ブログのSEO対策はこれを読めばわかる!SEOを意識したブログ記事の書き方を徹底解説!

こんにちは、Kaiです。

初心者ブロガー
・ブログにSEOが大事って聞いたけど、SEOってなんだ?
・結局どれがSEOに有効なのかわからん・・・。
・とりあえず長い文章書いときゃいいの?
・SEOってテクニックだけ理解しておけばいいの?
・SEO対策ってやること多すぎてどこから手をつけたらいいか・・

今日はこんな悩みを解決するべく、
ブログSEOを分かりやすく整理して解説するということも目的に記事を書いていこうと思います。

本記事を読んで得られること
・SEOを意識した記事の書き方がわかる
・狙ったキーワードで上位表示を獲得することができる
・SEO対策で必要なテクニックを習得することができる

【SEOの重要性】上位表示されない記事は存在しないと同義

SEOの重要性
まず最初にSEOの定義から解説しますが、SEOとは「Search Engine Optimization」の略で日本語へ直すと検索エンジン最適化という意味になります。

つまりGoogleのアルゴリズムで管理されている検索順位の中で上位表示を狙い、検索したユーザーのアクセスを呼び込むというのがSEO対策を施す目的となります。

「ブログでアクセスを獲得しよう!」と考えるとGoogle及びYahoo!からの検索流入は決して無視できません。
(Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを利用しているので、Googleの検索順位を上げるということはYahoo!での検索順位を上げることと同義です)

ですので大前提としてブログを書く際には自由気ままに書くのではなくて、SEOを意識した記事の執筆を行った方が良いということになります。

SEO対策を意識しないブログ記事は誰からも読まれることなく、あなたのせっかくの努力が無駄になってしまいます。

なぜなら検索ユーザーの33%が検索順位の1位をクリックして、なんと90%以上のユーザーが1ページ目の記事をクリックするというデータが出ています。

つまりせっかく記事を書いても検索順位で1ページ目に入れなければ、それは存在しないとほぼ同義です。

なのでせっかく良い記事を書くのであれば、多くの人に届くような対策を行っていきましょう。

ユーザーフレンドリーとGoogleフレンドリー

Google ユーザー
さていよいよ本題に入っていくわけですが、
SEO対策を語る上でよく聞かれる質問があります。

初心者ブロガー
ユーザーに向けた記事を書くべきなのか?それともGoogleに向けた記事を書くべきなのか?

回答としては
ユーザーフレンドリーな記事を書いていきましょう。

その上でGoogleに認識してもらいやすくなるような対策を行っていくという順序です。
ここを決して逆転させてはいけません。

なぜならGoogleの基本方針がユーザーファーストというものだからです。

基本方針
・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
・ユーザーをだますようなことをしない。
・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。。
・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。
引用:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ですので基本的には記事の内容はユーザーを見て執筆が基本です。
真にユーザーのことを想い、ユーザーの役に立つコンテンツ、ユーザーの悩みをあなたのコンテンツで解消してあげるように記事を書いていきましょう。

そしてそのあとにGoogleに認識してもらいやすくなるようなテクニック的な話がついてきます。
テクニックが不要と言うつもりはありません。

そこで本記事ではこのユーザーフレンドリーという部分と、Googleフレンドリーの部分をそれぞれ切り分けて解説を行っていこうと思います。

ユーザーフレンドリーなSEO対策!コンテンツSEOを意識したブログ記事を書こう!

ユーザーフレンドリー
一般的にSEO対策というと3つの施策を行うことが多いです。

  1. コンテンツSEO
  2. 内部施策
  3. 外部施策

本章ではコンテンツの中身の部分であるコンテンツSEOについて言及をしていきます。どのようにユーザーへ有益な記事を設計・執筆していくかという部分ですね。

ユーザーの検索意図を探ろう

まずコンテンツSEOにおいて最も重要な概念はユーザーの検索意図を知るということです。

ユーザーが検索をするということは、なにかしらの情報を求めて検索キーワードを打ち込むわけですよね?

