【2020年最新版】中国輸入でオススメの仕入れサイトを20サイト紹介する【アリババ・タオバオだけじゃない】

こんにちは。Kaiです。

私は現在輸入を中心にネット物販のビジネスをやっております。

特に意識しているわけではないですが、中国メーカーさんとのお取り引きや、中国で商品を生産して国内で販売するというモデルが多くなっています。

弊社ではヨーロッパやアメリカのメーカーさんとコンタクトを取ったりすることももちろんあるのですが、結局中国商品ばかり扱うことになってしまっているというのが実態です。

しかしこれも自然な流れでして、今中国でのEC流通額はグローバルで見てもNo.1ですし、世界の工場と呼ばれているだけあって、中国以外に拠点を置くメーカーさんも結局工場は中国にあるというケースが本当に多いです。

実際中国輸入に取り組むプレイヤーも年々増えて、今や日本ではmade in chinaの商品だらけですよね。

つまり中国は仕入れの宝庫なわけです!

ということで本日はネット完結!中国から仕入れる際に便利なECサイトを一挙大放出ということで全20サイトをご紹介していこうと思います!

1688.com(アリババ)

1688 アリババ
https://1688.com/

まず中国輸入の大本命といえばここ!
ほぼ100%の中国輸入プレイヤーがアリババを利用していることでしょう。

中国ECを牽引する、というよりも今やグローバルのECを代表する企業と言えるであろう阿里巴巴集団(Alibaba Group)が運営する中国国内向けB2Bサイトです。

ここの特徴は工場や卸業者などが出店をしているため、卸価格で商品を仕入れることができる点です。

BtoBのサイトなので基本的にはロットで仕入れることが条件となりますが、中には1個や2個など小口注文もできるショップが増えてきました。

直接の商品買い付けはできないので、代行業者を挟む必要があります。
アリババは中国輸入では最も利用されるサイトになるので、アリババの商品買い付けに関しては別記事にて詳しくまとめておりますます。

アリババで早速商品リサーチや、仕入れをやりたい!
という方はこちらの記事をご覧ください。

【中国輸入】アリババで商品発注をして日本へ商品が届くまで!アリババ仕入れの方法を解説!

Alibaba.com

アリババ alibaba
https://alibaba.com/
こちらも1688.com同様、阿里巴巴集団(Alibaba Group)が運営するプラットフォームですが、Alibaba.comについては中国国内向けではなく、グローバルのバイヤーを前提としている点です。

ですので1688.comでは全て中国語、通貨も元表記ですが、
Alibaba.comでは英語で閲覧することもできるのが特徴です。

Alibaba.comはグローバルは世界約190カ国で利用をされていますが、
商品点数でいうと1688.comに劣ります。

しかしながら全て英語でサイト閲覧も出来ますし、工場などへのコンタクトも英語でOKです。
使い勝手としては非常に良いですし、個人的には1688.comで商品を調べるよりもAlibaba.comで商品を調べることが多いかもしれません。

ぜひみなさんもサイトを覗いてみてください!

淘宝網(タオバオ)

淘宝網 タオバオ
https://world.taobao.com/
タオバオは個人間売買ができるショッピングサイトです。
いわゆるCtoC(Consumer to Consumer)のプラットフォームですね。

日本で言うところのヤフオクやメルカリなんかをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

しかし市場規模は日本のそれとは比較にならないくらい大きく、会員数は5億人以上、出品商品点数は8億品以上とめちゃくちゃ大きいサイトになっています。

あらゆるジャンルの商品が出品されているので、商品の取り扱い幅を広げたり、他のサイトで在庫が見つからない場合にタオバオを覗いてみると発見できたりします。

こちらも中国国内のCtoCサイトなので買い付けの際には代行業者が必要です。

AliExpress(アリエキスプレス)

AliExpress
https://ja.aliexpress.com/
アリエキスプレスも阿里巴巴集団(Alibaba Group)が運営する海外市場向けのショッピングサイトです。

アリエキスプレスの最大の特徴は中国国内向けECではなく、グローバルからの発注を前提にしているので、サイトが英語及び日本語に対応をしている点、そして発送代行業者が不要な点です。

もちろん日本からもクレジットカードを使うことで直接発注ができます。

商品単価がアリババなどと比較すると高い傾向にある一方で、発注ロットも1個からでOKなので中国輸入初心者にとっては優しいサイトかなと思います。

しかしながら「少しでも安く商品を仕入れたい!」「本格的に中国輸入を頑張りたい!」

という場合には1688.comやAlibaba.comなどを利用することをオススメします。

天猫(TMALL)

T-mall 天猫
https://www.tmall.com/

「天猫商城(ティエンマオ)」は、中国国内で展開されているB2Cのネットショップングモールです。
中国国内ではなんと50%以上のシェアを誇り、ほとんどの中国人が一度は見たことあるサイトです。

