ドリームキラーの話でもしようか。

ドリームキラー

Kaiです。

今日はメルマガバックナンバーから1つ記事を書いていきますね。

テーマは「ドリームキラー」について。

皆さんは「ドリームキラー」という言葉は聞いたことはありますでしょうか?

あなたが夢に向かって進もうとするときに、

必ずと言って良いほど現れるのが

「夢を(ドリーム)止める人(キラー)」

です。

何かを始めようとすると、

きっと周りから反対されることってたくさんありますよね。

きっとそれはあなたの近い存在の人のはず。

例えば奥さんや恋人、親友や両親かもしれない。

なぜかというとあなたのことを本気で心配をしているから反対するんですね。

だからこそドリームキラーはタチが悪いと言われています。

ドリームキラーたちは決して悪気があってあなたの挑戦を止めているわけではないんです。

成功への道は孤独で別れも伴う

成功への道を歩むというのはある種、
現実世界のとの別れも意味します。

つまりあなたは孤独への道を進むことになります。

なぜなら成功することとは、
『圧倒的なマイノリティになる』ということとほぼ同義です。

つまりこの世に生存しているほとんど、

99%の人が普通の人。

つまりは一般人です。

一方で、成功しているのはほんの1%くらい。

それは孤独にもなりますよね。

普通の人からすると「頭のおかしい人」ですし、「非常識な人」です。

もし自分の大切な人が「頭のおかしい」方向に進もうとしたらどうでしょうか?

普通は止めますよね?

大丈夫。

それが普通の感覚です。

だからこそあなたは普通の人なんです。

普通の感覚が普通の人たらしめるんですよ。

一方、

成功者で世の中の常識とされるような感覚を持っている人は皆無です。

これだけはハッキリお伝えできますが、

みんなどこかぶっ飛んでます。

成功するには普通の感覚でいてはいけません。

さっきもお話ししましたけど、

「頭のおかしい」「非常識なこと」をしていかないといけないんです。

よく考えてください。

1%に入らないといけないんですよ?

普通の人とは逆の行動を起こさないといけません。

周りから反対されるからこそやる価値がある

ドリームキラー 反対

最近話題のキングコング西野さん。

僕も好きで著書なども拝見してますが、

彼がYoutubeの動画でこんな発言をしてましたね。

『新しいことをやるときの判断基準として、

周りに反対をされるかどうかで決めている。

もし「それいいね!」と周りに言われたらやらない。

でも逆に「何それ?」「やめた方がいいよ」「そんなの絶対に上手くいくわけないじゃん」と

言われたらやるようにしている。』

すごい面白い考え方ですし、私も彼の意見には完全同意です。

しかも成功している実業家の方は皆同じことを言いますね。

周りから反対されるからこそやると。

僕もこの辺りはすごい意識していて、

周りがやらないことを「あえて」やる。

証券用語でとても有名な格言。

「人の行く裏に道あり花の山」

大多数の人が行かない道を選択することこそが、

成功への道であると。

あなたの周りに成功者はいますか?

しかし成功していない人の周りは「普通の人」で溢れかえっています。

はっきり申し上げて成功者とは呼べないですよね。

まぁ何を持って成功者と呼ぶかは難しいところですが、
良くも悪くも一般人であることは間違いないところです。

あなたが成功への道を歩もうとすると「一般人」は全力で止めに入ります。

仲良い人が別の世界に行ってしまうのは寂しいものです。

しかもこれが家族や友人など近い人で、

本気であなたのことを心配しているので悪気が全くないのがタチが悪い。

これが俗に言うドリームキラーというやつですね。

これが逆に成功者しか周りにいない環境であれば、

新しい挑戦は逆に歓迎されます。

「いいね!それ!楽しそうじゃん!」

「新しいことやるんだ!面白そうだし俺も噛ませてよ。」

こんな会話になります。

わかりますか?

「一般人」が繰り広げる会話とは真逆ですよね?

普通の人は

「何それ?怪しいね。やめておいた方がいいよ。」

「騙されてるんじゃない?危ないしリスクがあるから辞めておきなよ。」

あー、反吐が出るね。

なんでそんな守りに入っちゃうわけ?

対して守るものもないのにね。

もっと新しいことに挑戦し続ける人生の方が絶対に楽しいよ。

きっと新しい世界も見える。

でもなかなか動かない人が世の中大半ですよね。

そういう人ほど

「危ない」

「リスクがある」

「それって本当に上手くいくの?」

「騙されてるんじゃないか」

こんな言葉を使いがちです。

100%上手くいく方法でも待っているのかしら。

そんなものは残念ながら永遠に来ませんよ。

挑戦しないことのリスクも考えて欲しい

挑戦しないことのリスク
では、リスクがあるよ!という人に1つ質問。

今この場に止まることのリスクは考えていますか?

かの有名なFacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏はこのように語っています。

最大のリスクは、一切のリスクをとらないこと。
非常に変化の早い世界で、唯一失敗が保証されている戦略はリスクをとらないことだ。

失敗が保証されている戦略はリスクをとらないことだ、
という言葉はなかなか衝撃的ですよね。

しかし上手くいっている人はみんなことを分かっています。

知らないのはあなただけですよ?

2018年からは副業解禁のニュースも多く聞くようになり、
今のポジションがいつまで保障されているか分からない時代になりました。

時代が変わっていくのに、あなたは止まっているんですか?

1年前と何も変わっていない今の状況を見て、
ヤバい!!

とは思わないですか?

ひょっとしたら新しいことにチャレンジして失敗したら恥ずかしいと思っているのかもしれないね。

でも大丈夫。

あなたのことに注目している人なんて誰もいないから。

成功しても失敗しても基本的には人は他人には無関心です。

誰にも気付かれないから安心してください。

少しは肩の荷が降りたんじゃないでしょうか?

ドリームキラーに止められるほどの夢は本当に実現したい夢なのか?

僕は強く思うんですよ。

ドリームキラーに止められるくらいの夢はドリームじゃないよ、って。

本当にやりたいなら、自分の信念を突き通そうよ。

あなたの叶えたい夢はちょっと止められただけで諦めてしまうような

脆いものなの?

もしその程度の意志の弱さであれば、

挑戦しないほうがいいかもしれない。

どちらにせよ途中で諦めてしまうと思うから。

でも本気で進みたい、夢を叶えたいと思うのであれば、

ドリームキラーに殺されちゃダメだ。

大丈夫。

周りが反対していても僕は応援します。

成功する道の過程はきっと孤独です。

今までいた群れからの離脱をしなくてはいけないので、

ほとんどの人が孤独になるでしょう。

でも大丈夫。

孤独の道を進んだ先には新しい群れがあります。

そこがあなたの行きたい場所ですか?

もしそうなら、、、

迷わず進もう。

迷わずいけよ。行けばわかるさ。

LINELP