支払う

売上に直結するのはやはり仕入れ対象の商品リサーチですね。
日本でも売れていてかつライバルが少ない商品ジャンルを見つけてくるのが非常に重要です。

ニッチなジャンルを見つけることができれば長期的に販売をすることも出来るでしょう。

そしてトラブル回避の部分はサプライヤーの評価をチェックしたり、
気になることがあれば事前に代行業者を介して先方に確認を入れておくことでしょう。

また商品サンプルを取り寄せることは絶対です。

同じ商品を扱っているサプライヤーはアリババにたくさんいるので、商品ページを見るだけではなく、実際に複数のサプライヤーから商品を仕入れてみて、自分の目で確認しましょう。

その品質の違いにびっくりすると思います。

いきなり本格発注ではなく、サンプル発注をしながら代行業者の動きなどを確認していくという流れを踏むことが大事ですね。

LINELP