BASE無在庫転売は稼げるか?転売フェーズを抜けて稼ぎ続けるノウハウを!

BASE 無在庫転売

転売はいますぐやめろ!

と声高に叫びたくなるような記事を今日は書いていきますね。

テーマはネットショップ、特にBASEというサービスを活用して
ネットショップで無在庫転売を行う方法について解説を行っていきます。

ネットショップで稼げるようになると転売を続けることがバカらしく感じられてきます。

また転売がいかに不安定なビジネスモデルかということも痛感します。
(もちろんすぐにお金を作ることができるという点では転売は優れたビジネスモデルと言えるでしょう)

またそもそもBASEは稼げるの?
という点も私なりの考察を加えて語っていきますね。

結論から言うと転売の次のフェーズとしてネットショップに取り組むのはアリですし、稼ぐことも十分可能です。

しかし稼ぐ上で注意すべき点や、転売とはまた違った課題も存在しますので、
稼ぐまでに必要な項目をこの記事では全て解説を行っていきます。

【無在庫ネットショップの作り方】ショップの開設から商品の仕入れ先まで大公開!



そもそもBASEってなに?

BASE
そもそもBASEとは何かというとBASE株式会社が運営する、
ネットショップ作成サービスで、
誰でも簡単にネットショップのオーナーになれるようなインフラを提供しているサービスです。

すでにネットショップの開設実績は50万点を超え、
幅広く利用されるサービスとなっています。

法人はもちろん、個人の方や地方自治体や行政にまで活用の幅が広がっています。

BASE無在庫転売は稼げるの?

BASE 無在庫転売 稼げる
はい、稼げます。

しかし工夫が必要です。

これがこの記事での結論になります。

転売の次のフェーズとして通販や、
自分でネットショップを開業してショップオーナーになるという選択肢がありますが、
確かにステージが上がりますので、
取り組むべき課題のレベルも高いです。

主な課題としてはやはり集客

今まではYahoo!やAmazonといった大企業が提供する集客インフラの上でビジネスをしていたのが、
自分で集客インフラから整えないといけない。

しかも企業の経済活動の中で最も課題として挙がるのが集客なんです。

どうやってお客さんを呼んでくるか。

商売繁盛=行列のできる店
というイメージを皆さんもお持ちだとは思いますが、
どうやってその行列を作ろうかな?

と多くの経営者は頭を抱えるわけです。

しかしインターネットの発達がかなり進んでいる今日では、
集客の課題をクリアする方法は無数にあります。

それでも転売からネットショップへシフトすべき理由

BASE 無在庫転売 やる理由
集客が課題なのでなぜネットショップへ移行する理由があるのか?

そのまま転売で稼ぎ続けていてはダメなのか?

もちろん別に構いません。

転売は稼ぐことが出来ますし、即金性という観点でいえば
間違いビジネスモデルということは今でもはっきりお伝えすることができます。

しかし転売でいつまで稼ぎ続けることが出来るかというとそこには疑問が残ります。

まず第一にアカウントのリスクがあります。

正規商流で仕入れている商品でない以上、
いつアカウントが止められてもおかしくない状況でビジネス活動を行っていることを認識して欲しいんですね。

しかも無在庫転売の多くは規約で禁止されていることが殆どです。

例えばYahoo!などは規約で無在庫転売を禁止しています。

アカウント停止になっても文句が言えない状況です。

アカウント停止ということはお店が潰れることと同義です。

事実、私の周りでもアカウントを凍結されてしまい
ビジネスから撤退せざるをえない人からの相談が多いです。

また商品を1つずつ仕入れて販売するという労働集約型のビジネスをいつまで続けていられるかというメンタル的な部分も忘れてはいけません。

飽きてしまった、
面白みを感じられなくなってしまったという声も多く聞くのが現状ですね。

BASE無在庫転売は規約違反ですか?

ではBASEでは無在庫転売は禁止されているのか、
ということでいうとBASE無在庫転売は禁止されておらず、オフィシャルに認められています。

BASE 無在庫転売 規約違反

つまりプラットフォームで販売する転売ビジネスと比較すると、
大きなリスクを取り除いた上で販売をすることが可能ということです。

また海外からの発送も可能ということで、
欧米あるいは中国のショップなどともパートナーシップを組んで
輸入販売をオフィシャルに行うことが出来るのも大きな魅力の1つです。

BASE無在庫転売のやり方は?

BASE 無在庫転売 やり方
販売仕方はいたってシンプル。
あなたが今までYahoo!やAmazonで販売をしていた商品を
BASEにも登録を行っていくだけ。

お店の開店も簡単に出来てしまいます!
メールアドレスとあなたが決めるパスワード、
そしてお店のURLを指定してあげれば開店は完了!
BASE 無在庫転売 開店



開店準備は5STEPで完了!

メールアドレスとパスワード、そしてショップのURLを決めたら開店準備です。
BASE 無在庫転売 開店準備

5つの工程がショップ公開までには必要です。

・アカウントメール認証
・特定商取引法に基づく表記の入力
・決済方法の設定
・商品登録
・ショップ公開設定

メール認証と特商法の記載は2-3分程度で済んでしまいます。
また決済方法についてはBASEから提供されている「BASEかんたん決済」を利用することが可能です。

BASEかんたん決済では基本的な決済手段は網羅されていて、

・クレジットカード決済
・銀行振込
・コンビニ・Pay-easy決済
・キャリア決済
・後払い決済

が利用可能です。

ここまで完了すればあとは商品登録してショップの公開設定を行えばOKです。

商品登録ももちろん無在庫で行いますので、
写真と説明文などを記載して登録をガンガン行っていきましょう。

【商品登録の際に必要な情報】
商品名
商品価格
在庫数
商品説明
写真

上記の項目が商品登録の際には必要になります。

BASE無在庫転売で売れない!と思った時に

この記事にたどり着く前に色々とネットでリサーチをしていたあなたはこんなことを感じていませんでしょうか?

