【Amazon無在庫輸出】ライバルと差別化するリサーチ法を具体的に解説!

Amazon 無在庫 輸出 リサーチ

今日はAmazon無在庫輸出のリサーチ方法についてお話をしていきます。

現在はAmazon輸出に関しては
FBA有在庫に取り組んでいる方と、
無在庫輸出に取り組んでいる方で
2極化が生まれているかと思います。

もちろんハイブリッド、
両立して取り組んでいる方もいらっしゃいます。

最近特に無在庫輸出プレイヤーはリサーチから出品まで全てツール頼みの方が多いようで、
リサーチの方法が分からないという方が散見されます。

実際にちょくちょくご質問も頂きますしね。

ツールに全て丸投げで収益が上がればいいですが、
やはり全てを丸投げしている状況ですと中々収益は上がりにくいですね。

なぜかというとライバルセラーとの差別化をすることが難しいからです。

同じようなツールを周りと使っていてどのように差別化を行うか、
という視点が欠如しているのであれば
この記事は目を通されることをオススメします。

もちろんツールでの無在庫出品はFBA納品の為のリサーチを兼ねている
という戦略であれば特段問題ないかと思いますが、
無在庫だけに取り組んでいるにも関わらず、
商品リサーチの原理原則が理解できていないと継続的に収益を出し続けていくことは難しいです。

そこで今日は無在庫輸出プレイヤーへ
Amazon輸出のリサーチ方法について具体的に解説を行っていきます!

リサーチを行うときに身につけておくべき考え方

Amazon無在庫輸出 考え方
具体的なノウハウをお話しする前に考え方の部分について少し触れておきます。

どれも大事な話なので読み飛ばさずに見て頂ければと思います。

あなたのステージに置いて販売戦略は変わる

まずあなたのアカウントの状態によってとるべき戦略が変わってくるので、
そこからお話をしようと思います。

例えばあなたのアカウントが5年前に解説をされてすでにアカウント評価が10,000件あるとすれば、
パワープレイに出てしまって良いと思います。

とにかくツールで大量出品、数の暴力ですね。
これで問題ないかと思います。

アカウントがある程度強くなっていますし、
ちょっとのことではアカウントが閉鎖になったりすることもないでしょう。

数で攻めてしまって問題ありません。

しかも評価の件数が一定数あればAmazon上での信頼を勝ち取りやすいです。

例えばあなたが商品を購入する側だった場合に
評価が0のセラーと評価が10,000のセラー、
同じ商品を販売していたらどちらから購入しますか?

もちろん評価を気にしないで
最安値で出しているセラーから購入するという人も一定数存在しますが、
多少価格が高くても評価が良いセラーから購入する人もいるとは思いませんか?

単純な価格競争以外でも勝負できる素材を持っているということになりますね。

一方であなたが今日アカウントを作って、
これから販売をしていこうとするフェーズであれば、
間違いなく最安値で出品をしていないと商品は売れていきません。

1品1品のリサーチの精度を上げていく必要があるということです。

ツールは魔法ではなくてあくまで効率化の道具に過ぎない

これも勘違いしている人が多いポイントですが、
リサーチツールは魔法の杖ではありません。

あくまであなたの作業を肩代わりして効率化をもたらす道具に過ぎません。

ツールにリサーチを任せればあっという間に儲かる商品を
見つけてくれるわけではなりません。

儲かる商品を見つけるロジックはあなた自身の中に持つべきです。

その上で実作業をツールに任せるようなイメージですね。

だからこそ儲かる商品を見つけてくるリサーチの方法を
身につける必要があります。

レッドオーシャンでは戦わない

例えばAという商品には出品者が50人います。

一方でBという商品では出品者は2人しかいません。

あなたはどちらの商品がより儲かる商品であると思いますか?

