【中国輸入OEM】プライベートブランド/オリジナルの自社商品を作るやり方!【保存版】

今日は中国輸入OEMのオリジナル商品の作り方をテーマにお話ししていきたいと思います。

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、

もう単純転売に疲れた・・・
Amazon転売は相乗りされまくって辛い
自分だけのオリジナル商品を作って販売してみたいけどやり方がわかんない・・・

と考えてここにたどり着いたのではないでしょうか?

一般的に自分のプライベートブランドを作ることやOEMで商品開発を行うことはハードルが高いと思われがちですが、
意外とそんなことはないんですね。

きっとあなたが想像しているより簡単だと思います。

ということで本日は中国輸入のOEMであなただけのオリジナル商品、プライベートブランド構築手順について解説をしていこうと思います!

そもそもOEMとは?

OEM プライベートブランド
まずOEMとはなにか。

OEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)は、他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。日本語では「相手先(委託者)ブランド名製造」、「納入先(委託者)商標による受託製造」などと訳される。
(Wikipedia引用)

つまり「あなたのブランド商品を代わりに作りますよ!」
ということなんですね。

普段あなたが使っているスマホやスマホケース、バックパックやスーツケースなど。
実は有名ブランドの商品を買っているようで実は生産は別だった。
なんていうことはよくある話。

ブランドから商品が出ているからといって、
必ずそこの会社で商品を製造しているとは限らないんですね。

元々OEMというのは販売者側がわざわざ工場などを持つことによって、
コストアップしてしまうのであれば、
いっその事生産は外部に委託しちゃおう!
という発想で生まれたものです。

工場側にしてもせっかく高性能な機械を導入しても、
稼働していなければ全く意味がありません。

ということで機械の稼働率を上げたいから、
OEM生産を受託するという、
Win-winな形が実現してるモデルなんですね。

では中国輸入の文脈で語られるOEMというのは、
ノベルティみたいなものをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれないです。

あなたも企業が主催するイベントなどに参加した時に、
企業のロゴが書かれたボールペンなどもらったことはありませんか?

例えばこういうものですね。

これってボールペン自体は既にあって(既製品)、
企業のロゴ等だけ名入れだけしてもらう。

というスタイルですよね。

一般的に中国輸入のOEMをやっている人の手法で多いのは、
既製品に自社ロゴを入れて、
それを自社商品として販売するケース。

なので良い商品を仕入れてきて、
日本で販売する。

この流れ自体はそこまで変わらないよねって話なので、
無駄に気負う必要はないよ!
ということだけここで伝えておきたいです。

中国輸入でOEMを取り入れることのメリット

海外展示会 メリット
中国輸入でOEMを取り入れることのメリットは山ほどあります。

  • ライバルからの相乗りを防ぐことができる
  • 価格設定が自由
  • Amazonからの真贋調査に怯える必要がない
つまりOEMをしてプライベートブランドを作ることは、
自分自身がメーカーになることそのものですので、
誰にも何にも言われず、
自由に販売を行うことができるんですね。

ひとことで言ってしまうと最高です。

最初はAmazonで独占販売を実践ところから入ってきますが、
そこから楽天への単品通販へ移行したり、
自社ショップを展開して複数ブランドの販売を手掛けたりしている人も多いですね。

立派に見えるECのお店のオーナーも、
実は転売出身です。

という方は意外に多いですよ。

中国輸入でOEMを取り入れることのデメリット

OEM デメリット
当然ですが、メリットもあればデメリットもあります。
中国輸入でOEMを実践することのデメリットはこのような感じ。

  • ブランディング活動が必須
  • つまりマーケティングの能力が問われる
  • 認知だけではなく販売ページにもこだわる必要がある
  • 商品をパクられる可能性がある
  • 当然ですが時間が経てば売れなくなる商品もある

ひとことでいうと難易度は上がりますよ。
っていう話ですね。

OEMを実践するということはすなわち、
扱う商品のSKU自体は少なくなるということです。

つまり1つの商品に対して魂込めて販売活動をしていかないいけません。
なんて言ったって自分のブランドの商品なんですから。

ブランディングや認知度向上はメーカー側の仕事でもあります。
自由がきくということはその分責任も重いということですね。

こちらの記事でも中国輸入のOEMのメリットデメリットについて語っておりますので、よろしければ見てみてください。

中国輸入OEMで事業レベルの利益を生み出す方法と成功のコツをご紹介!

中国輸入OEMではどのような商品選定を行うべきか?