「BASEは簡単にショップ開設は出来るけど、中々売れていかないんでしょ?」

確かにおっしゃる通り。

Amazon無在庫転売やYahoo!無在庫転売と比較すると、
売れにくさはあると思います。

それもそのはず、BASEはプラットフォームではなく、
ネットショップに必要な機能を提供するサービスに過ぎないからです。

決して集客までをやってくれるサービスではないので、
集客はあなた自身で考えてやっていかなくてはいけません。

しかしプラットフォーム上での転売に潜むリスクを考えると、
プラットフォームで転売をしつつネットショップの販路を『育てておく』必要があります。

ここで私は重要なことを言いました。

ネットショップは即金性はありませんので、どちらかというと長期ビジネスの分類になります。

なので初月からいきなり10万30万!というよりも、
じっくり育てて3か月後、半年後への仕込みとして捉えておくべきです。

ただここで闇雲に商品登録をやっていても売れるようにはなりません。

BASEで売れるようなお店を作るためには考えるべきポイントが2つあります。

・何を売っているショップなのかを決める(専門店化する)
・SNS等を活用してショップへのアクセスを増やす

それでは順に見ていきましょう。

ショップを専門店化する

ネットショップを運営する上で意識して欲しいのは、
いかにお店のファンを作るかということです。

つまりリピーターを獲得する必要があります。
さらにいうとリピーターから口コミを生まれてくるとなお良いでしょう。

そのためにはあなたのお店の品揃えを統一したほうがいいのは自明ですよね?

なんの商品を売っているお店か一目で分からないとお店のリピーターどころか、
商品のお気に入りすらつかない状況に陥ってしまいます。

お店のリピーターを作る上で考えて欲しいのは
ターゲッティングを明確にするということです。

これはマーケティング全般に言えることですが、
100人に向けた訴求よりもたった1人に向けた訴求の方がお客の心に刺さりやすいとされています。

どこかの誰かが気に入って買ってくれるだろう、よりも

40代男性、千葉県在住で1時間かけて都内の会社へ通勤している。
子供は2人で中学生1年生と小学校5年生。
子供の思春期が始まって家族で過ごすよりも奥さんあるいは1人で過ごす時間も少しずつ増えてきた。

こんな顧客像をありありと描いた上で、
どんな商品が設定した顧客に刺さるかな?

という視点で是非お店作りをしてみてください。

SNS等のツールを使いネット上で集客を行う

BASEはSEO(Google,Yahoo!の検索)に弱いとされています。

つまり商品名を検索して流入するアクセスにはあまり期待できないということですね。

ではBASEのネットショップを運営する上で活用すべきツールは何かと言うと

・Facebook
・Instagram
・Twitter
・ブログ
・BASE Mag.

このあたりでしょうか。
つまり直接あなたのお店に流入するのではなくて、
すでに人が集まっているところにあなたの商品を露出させに行くことが必要になります。

今までの無在庫転売では商品を登録していけばすでにAmazonやYahoo!にはお客さんがたくさんいたので、
待つだけでよかったのですが、

BASEの場合にはあなたのお店のことをお客さんにお知らせするために、
こちらからお客さんの元へ訪ねていかなくてはいけません。

SNSでは商品の投稿をしていくのも良いですが、
広告を配信していくのも効果的でしょう。

Instagramなどは女性ユーザーが多く、レディースショップがInstagramで集客を行っている事例を無料で学ぶことができます。

Facebookはビジネスユースの色が強く、男性ユーザーが多いという特徴もあります。

SNSでオンラインショップと検索をしてみるといろんなお店の取り組みを見ることが出来ますので、ぜひ見てみてください。

またご自身でブログを設立して検索流入を狙ってみるのもよし、
BASEが提供しているショッピングメディア「BASE Mag.」を活用するのも良いでしょう。

各店舗のブログを読むことができるキュレーションメディアのような存在です。

他の人では語れない、店舗が自ら発信する魅力溢れるストーリーを通じて、それぞれの店舗の一押し商品をご紹介します。

記事で紹介された商品は、掲載ページの「この商品を購入する」ボタンからご購入頂けます。

各店舗が発信するBlogの他にも、「BASE」スタッフが編集するOfficial Blogでは、シーズン商品や売れ筋の商品、著名人の取材記事等、読み応えのあるコンテンツを提供しています。

商品のストーリーを知りながら、ショッピングが楽しめる新しい形のメディアです。
(BASE株式会社 HPより抜粋)

BASE無在庫転売まとめ

BASEで無在庫転売を展開するには超えなくてはいけないハードルがありますが、
それはどのビジネスに取り組むにしても同じですよね。

検索流入などが期待できないため、BASEでは稼げない!
という人もたくさんいますが、多くの人がやらないことをやることにこそ勝ち筋はあります。

他の人と同じことをやっていてもいつまでたっても稼げるようにはなりません。
他の人と違うことをやらないと。

AmazonやYahoo!といったプラットフォームでしか販売をしていな人にとっては集客をすることは高いハードルかもしれませんが、
越えた先にはブルーオーシャンが待っています。

だからこそ目先の利益を求めるのではなく、
半年後、1年後の利益という長期ビジネスを育てるという観点で取り組んでみてはいかがでしょうか?

あなた自身のビジネスの安定感がグッと増しますよ?

LINELP