もちろん販売単価やその商品の性質にもよりますが、
よりライバルの少ない商品を選択するに越したことはありません。

なぜなら価格差が埋まりにくく、
販売機会の息が長い商品であると言えるからです。

50人の出品者がいる商品では当然全員が全員最安値を狙っているわけです。

その中で最安値をキープするのは至難の技です。

その点出品者が少ない商品、
極論出品者があなただけであれば、
価格決定権もあなたに委ねられるわけですし、
利益率も高くなるとは思いませんか?

レッドオーシャンで勝負を仕掛けるのではなくて、
少し視点をズラすだけで構いません。

ブルーオーシャンで商品販売を行っていきましょう。

Amazon無在庫輸出の具体的な方法

それでは本題にうつっていきましょう。

Amazon無在庫輸出の具体的なノウハウについてお話をしていきます。

キーワードで検索する

1つ目の手法としてはAmazon輸出で売れる商品のキーワードを
直接Amazon.comに打ち込んで商品を探していくという手法です。

直接キーワード入力を行っていくので、
非常にシンプルかつ簡単で誰でも実践が可能かと思います。

理想形で言えば
ご自身で商品キーワードを探すのが差別化もできて良いかとは思いますが、
初心者の状態でいきなり何かキーワードを打ち込んで探してみろ!

と言われても中々難しいとは思いますので、
下記にキーワードや儲かるジャンルを記載しておきますね!

儲かるジャンル
・Toys & Games(おもちゃ・ゲーム・フィギュアなど)
・Watches(腕時計)
・Office Products(文房具)
・Kitchen & Dining(キッチン家具・調理機器)

キーワード
・japan
・japan limited
・japan import
・anime
・figure
・fuji
・ninja
・AKB48

あとは例えば
腕時計であればCASIO、
アニメ系であればラブライブ、
文房具であればpilotなど、
具体的にジャンルの中から絞込みが行えるような
キーワードを入力していきましょう!

例えば私は先ほど「idolmaster」のキーワードで検索をしていました。

すると下記のような商品がものの5分で見つかってしまいました。

日本円にすると23,000円ほどの商品が、

Amazon無在庫輸出 商品例

日本のAmazonで16,000円で仕入れ可能です。

Amazon無在庫輸出 仕入れ例

またこちらも日本円にすると20,000円ほどの商品が、

Amazon無在庫輸出 商品例

日本Amazonで13,000円ほどで仕入れ可能です。

Amazon無在庫輸出 仕入れ例

5分のリサーチでこの結果なので、深めれば深めるほど、
儲かる商品が見つかりそうですね!

セラーリサーチ

次に我々同様、Amazon.comで無在庫販売を行っている日本人セラーを探していく手法、
セラーリサーチの方法について解説を行っていきます。 

利益を出している日本人セラーを模倣することで、
リサーチの精度と効率を飛躍的に向上させることができます。

また儲かる商品ジャンルや
自分が知らないような商品発掘にも役立ちますので、
ぜひ参考にされてください。

まずは上記の通りキーワード検索を行っていきます。

その際に

  • 「japan」
  • 「japan import」
  • 「ninja」
  • 「sakura」
  • 「matsuri」
  • 「kimono」
  • など日本を連想させるようなキーワードを打ち込んでいきしょう。

    ここでは例として「japan import」で検索をしていきます。

    すると下記のような検索結果が出てくると思います。

    そこでused & new offersという部分をクリックします。

    数値の部分は何人その商品を出品している出品者が存在するかを示します。

    Amazon無在庫輸出 検索結果

    ここでは日本人セラーを見つけることが目的なので、
    出品者数が多くても気にせず進めてください。

    すると下記のような出品者一覧のページに飛びます。

    セラーリサーチ

    ここで日本人の無在庫輸出セラーを見つけるポイントは下記の通りです。

    ・ショップ名に「JAPAN」の文字
    ・ショップ名に「TOKYO」「KYOTO」「WABISABI」など日本語が含まれている
    ・Ships from JAPANと日本からの発想であることが明記されている
    ・FBAではなく自己発送の出品である