当然ですが、この検索意図を満たしてあげる記事というのがユーザーフレンドリーな記事であると言えます。

しかしここで難しいのが検索意図は必ずしも1つではないということです。

例えば、「初デート」という検索キーワードがあるとしましょう。

その際にサジェストとして表示されるのは以下のキーワードです。

ブログ キーワードサジェスト

ここから読み取れるのは、

  • 「初デートの場所はどこがいいんだろう?」
  • 「初デートってやっぱ割り勘じゃないとダメかな?」
  • 「初デートでいきなり奢られる女ってどうなんだろう・・・」
  • 「どんな服装でいけばいい?」
  • 「どんな会話をすれば楽しんでもらえるんだろう?」

などなど非常に多くの検索意図が含まれるのがわかりますよね。
またお察しの通りこのキーワードに関しては検索ユーザーが

  • 男なのか、女なのか
  • 誘った側なのか、誘われた側なのか
  • 東京なのか地方なのか
  • 付き合う前なのか付き合った後なのか
  • 学生なのか社会人なのか

によって検索意図が変わってきます。

そうなんです。ビッグキーワードになればなるほど検索意図は複数考えられますし、
「初デート 服装」という絞り込んだキーワードでもやっぱり検索意図は複数存在します。

ひとつの検索意図に対してひとつの記事

複数の検索意図に対して1本の記事でまとめてしまおうとすると、
内容がごちゃごちゃになってしまって結局誰のためにもならない記事が完成してしまいます。

そこでまずは検索意図を1つに絞ってしまうところから始めましょう。

一番わかりやすいのが実際に対象のキーワードで検索をしてみましょう。
そうすると上位表示される記事が出てくるわけですが、その記事が現在Googleから評価を受けている記事です。

つまり多くのユーザーの検索意図に合致する検索意図は現在の検索順位からある程度類推することができます。

そこで先ほどの例である「初デート 服装」で検索をかけてみましょう。

検索意図 調べ方

ここから読み取れる検索意図としては

  • 男性ユーザーというよりも女性ユーザーを想定
  • 「イケてる服装」というよりも「失敗しない」服装選びについて知りたい!

こんなところでしょうか。

女子ユーザー
初めてのデートということで、派手すぎる服装もイマイチだし、逆に地味すぎるのも・・・。
最低限ハズさない服装コーデを知っておきたいな!

という検索ユーザーの心理状況が目に浮かびますね。

ここまでしっかり検索ユーザーの気持ちに寄り添ってあげるというところがコンテンツSEOの第一歩目になります。
必然的にどんな人に向けてメッセージを書けばいいのかというところも明確になってきますよね。

このレベルまで検索意図を特定してから記事の執筆をスタートさせましょう。

【記事に盛り込むべき情報】網羅性と独自性を意識しよう

さて検索意図を調べた上で、「さぁ、執筆だ!」となるタイミングで必ずと言ってもいいほどこのような質問を頂きます。

初心者ブロガー
1本の記事の文字数は多ければ多いほどいいんですか?最低何文字以上書いた方がいいということがあれば教えてください

はい、結論から言ってしまうと最低何文字以上書いてくださいという指標はありません。

先ほどもお伝えした通り、あくまで目的はユーザーの検索意図を満たしてあげることです。
その目的達成のために文字数が必要であれば書いてください。
必要ないのであれば過剰な文字数は逆にユーザビリティを損ねます。

執筆の際に意識すべきなのは文字数ではなく、
情報の網羅性と情報の独自性です。

例えば先ほどの例で挙げた「初デート 服装」といったものであれば、
網羅すべき情報として、「デートシーンに合わせたコーデ」「避けた方が良いNGな服装事例」「多くの人に受け入れられる”ハズさない”コーデ」「化粧とのバランス」などなど。網羅しなくてはいけない情報はたくさんあります。

すべての情報を網羅してあげた方がユーザーの為になりますので、
必然的に文字数が必要になってしまうというイメージです。

文字数ありきではなく、あくまでもユーザーの検索意図を網羅的に満たすということが優先です。

また情報の独自性という観点もSEO対策では欠かせません。
上位表示されている記事をなぞっただけのコピー記事がユーザーの為になるか?ということを考えてもらえれば明白です。

コピー記事を読むのであれば、元記事を読んだ方がユーザーの為にはなりますよね?

