【Amazon無在庫輸入】最新版!超具体的なノウハウを解説してみる

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日はAmazon無在庫輸入についてお話ししていきます。
Amazonは出品者に求められるお客様へのサービス品質がとても厳しいプラットフォームで有名です。

しかも国内のAmazonでは注文の翌日に荷物が届いちゃうもんだから、
どうやって無在庫で、しかも輸入販売なんかするの?
という疑問や質問は結構多いんじゃないかなと思います。

今日は私自身も実践をさせて頂いております、
Amazon無在庫輸入転売について言葉の定義から具体的なノウハウまで解説を行っていきます。

ぶっちゃけどのくらい儲かる?

いきなり核心の話をしたいとおもいます。
もちろん一口にAmazon無在庫輸入と言っても仕入先や細かいスキームなどは
各社、各個人異なりますので、微妙なニュアンスの違いはあるものの、
僕の知り合いでがっつりやっている人は月商5,000〜6,000万円ほど
Amazonの無在庫輸入だけで売り上げを上げていました。

利益率が20%前後なので、
月利が1,000万円程度ですね。

私自身の事例でいうと、本当にゆるーくやっていて、
完全放置で月商100〜300万くらいですね。

私のノウハウだと利益率が30%近いので
月利30万円〜100万円/1アカウント
といったところでしょうか。

ある程度放置でも稼ぐことができますし、
がっつり力を入れてやれば数千万円の売り上げを期待できる、
非常に魅力的なプラットフォームであり、ノウハウですね。

そもそもAmazon無在庫輸入とは?

Amazon 無在庫輸入
それではノウハウの話に行きたいと思うのですが、
そもそもAmazon無在庫輸入とはなんぞや?

というところをお話ししていきます。

一般的なAmazon転売とは家電量販店や、ドラッグストアなどの店舗から商品を仕入れしてきて
AmazonのFBAに納品して販売をするという手法ですね。

いわゆる「せどり」と言われるものです。

国内の商品を仕入れてAmazon上で販売を行うスキームです。

最近はフリマアプリやECの流通量が増えてきたので、
インターネット上で物品を仕入れて、Amazonで販売する
「電脳せどり」という手法も流行っていますね。

Amazon輸入転売における仕入先は?

一方、今回の記事で紹介をしているAmazon無在庫輸入では国内商品を扱うのではなく、
海外から商品を仕入れてきて国内Amazon上で販売するノウハウです。

仕入先は様々ですが、
海外メーカーから直接仕入れする方法もありますし、海外に直接買い付けに行って一度に大量に仕入れてくる方法もあります。

一般的なのはAmazon.comやebayなどの海外のECサイトから仕入れを行う、
小売to小売で輸入リセールを行う手法です。

自宅のPCから注文が可能ですし、何より小売仕入れなので、
難しい英語や法規制に捉われることなく、手軽に始めることができます。

とりわけAmazon.comからAmazon.co.jpへ商品を販売する手法は
A2A(Amazon to Amazon)とも呼ばれて多くの人が取り組むビジネスとして注目されています。

AmazonではASINコードという一意の商品コードで商品管理が行われており、
原則各国のAmazonで共通のASINコードが発行されています。

なのでA2Aはツールとの相性が非常に良く、商品リサーチ〜出品〜在庫管理〜価格改定まで全てツールで一気通貫に行うことができます。

しかし作業工数が削減される代わりに取り組む人が爆発的に増え、若干市場の飽和感が否めません。

対策としては元も子もないですがツールを使わずに取り組むことが良いかと思います。

Amazonでは原則ASINコードで全ての商品が管理されていると言いましたが、
一部の商品ではアメリカAmazonと日本Amazonで同一商品であるにも関わらず異なるASINが発行されていることがあります。
狙うべき商品はこのようなASIN違いの商品です。

つまりツールで出品、在庫管理を行うことができない商品を取り扱うことで、
ツールに全てを任せているライバルとは競争無縁の世界で商品販売を行うことが可能です。

他には日本Amazonでまだ取り扱われていない商品をあなたが一番はじめに出品する「新規出品」という手法も存在します。
新規出品を行うことでライバル不在で独占的に商品を販売することができます。