OEM 商品 選び方
先の章で中国輸入のOEMと言いつつ、
実態としては売れそうな商品を見つけてきて、
それを輸入販売するのと変わらない。

というお話をさせて頂きました。

それではこの章では、その売れる商品をどのように探してくるのか?
ということをお話ししていきたいと思います。

まず手軽に始めたい方。
少額投資からスタートしたいよ、
という方はギフト系の商品から取り組むことをオススメします。

例えば以下のようなバックなどは鉄板ですね。
OEM バックパック

もちろん本革にこだわることはないです。
最近だとUSB給電もできるバックパックなど機能性重視のものがあったりします。

ここで何を言いたいかというと、
ギフト系の商材というのは日本の法規制に準拠する必要がないので、
生産が開始になればすぐに日本へ輸入して販売を開始することができます。

特に輸入品の法規制で気を付けなければならないのが、

  • 電気用品安全法(PSEマーク)
  • 電波法(技適マーク)
  • 食品衛生法

この辺りです。

コンセントのある商品、Bluetoothなど電波を発する商品、
そしてキッチン用品など口に触れるものなどなどは
決められた機関による許認可が必要になります。

ここで許認可取得に時間とお金がかかってしまい、
少しハードルが上がりますので、
初心者がまず取り組むべきはこのような法規制がない商品が良いでしょう。

その上でまずジャンルから絞り込んで、
商品選定を行っていくと良いと思います。

似たようなデザインや機能を持つ商品が
国内でどの程度売れているのか、
モノレートやAmazonランキング、楽天ランキングを見て確認していきましょう。

メーカー・工場と繋がるには?

ギフト系の商材が良いということはわかったけど、
じゃあその商品はどこにあるの?
メーカーと工場とどのように最初の接点を持てばいい?

という質問が来そうなので、
ここで回答をしておきます。

中国はやはり世界の工場と称されるだけあり、
非常に多くの工場が存在し、
低コストで商品の生産ができることで有名です。

そのようなメーカー・工場とどのようにつながればいいのか?
という観点でお話しすると、
望ましいのは紹介等で信頼できるメーカー・工場とつながることです。

しかしこれからはじめるという方は中々そのようなツテもないかと思いますので、そのような人にオススメなのは、
やはり実際に現地に足を運ぶことです。

もちろんアリババなどからコンタクトをとることも可能です。
実際にアリババに出ている商品に自社ブランドロゴを冠して、
日本で販売をするというノウハウも流行りました。

しかし思い出して欲しいのは、
重要なのはどのようにライバルと差別化を施して、真似されにくいオリジナル商品を作るか?ということでしたね。

これを考えるとアリババに出ている商品にそのままロゴを付けたとて、
別のロゴで同じ商品が出てくることが予想されますよね。

なので真似されにくいという観点と、
商談の進むスピードが速いという観点から、
実際に中国等の展示会に足を運んでみる、
あるいは現地へ直接買い付けに行く。

ということをオススメします。

実際に私も何度か海外の展示会に参加しており、
そこでのレポートなどを記事にしているので、
興味がある方はぜひご覧ください。

【輸入代理店ビジネス】香港 MEGA SHOW(2018年10月)に参加してきました

【輸入代理】台湾COMPUTEX 2019に参加しました【個人貿易】

プライベートブランド・オリジナル商品の作り方

OEM プライベートブランド 作り方
OEMを委託する商品は決まった。
となればそこから具体的にそれをどのようにプライベートブランド化をしていくか?
本章ではその点について解説を行っていきます。

既存商品にブランドロゴを冠してプライベートブランド化するやり方

そもそもOEMとは相乗りをされない、
同じ商品が市場に出回らないという発想から生まれています。

であるからして、
できるだけ他の商品と差別化を施せば施すほど真似されにくいという観点から望ましいでしょう。

すでに説明しておりますが、
一番簡単なやり方としては自分のブランドロゴを制作して、
(これはココナラやクラウドワークスなどに依頼すれば1〜2万円程度で作れます)そのブランド名で商標登録を行ってしまうことです。

商標さえ取れてしまえば、
仮に誰かが自分の商品に相乗りをしてきても、
商標権侵害ということで排除することが可能です。

複数商品をセットにしてOEMとするやり方

次に紹介するのは関連する複数の商品を、
セットで1つの商品とすることによって、
ライバルとの差別化を図る方法です。

厳密に言うとプライベートブランド・自社商品とは言えないので、
OEMの範疇から外れているんですが、
一般的に中国輸入のOEMという文脈ではこの手法が広く取り入れられています。

例えばこんな商品ですね。

OEM セット商品

単純にAmazonの相乗り出品を防ぐという観点のみで、
開発されたノウハウなので、
これが長期的に売れるかどうかはまた別問題ですね。

せっかくプライベートブランド、自社商品を製造販売するのであれば、
長期にわたって愛される商品を販売したいですよね。

既存品を改良してOEM生産を委託するやり方

これは割とオススメの手法です。

既に売られている既存品の欠陥を修正した上で、
工場へ修正依頼を飛ばすというやり方があります。

実際にサンプルを取り寄せて自分で使ってみる、
モニターを募って実際に使ってもらいレビューを集めるなどを行うことによって、
自分ならではの発想で商品の開発フェーズから携わることが可能です。