なので執筆にあたって重要なのは一次情報、つまり体験談を盛り込んでいくということです。

もちろん自身の経験で語れないようなテーマなのであれば、インタビューを敢行するというのも一次情報を収集するという観点では非常に有効です。

このように独自性のある情報を盛り込んで、コピーコンテンツではなく、オリジナリティのあるコンテンツを作っていくことが上位表示を獲得するためには重要です。

【ブログ記事の構成】主張と根拠をセットで書く

さて次に見ていきたいのは記事の構成についてです。

前章で情報の網羅性と独自性が重要であるということをお話ししましたが、本章では情報をどのように組み立てていくかというお話しをしたいと思います。

ここでキーワードとなるのは「主張」と「根拠」です。

検索意図を満たすコンテンツには正解を示してあげるということが必要になります。

「初デート 服装」というキーワードであれば、
「初デートには◯◯コーデで臨め!」という正解をユーザーは求めているわけです。

この正解が記事の主張部分になります。

記事の構成ではまず主張(つまり結論)から語ってあげるということがとても大事です。
ユーザーも暇ではありません、何度スクロールしても一向に探している答えが見つからないようなコンテンツは決してユーザーフレンドリーなコンテンツであるとは言えませんよね。

記事の冒頭では必ず主張を。結論ファーストで書いていきましょう。

しかしこれだけでは不足です。

例えば「初デートにはシンプルコーデで臨め!シンプルイズベストだ!」
という主張で記事を構成するとしましょう。

それだけだと、ユーザー心理としては

・本当か?根拠あるの?
・なんでシンプルコーデがいいのかわからん。
・それって筆者の趣味なんじゃない?

などイマイチ説得力の欠ける記事が出来上がってしまいます。

そこでこの主張を下支えする根拠が必要になります。

ブログSEO ロジックツリー
なるべく具体的で確からしい根拠を示してあげましょう。

ここで根拠として実際にライターの体験談や、インタビューの内容を盛り込めると一気に確からしさが増しますので、記事の信頼性が担保されますね。

先ほど記述したような独自性というのもここでいかに一次情報を盛り込めるかというところが重要です。

これは実際にSEOライティングをやってみて思うことですが、やはり自分の経験談を語れるテーマは非常にやりやすいです。
体験というのはまさにオリジナルのコンテンツですからね。なのでブログのコンセプト選びで迷ったらまずは自分の得意なことや経験したことで人の役に立つようなものをチョイスすると良いでしょう。

GoogleフレンドリーなSEO対策!内部施策を施そう!

Googleフレンドリー
さて前章ではコンテンツSEOのテーマを取り扱ったので、記事の構成から実際の執筆のところまでお話しさせて頂きました。

SEOを本質部分とテクニック部分で分類するとすれば前章の内容は本質部分になります。

そして本章では内部施策のお話ということで、どちらかというとテクニックよりのお話をさせていただきます。

ブログのカテゴリ構造をシンプルに整理しよう

ブログのカテゴリ構造とは、ブログ全体の構造・構成のことです。
例えばこの記事であれば、トップページ>ブログ>本記事という構造になっています。

ブログSEO 内部施策

なるべく階層を浅くしてあげることがポイントです。できれば3階層くらいにとどめておくと良いでしょう。

なぜならあまり深い階層に記事を配置してしまうと、Googleのクローラーが巡回しにくく、Googleから見てわかりにくい状況になってしまうからです。

内部リンクを設計しよう

ブログ内の各記事どうしでリンクを設定しておくことを内部リンクと言います。
内部リンクを設定しておくとGoogleのクローラーが巡回しやすくなりますので、Googleフレンドリーなサイト構造となります。