新規出品は難しいと考えられがちですが、実はそんなことありません。
JANコードの取得など一番はじめにやることは少しありますが、慣れてきたら誰でも簡単に日本Amazonであなただけの商品ページを作成することが可能です。

また最近ではアリババやタオバオなどの中国ECから仕入れる中国輸入も取り組んでいる方が多いですね。

しかしタオバオの仕入れなどは1品ごとの注文が難しく、
ロットで仕入れることになります。
なので中国からの輸入商品は無在庫で販売するよりかはFBAに納品を行って有在庫で販売する方が多いです。

有在庫輸入転売と無在庫輸入転売の違い

無在庫と有在庫の違いについてはこちらの動画でも解説を行っているので、
ぜひ参考にされてみてください。

私が初心者におすすめをしているのは無在庫輸入転売です。
無在庫で販売を行うことで、在庫リスクを回避することができますし、
そもそも在庫を抱えないために初期費用を大幅に抑えることが可能です。

どんな商品が売れていくのかがまだわかっていない状態の初心者がいきなり在庫を抱えて販売するのは不良在庫を抱える危険性からあまりオススメはできません。

無在庫輸入転売を通じてどんな商品が売れていくのかを学ぶことができます。
リアルな体験を通じてリサーチを行うようなイメージですね。

売れない商品については出品を取り下げるだけで良いので、気軽に出品を行うこともできます。

そもそも私自身が在庫を抱えるビジネスモデルを推奨しておりませんので、
その観点からもまずは無在庫転売から入ることをオススメしています。

Amazon無在庫輸入の一連の流れ

それではここで具体的なノウハウの流れについて解説を行っていきます。
ここでは解説のために全てを手動で行った時にどのような作業を行う必要があるかという観点でお話をしていきます。

まずはノウハウの一連の流れを確認しましょう。

商品リサーチ

商品の出品

購入!

商品の仕入れ・発送

顧客対応

とこのような手順で作業を進めていきます。
それでは順に見ていきましょう。

商品リサーチ

リサーチの手法については幾つかノウハウがあるのですが、
今回は代表的な商品リサーチについてご紹介していきます。

きっとあなたもすぐに実践することができますので、最後まで読み進めてみてください。

まずはAmazon.co.jpで「並行輸入品」と検索してみてください。
するとAmazon.co.jpで出品されている輸入品がズラーッと表示されます。
Amazon 並行輸入品