日本で言うところの楽天市場などをイメージしてもらえると良いかと思います。

天猫は高品質&正規品のみを取り扱うECサイトで、天猫から仕入れる商品で品質に問題があるものは少ないでしょう。
そのため価格は高めですが、質で勝負という方にはオススメの仕入先となっております。

京東商城/JD.com(ジンドン)

JD.com ジンドン
https://www.jd.com/
JD.com(ジンドン)は中国のBtoCネットショッピングサイトで、天猫に次ぐNo.2のシェアを獲得しています。

日本でいうところのYahoo!ショッピングのようなポジションでしょうか。

運営会社はアリババのライバル企業とも言えるテンセントグループでして、中国を代表する2大テックカンパニーです。

最近ではジンドンも誘致活動を積極的に行っていて、私自身も先日ジンドンのJapan担当の方とお会いする機会もあったくらいです。

今後天猫の背中を追いかけて成長するサイトであることは間違いないので、引き続き注目です。

CHINAMART

チャイナマート chinamart
https://chinamart.jp/
チャイナマートは実はECサイトではなく、代行業者が運営しているサイトになります。
タオバオや天猫、アリババの商品を日本語で検索ができて、そのまま購入することができるような仕組みになっています。

しかし実際にはこのCHIMAMARTを運営している会社がタオバオやアリババで買い付けを代行する形になります。手数料が若干高めの設定となっておりますので、初心者向けのサイトと言えるでしょう。

一番最初の仕入れでCHINAMARTを活用するのは全然ありだと思います。

Wish

wish

https://www.wish.com/jp

ウィッシュは日本でもCM展開などを行っているのでご存知の方も多いかもしれません。
出品されている商品はAliExpressと大差ないなという印象です。

タイムラインにどんどん商品画像が流れてくるので、使い勝手としてはメルカリに近いものがあるかもしれません。

眺めているだけでも割と発見があって楽しいですよ。

ちなみにWishで購入するとAliExpress同様、代行会社を経由せず直接日本へ送られてきます。

アプリもあるので、気軽に仕入れをしてみるという意味では良いサイトかと思います。

yiwugo.com

イーウーゴウ 義烏購
https://en.yiwugo.com/
「义乌购/義烏購(イーウーゴウ)」は、中国輸入ツアーなどの行き先として必ず組まれることで有名な義烏(イーウー)の商品を仕入れることのできるECサイトです。

義烏(イーウー)は中国東部に位置する非常に大きな卸市場がいくつもある巨大物流拠点です。実は日本の100円ショップはここ義烏(イーウー)でほとんど仕入れが行われています。

日用雑貨や、アクセサリー、文具などをメインに取り扱っています。

義烏(イーウー)を訪問する前のリサーチなどで活用すると面白いかもしれませんね。

AKF

AKF 水着卸
https://www.akf-japan.jp/

AKFは女性向けの水着やランジェリー、コスプレ品などを専門にするECサイトです。
日本への出荷を前提としているサイトなので、品質は比較的高めです。

楽天やQoo10、メルカリなどで水着を販売している業者さんは実がAKFを仕入先に活用したりしています。

商品の写真もすべてモデル撮影でそのまま使えるくらいのクオリティなので、非常に便利なサイトですね。女性向けのアパレルなどを展開している人は要チェックです。

当当网(dangdang)

dangdang
http://www.dangdang.com/
当当网(dangdang)は1999年に中国で設立されたBtoCのショッピング使徒です。
もともとは書籍やCDを中心に展開をしていたので、初期のAmazonに近い形でした。

今では書籍・CDの取り扱いはもちろんアパレルやアウトドア、美容などなど、
総合系の通販サイトとなっています。

この辺もAmazonに近い変遷をたどっています。

あまり仕入れで活用している人は多くないので、ぜひ一度見てみてください。

PandaHall(パンダホール)

パンダホール
https://jp.pandahall.com/

パンダホールも日本語で操作可能なサイトで、中国工場から直送が可能なので、代行業者も不要なショッピングサイトです。

こちらのサイトはハンドメイド素材に特化をしていて、ジュエリービーズやアクセサリーパーツ、縫物に必要な素材などを調達することができます。

私自身はハンドメイド系はあまり取り組んでいないのですが、ハンドメイド商品をメルカリやBASEで販売している人は素材をこちらで購入するとコストが抑えられて良いかと思います。

Gearbest

Gearbest
https://jp.gearbest.com/

Gearbestは主にガジェット系を中心に取り扱っているショッピングサイトです。
Gearbestは深センの工場と提携をしていて、パンダホール同様深センの工場から直送してくれる仕組みになっています。