    上記の観点を参考にショップ名をクリックしてください。
    すると下記のページに飛ぶのですが、

    セラーリサーチ 確認事項

    ここで注目してほしいポイントが2つあります。

  • セラーの評価数
  • セラーの出品数
  • 日本人無在庫輸出セラーを探すときに意識してもらいたいことは

    大量出品をベースとしたパワーセラーを探すのではなく、

    厳選された商品を出品しているセラー

    リサーチをしっかりと行っているセラー

    模倣するということです。

  • 評価数であれば30daysで10-30程度
  • 出品数であれば100-20,000程度
  • が理想です。

    中には出品数が20万品で
    1ヶ月の評価が200-300ほどついているセラーもいますが、
    そのようなセラーは大概ツールでとにかく数を出すことにフォーカスをしているセラーです。

    リサーチの参考にはならないので、
    対象からは除外するようにしましょう。

    ちなみに商品点数を調べる方法は
    ストア名の下にStorefrontというリンクがあるので、
    そこをクリックすると対象セラーの出品中の商品を見ることが可能です。

    価格差を調べる

    ここまでくればあとは商品ごとの価格差を見ていくだけになります。

    基本的にAmazonはASINコードにて一元管理がされていますので、
    Amazon.comのASINコードを日本のAmazonの検索窓に入力すると
    同じ商品を見つけることが可能です。

    しかし中にはASINが紐付いていない商品なども存在するので、
    その場合には画像検索を行うと
    日本のAmazonの商品ページへ飛ぶことが可能です。

    画像検索はGoogleChromeの機能としてデフォルトで設定がされているので、
    画像を右クリックするとメニュー欄に出てくるので試してみてください。

    利益の計算方法について

    利益の計算方法ですが、計算式は以下の通りです。

    利益計算式
    「Amazon.comでの出品価格」− 「仕入れ価格」―「販売手数料」―「送料」

    これで算出されます。

    販売価格から仕入れ価格を引くと商品の粗利が出ますが、

    Amazon輸出においては
    その他に販売手数料と送料の計算をしないといけません。

    販売手数料については商品ジャンルによって異なりますが、
    販売価格の15%を見積もっておけば問題ありません。

    また海外送料についてはEMSで送るのか、
    書留や追跡なしで送るのかによっても異なりますが、
    おおよそ重量によって決まってきます。

    日本郵政に国際送料の料金表も掲載されていますので、
    最初のうちは料金表を見ながら利益計算を行っていきましょう。

    ライバルの少ない商品が見つかるロジック

    さらに発展系として競合との差別化を図るために、
    ライバルが少ない商品が発掘されるロジックについてお話ししていきます。

    競合が少ない商品というのは
    Amazon.comの出品者数を見れば明らかなのですが、

    なぜ1商品に60も70も出品者が群がる状態が起きる一方で、
    1商品に2-3人しか出品していない、という状態が起きているのか。

    それはAmazonのリサーチツールの限界があるからです。

    AmazonのリサーチツールはASINコードをもとに
    価格差を比較して出品ロジックを判定しています。

    するとASINで参照できない商品は出品することができません。

    具体的にASINを参照できない場合はどのようなケースが想定されるかというと、

  • 日米でASINが紐付いていない
  • 日本Amazonでの商品価格が高騰している
    (他のECサイトで購入すると安く購入ができる)
  • つまり他のセラーと差別化をして販売をしたいのであれば、
    ASIN違いの商品や、新規出品を行っていく。

    あるいはAmazon.co.jpの仕入れではなく、
    他のサイトからの仕入れを前提にしてリサーチを行う。

    すると必然的にあなたの商品構成は差別化されていきます。

    周りと同じことをやっていても
    中々突き抜けた成果を出すことは難しいですが、
    ちょっとした工夫で飛躍的な成果を出すことが可能です。

    本記事で紹介していることを
    すぐに行動に移せるかどうかでも変わってきますので、
    Amazon輸出に取り組まれる方はすぐ行動にうつしてくださいね!

    もっと深いノウハウや、稼ぐまでの考え方などを知りたい方は
    是非メルマガにも登録してみてください。

    ブログではお伝えできないことを赤裸々に語っています。

    LINELP