また類似品のレビューを参考にするという手法もあります。
例えば以下のようなレビュー。

OEM レビュー 改善

今はAmazonや楽天などを覗いてみると、
必ずと言っていいほどレビューなどがたくさん掲載されています。

今回のケースであれば、リモコンを見やすくして、
説明書をわかりやすく改良してあげれば良いのです。

そもそも世の中に類似品もなく、
完全に新しい商品というのは中々ないものです。

新商品というのは旧商品を踏まえてリリースされています。
iPhoneですら電話という概念を踏襲して生まれたプロダクトです。

そう考えるとあなたが「これは新しい!」と思っても、
必ず類似品というのは存在します。

「類似品を改良して既存品を超える商品を生み出す!」
という発想に切り替えることでOEMのハードルはグッと下がると思います。

あなたがひとりで0から全く新しい商品を作る必要はないんです。

パッケージや説明書を日本語へ翻訳するやり方

これも厳密に言うとプライベートブランドや自社商品を生み出すというよりも、
OEMという範疇からは少し外れる気がしますが、
差別化を施すという観点からは非常に有効です。

もちろんあなた自身が説明書を0から作っても良いですし、
メーカー側に既に説明書があるのであれば、
それをベースに翻訳をかけても良いでしょう。

こちらもクラウドワークスなどで「説明書 翻訳」と検索をかけると山ほど案件がありますので、
あなたも同じようにクラウドワークスやココナラといったプラットフォームを活用して翻訳をかけていきましょう。

もちろん最終的にはあなたの商品として販売をするわけですから、
しっかり自分自身で「これは説明書に盛り込んだ方が良いな」という点は
積極的に追記を入れていきましょう。

パッケージについても然りです。
デザインがそもそも微妙なのであれば、
そこに修正を加えていく。

日本語にただただ変換するだけではなくて、
消費者目線でどのようなパッケージだと目に留まるか?
どのような説明書だと購入者はありがたいかな?

といった発想は必ず持つようにしていきましょう。

中国輸入のOEMでかかる費用ってどのくらい?

OEM コスト 費用
ここまでプライベートブランドや自社商品の作り方を見ていきましたが、
じゃあ実際にかかる費用ってどのくらい?
というところが気になると思います。

具体的にかかる費用について挙げていきましょう!

  • 仕入費用
  • 送料
  • ロゴ制作費
  • 翻訳費
  • デザイン費
  • LP制作費用
  • JANコード取得費用
  • 商標権申請費
  • 広告費
  • モール出店費用
  • プロモーション費用

などでしょうか。
もちろんデザイン費や広告費、プロモーション費用などは、
人によってかからない場合もあると思います。

結局はどこまでやるかという話になるので。

一番重たいのは仕入費用の部分だと思うのですが、
これは正直商品次第なところもあるので、
なんとも言えないですね。

単価が100円のものと、10,000円のものであれば、
仕入費用は全く異なるでしょうから。

大雑把に見積もるとすると50万円程度あれば、
取り組めるものかなとは思います。

その分かなり条件が厳しくなるので、
発注ロットなどを交渉する必要があります。

理想をいうと100万円ほどは欲しいところ。
100万円あれば余裕を持って仕入れや販売などができると思います。

もちろんOEMの場合には資金回収までのリードタイムが長いので、
これはあくまでもビジネス用の資金としてくださいね。

生活費をここで稼がなきゃ!
という感じであればOEMに取り組むのはオススメではありません。

販促費についてはまずOEMで商品を生産して、
自社ブランドとしてAmazonやYahoo!ショッピングだけで展開します、
というだけであればそこまではかからないでしょう。

しかしプライベートブランドを扱うときに1つ注意としては、
やはり広告費を掛けないと中々売れていかないということです。

皆さんはルイ・ヴィトンやGUCCI、Diorなどはご存知ですよね?
有名ハイブランドです。

なぜハイブランドが売れているかというと、
ブランドとして確立されているからです。

一方であなたが立ち上げたブランドにはファンはいますか?
しっかりブランド化できていますか?

つまり誰も知らない商品を売ろうとしてるわけなので、
ある程度のプロモーション予算と広告費はかけていった方が良いと思います。

もちろん長期的に販売するならばです。
短期的にちょろっと稼げばOKということであればこのようなことは考える必要はないのですが、
長期的に愛されるブランドを作っていきたいということであれば、
販売戦略の部分はしっかり考えた方が良いでしょう。

販売戦略についてはこちらの記事で詳しく解説をしていますので、
ぜひ見てください。

【OEM】プライベートブランドの販売戦略【輸入ビジネス】

 

【2019年10月8日追記】
中国輸入OEMにかかる費用について
1つの記事にまとめました!

どの程度の資金を用意すべき?
今のレベル感でOEMに取り組むべきなのか?

この辺りが気になる人はぜひ参考にしてみてください!

【中国輸入OEM】取り組むための費用はいくらかかる?資金はどの程度用意すべきか?