いわゆるドロップシッピングというやつですね。

有名ブランドの商品なども見つけることができ、
日本のAmazonでも同じ商品が販売されていたりします。

Amazonでの販売価格がGearbestの2倍近くの値段で販売されているので、相乗りを仕掛けても十分利益が出るくらいです。

ぜひ覗いてみてください。

Banggood

Banggood バングッド
https://jp.banggood.com/

BanggoodはUIとしてはGearbestに近いものがありますね。
こちらもサイトで購入したものはそのまま日本へ送られてきます。

Banggoodの特徴としてはガジェットやPC周辺機器などに強いサイトであることです。

サイトは日本語に対応をしていて、中国がなくても買い付け可能です。
日本のサイトと同じような要領で商品を探せますし、買い付けをそのまま行えますので、ガジェット系の商品発注にはオススメです。

Cmall

Cmall
http://www.cmall.co.jp/

Cmallはアクセサリー・ファッション雑貨仕入れ特化の卸問屋サイトです。
サイトが日本語に対応しており、商品も1点から発注できるのが特徴です。

またCmallの運営会社でタオバオの買い付け代行や、OEMを行う上での代行業務、天猫国際(Tmall Global)への出店斡旋など、日中の貿易関係で幅広く事業を展開しています。

日本の大手企業リクルートライフスタイルや、オークファンなどとも連携をしていて、安心して発注ができるサイト構造にもなっております。

比較的初心者向けのサイトかと思います。

VIP.com/唯品会(ウィピンフィ)

VIP.com 唯品会
https://www.vip.com/

VIP.com(唯品会)は中国最大のフラッシュセールのショッピングサイトです。
ブランド品などをタイムセールのような形で売り出すスタイルが有名ですね。

取り扱いのジャンルはレディースアパレルを筆頭に、美容系商品、シューズ、ホーム&キッチン、メンズアパレルなどです。

VANCL(凡客誠品)

VANCL 凡客誠品
http://www.vancl.com/
VANCL(凡客誠品)はメンズのファストファッションのブランドで、日本では知名度はあまりありませんが、中国では非常に強い存在感を放っています。

日本で言うところのユニクロのような存在です。
シンプルなデザインが多く、人気を集めているブランドです。

suning(スニン)

suning.com スニン
https://www.suning.com/

スニンは中国の家電量販店の最大手「蘇寧電器」が運営するECサイトです。日本で言うところのヤマダ電機やビックカメラなどをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

日本では家電量販店のラオックスを買収したことで有名です。

スニンのECサイトでは家電はもちろん、ホーム&ガーデン、スポーツグッズ、靴やバッグ、食品にいたるまで幅広いジャンルの商品を探すことができます。

GOME(国美在線)

国美電器 GOME
https://www.gome.com.cn/
スニンと並ぶ中国大手の家電量販店である「国美電器」が運営するECサイトです。
なので当然家電類のラインナップが非常に豊富です。

中国の街並みではよく見かけるお店なので覚えておくと良いでしょう。

Amazon.cn

amaozn.cn
https://www.amazon.cn/

最後にご紹介するのはみなさんご存知。
あのAmazonです。

Amazonはサイト設計がグローバルで統一されているので、
見やすさは一番かと思います。

日本のAmazonを使ったことある方であれば問題なく使えると思います。
取扱ジャンルなどもほぼ日本と変わりません。

唯一違う点があるとすれば、日本ではAmazonがECのトップランナーですが、
ここ中国ではアリババがダントツのNo.1で、Amazonの存在感は非常に薄いです。

まとめ

かなりの情報量でお届けしてきましたが、今中国ではEC化率が日本よりも高くなっており、正直テクノロジーの分野では日本よりも全然進んでいます。

キャッシュレスも当たり前のように社会に浸透しておりますので、みんなネットで物を買うことに躊躇はありません。

なので中国ではまさにEC戦国時代。
あのAmazonでさえ中国では存在感を発揮するに至らず、苦渋を味わう結果となっております。

ですのでECサイトの数も非常に多いです。
あなたの取り扱いジャンルにフィットするサイトを選んでみてください。

本文でも記載しておりますが、中国輸入初心者であれば代行会社を利用するのが確実かと思いますので、
まずは1688.com、alibaba.com、ChinaMart、Cmartなどがオススメです。

特にChinaMartとCmallは仕入れ代行サービスを提供する日系企業のが運営をしていて、
初心者には使いやすい設計となっています。

もし代行業者を使わない!ということであれば、AliExpress、Wishなどから仕入れをしてみると良いでしょう。

そこで慣れてきたら徐々に仕入れの幅を広げていくという流れで進めていくと良いですよ!

その際にはぜひ本記事を参考にしてみてください。