記事Aからは記事Bへのリンク、記事Bからは記事Cへのリンク、記事Cからは記事Aへのリンクのようなイメージですね。(もちろん参照する必然性があるといった関連性があることが前提です)

また親記事に子記事からアクセスを集中させるということも非常に重要です。

ブログ SEO 内部リンク

ビッグキーワードで1位を取りに行こうとするときにはその記事での情報量は当然ですが多くなりがちです。
つまり大きいテーマに内包される小さなテーマが沢山あるようなイメージですね。

それを一つずつ記事に落としていくことでブログ全体の情報の網羅性をGoogleにアピールすることができます。

上記の例ですとGoogleに対して、このブログは「デート」に関しての情報が沢山あるサイトなんだなということを認識させることが可能になるわけです。

そしてその子テーマについては大テーマのさらに細かい特化部分を解説している記事になるので、関連性は多いにあるということになるので、内部リンクを必ず設定しておくというテクニックですね。
被リンクを多く獲得している記事はGoogleからも評価を得やすいので、
上位表示させたい親記事に各子記事からリンクを集中させるということをやるととても良いと思います。

パンくずリストを用意しよう

パンくずリストとはユーザーが今サイトのどの位置にいるかを示してあげるリストのことです。

例えばこのブログですとページ上部のここがパンくずリストになります。

ブログSEO パンくずリスト

Topから見たときに自分が今どこの階層にいるのか、
というのが一目でわかります。

またパンくずリストはリンクになっているので、記事を増やせば増やすほど上位階層へのリンクが増えることになります。

なので上記の例でいえば「ブログカテゴリ」の記事を増やせば増やすほど、このサイトの「ブログ」というキーワードでの上位表示が見込めます。

パンくずリストですが、WordPressでブログを立ち上げて、何かテーマを導入するとデフォルトで入っているケースがほとんどです。
なので設定に関してはそこまで気にしなくても大丈夫かと思います。

XMLサイトマップを用意しよう

XMLサイトマップとは、ブログ内の構造と全コンテンツを示すページのことです。これを用意することでGoogleのクローラーがブログ内にあるすべての記事コンテンツを巡回してくれます。

これをしないとあなたの記事は一向に検索エンジンに表示すらされませんので、とても大事なステップです。

ブログを開設した直後にXMLサイトマップは設定しておきましょう。
WordPressでブログを開設した場合には「Google XML Sitemap」というプラグインを導入するだけでXMLサイトマップを設定できますので、必ず設定するようにしておきましょう。

ブログSEOの細かなテクニック集

SEO テクニック
それでは最後にブログのSEO対策で施した方が良い細かいテクニック部分をご紹介していこうと思います。

ページタイトル(h1タグ)にSEOキーワードを入れる

これはやっている人は多いと思いますが、タイトルにはSEOで上位表示を狙いたいキーワードを必ず記載しましょう。
なるべく左側にキーワードを書くと良いみたいなテクニックもありますが、可能な範囲でやっていくと良いと思います。

キーワードを意識しすぎて、変な日本語になってしまう人がたまにいるのですが、そもそもクリックをされないタイトルですと本末転倒です。

あくまでユーザーがクリックしたくなるタイトル付けを前提としてキーワードを盛り込んでいきましょう。

タイトルは32文字以内に抑える

これも検索順位に表示されてからクリック率を上げる施策なのですが、基本的に検索結果にはタイトルは32文字しか表示されません。それ以上はカットされるような仕様となっております。

自分がつけたタイトルがユーザー目線でどのように見られているのかという点は是非意識しておきましょう。

ディスクリプションを設定する

ディスクリプションとはタイトルの下に表示される、記事の説明文のことですね。ここで狙いたいキーワードを盛り込むことも重要ですが、先ほどのタイトル付けと同様、クリックしたくなるようなディスクリプションの設定をしてあげることも重要です。