ここから順に見ていくわけですが、Primeでの取り扱いがある商品はリサーチ対象外とすることをオススメします。

なぜならPrime商品はAmazon倉庫から発送されるので即納が基本ですし、
Amazon上のカート取得率が圧倒的です。

無在庫出品で勝てる余地がないんですね。

あるとすれば圧倒的に価格メリットを打ち出していくことになるんですが、
それはつまり利益率の圧迫を意味します。

Prime商品に無在庫セラーが勝負するのは得策ではないので、初めから勝負を避けることをオススメします。

それでは実際に商品を見ていきましょう。
こちらの商品です。
Amazon 無在庫輸入 商品

モノレートのグラフを見ても月に何度か売れていることが確認できます。
モノレート グラフ

次に商品のASINコードもしくは商品型番などをアメリカAmazonで検索をしてみましょう。

今回はASINコードで検索をしてみます。
するとこのように同じ商品をアメリカAmazonで見つけることができます!
アメリカAmazon

ここで確認してほしいポイントは以下の通りです。

・商品の価格差
・国際送料
・日本への発送が可能か

近年Amazon.comでは国際発送が可能な商品の取り扱いが増えており、
商品を日本へ直送することが出来るようになっています。

今までは発送代行業者へ依頼して日本へ輸入するような流れでしたが、
そのまま直送できる場合には直送してしまいましょう。

もちろん直送が難しい商品もありますので、その場合には代行業者を利用して発生する手数料も鑑みて利益計算を行ってください。

本商品では日本への直送が可能な商品で、送料込みで$315です。
価格を比較すると約5,000円の価格差が生まれています。

利益が取れる商品だと判断して本商品を出品する流れになります。

商品の出品

次に対象商品を出品していきます。
セラーセントラルの
カタログ>商品登録
から商品の出品作業を行います。

商品を1点ずつ登録する場合にはASINコードを下記から入力して検索ボタンを押すと出品作業を進めることが可能です。
Amazon セラーセントラル

すると下記画像の通り、必要情報を入力する画面へ遷移しますので、
ここから必要情報を入力していきましょう。
Amazon 出品項目

入力する項目は

  • 在庫数
  • 販売価格(最安値価格で出品をしてください)
  • コンディション
  • 出荷作業日数
  • この4項目は最低限登録を行ってください。
    逆に言うとたった4項目の設定でAmazonでは商品の出品をすることが可能です。

    出品を終えたらやることは売れるのを待つのみです。
    売れたら商品をAmazon.comから購入してお客様の元へ配送するだけですね。

    あとは出品数に比例して利益が伸びていきます。
    リサーチ→出品の繰り返しですね。

    Amazon無在庫輸入のメリットデメリット

    それでは次にAmazon無在庫輸入のメリットとデメリットを順に見ていきましょう。
    良い面と悪い面を確認した上で、取り組まれるかどうかの検討をしてみてくださいね。

    Amazon無在庫輸入のメリット

  • 初期費用が不要。リスクなく取り組むことができる。
  • これは前述の通りですが、無在庫輸入では在庫を抱えることがありませんので、
    リスクを限りなく抑えてビジネスをスタートできます。
    小資本で戦う個人にとってはありがたい話ですね。

  • ビジネスモデルがシンプル
  • Amazon.comとAmazon.co.jpは共通のASINコードで管理されているので、
    在庫管理や商品照合などが比較的簡単です。
    単純に価格差を見ていくだけになるので、難しいことを考えずに「利益が取れれば出品する」ことを繰り返すだけでOKです。

  • PC1台で完結するので、外注化がしやすい
  • これも無在庫輸入ならではというところですが、商品を一度も見ることなく売上を立てることが可能です。
    よって外注さんにも仕事を任せやすく、管理もしやすいです。
    簡単な仕事であればあるほど外注化は行いやすいです。

    ゆくゆくは転売を手離れさせていきたい。とお考えの方には是非ともお勧めしたいビジネスモデルですね。

    Amazon無在庫輸入のデメリット

  • 配送のリードタイムが長い
  • 当然無在庫輸入なので、注文を取ってから海外への買い付けを行って輸入を行う流れになります。
    国内に在庫がある訳ではないので、配送のリードタイムが長くなり取引が長期化します。
    お客様対応も生じますので、アカウントの健全性を保つのに一苦労します。

  • 単純なA2Aでは飽和気味
  • こちらも前述しておりますが、AmazonではASINコードで管理されている分ツールとの相性がすこぶる良いです。
    そのため参入者が増え、単純にASIN紐付けで出品している商品では利益が取りにくいという結果になっています。

    対策としてはASIN違いの商品を取り扱うか、
    Amazon.comではなく別の仕入先を確保してあなただけの商品を取り扱うことによって競合優位性を保つことが重要になってきます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    この記事ではそもそもAmazon無在庫輸入とはなんぞや?というところから具体的なノウハウ実践方法、
    そしてメリットデメリットについてまとめてみました。

    ですがA2Aでは中々稼ぐことが難しいという市況なので、
    中々苦戦している人も多いというのが実情です。

    「利益率が頭打ちで・・・」
    「実践してみたけど中々利益の出る商品が見つからない・・・」

    などお悩みの方は私からもアドバイスさせて頂きますので、
    メルマガやLINE@にご登録いただき
    お気軽に相談していただければと思います。

    私自身が実践しているライバルと差別化して継続的に稼いでいく手法についても伝授させて頂きますよ。

    LINELP