クリック率もSEOに影響しますので、ユーザー目線で設定をしていきましょう。

h2やh3といったhタグにもSEOキーワードを入れる

タイトルにSEOキーワードを入れることは説明済みですが、タイトル以外の見出しや小見出しにSEOキーワードは設定してあげましょう。

hタグの中に入っているキーワードをGoogleのクローラーは重要と判断するために、SEOで上位表示を狙っているキーワードは積極的にhタグの中で使っていきましょう。

パーマリンク(URL)にSEOキーワードを入れる

パーマリンクとはブログ記事のURLのことですね。
たまに何の意味もない暗号のような文字列をパーマリンクとして設定している人がいますが、それだとGoogleのクローラーからすると巡回しにくい形になってしまいます。

なので例えばブログのSEOをテーマにした記事であれば、
「blog-seo」のような文字列をパーマリンクとして設定しましょう。

アンカーテキストを正しく設定する

アンカーテキストとは、文字列がクリックできるような状態になっているものだ。
よく見るのは「詳細はこちら」というもので「こちら」の部分をクリックすると詳細ページに飛ぶという仕様のもの。

ここのアンカーテキストには意味のある文字列を設定してあげよう。

  • 詳細はこちらなどの意味のない文言
  • URLのダイレクト表示
  • 意味のない内容のアンカーテキスト

などは避けるようにした方が良いだろう。

画像のalt属性を入力する

Alt属性とはアンカーテキストと同じような役割も持つもので、画像の意味をテキスト化してあげるものだ。

Googleではまだ画像をSEO上で評価することが技術的にできない。
あくまでSEOというのはテキストをベースに成り立っているからだ。

なので画像が意味するところをテキスト化してGoogleに教えてあげるのがalt属性の役割である。

ブログ記事を執筆する際に読者の注意を引き続けるために画像などを挿入することもあると思うが、その際には必ずalt属性を挿入してあげると良いだろう。

YouTubeの動画を記事内で埋め込む

これは肌感で感じる部分ですが、記事内でYouTubeの動画埋め込みを行っている記事はSEO上有利に働くことが多いと感じています。

というのも直近でGoogleはあからさまにYouTubeを推してきています。YouTubeの検索ではなくて、普通にgoogleの検索窓から検索をするとYouTubeの動画が上位表示されることって最近増えてきましたよね?

やはり動画での情報量というのをGoogleも評価をしていて、ブログ記事内で動画を利用していると高評価認定を受けやすいのだと思います。

ブログと並行してYouTubeも取り組んでいる方は最近とても多いと思いますので、関連性のある動画であれば積極的に動画を埋め込んであげると良いと思います。
ユーザー利便性も向上しますね。

SEOを意識したブログ記事はユーザー利便性とGoogleからの見え方を意識しよう

SEO ブログ記事
かなり長文な記事となってしまいましたが、少しまとめていきましょう。

  • SEOでの上位表示はテクニックだけではない。むしろコンテンツの中身が非常に重要。
  • ユーザーの検索意図をしっかり理解して、ユーザーの悩みを解決するような記事コンテンツを制作しましょう。
  • 情報の網羅性と情報の独自性を意識して記事を作りましょう
  • Google向けへはクローラーが巡回しやすいようなサイト構成、記事の構成にしましょう

またブログの良いところはリリースした後でもリライトが可能ということです。
記事を出してみて思うような順位がつかなかった場合には、検索意図がずれているパターンや、内容の根拠が薄弱であったり、主張がずれていたりするケースがあります。

そのズレを確認して再度書き直していきましょう。

PCとにらめっこする時間がないので忘れがちですが、PCの向こう側には悩みを抱えたユーザーがいます。SEOを意識した記事制作ではユーザーとの1対1のコミュニケーションだということを理解して記事の執筆に取り組んでいただければと思います。

LINELP