【ネットでカジュアル起業?】ネット起業家がオススメするビジネスモデル10選!

ネット起業

みなさん、こんにちは。
個人起業家プロデューサーのKaiです。

「起業」と聞くと
みなさんはどんなイメージを持ちますか?

・難しそう?
・ハードルが高い?
・お金がかかりそう?
・サラリーマンをして経験を積んでから?

おそらく難しそう!という意見が多いと思うのですが、
現代社会において「起業」のハードルはものすごく下がっています。

そもそもネット起業とは?

ネット起業 とは
そもそもネット起業とは何かということからお話ししていこうと思います。
ネット起業という言葉が登場してから起業のハードルはグッと下がりました。

私も現在法人を2社経営しており、
いわゆる起業を経験した人間ですが、
インターネットを活用することによって、
毎月かかってくるランニングコストを
大幅に下げることに成功しています。

社員も雇わず、オフィスも持たず、
ミーティングなどはすべてオンラインです。

また資本金も1円からで可能なので、
会社を作るにも、運営していくにも、
大きな費用を必要としなくなりました。

つまりインターネットを使うことによってあなた一人で、
今日から起業をすることができる時代なのです。

しかしながらネット起業の選択肢は多岐にわたっていて、
多くの人が
「何から取り組んだらいいのかわからない・・・」
「ネット起業と言っても具体的に何から始めたらいいのかわからない。」

などと具体的なアクションまでつなげられていない状況です。

そこで今回の記事では具体的なネット起業の方法と、
それぞれ何から具体的にどんなことから始めるべきか?

ということを解説していこうと思います。

多岐にわたるネット起業の具体的なビジネスモデルをご紹介

ネット起業 ビジネスモデル
今回は代表的なネット起業のビジネスモデル10選をご紹介していきたいと思います!

大きな資金を必要とせず、低リスクでチャレンジすることができますので、
ぜひ自分に合うビジネスモデルを探してみてください!

アフィリエイトで起業する!

まず1つ目はアフィリエイト。
これは副業で取り組む人も多い、人気のビジネスモデルです。

アフィリエイトと聞くとカタカナなので何なのか分からない人もいるとは思いますが、アフィリエイトとは「成果報酬型広告」のことです。

企業側からすると商品が売れた時にだけ広告を支払えば良いという点で低リスクで広告出稿をすることができるんですね。

メディア側(つまり皆さんです)からすると代わりに商品を宣伝してあげるだけで収入を得ることが出来てしまうというのがメリットです。

アフィリエイトといえどどんな媒体、メディアを作るのかによって若干やることは変わりますが、
よく見るのがブログアフィリエイトですね。

ブログは今や誰でも簡単に立ち上げることが可能で、
今日からでもブログアフィリエイトをスタートすることも出来ます。

ブログアフィリエイトの場合には基本的にはGoogle検索(SEO)を攻略してアクセスを集めるというやり方が主流です。

その他は

・SNSアフィリエイト
・PPCアフィリエイト
・Facebookアフィリエイト

などなど。
SNSや広告を絡めてアクセスを集めて商品の宣伝をするモデルもありますね。

広告する商品・サービスについてはこちらのサイトに登録することによって、
確認することができます。

いずれにせよアフィリエイトの仕組みをより深く理解することができると思いますので、ぜひ覗いてみてくださいね!



クラウドソーシングで起業の一歩目を!

次にご紹介するのがクラウドソーシングからネット起業をする方法です。
クラウドソーシングとはお仕事の発注をしたい人と仕事を請けたい人のマッチングをネット上で行う仕組みです。

どんな仕事の受発注が行われているかというと、

  • 動画編集
  • データ編集
  • ネットショップ運営代行
  • 翻訳
  • webデザイン
  • システム開発
  • 記事の執筆
  • 調査・リサーチ

などなど・・・。

中にはアンケートに答えるだけ、
コピペ作業をひたすら繰り返すだけ

というような仕事もあったりします。
本当にありとあらゆる仕事が存在し、興味のある仕事へエントリーをすることができますので、ぜひ起業の第一歩目として活用してみてください!

私の知り合いでもクラウドソーシングだけで月に30万円ほど稼ぐフリーランスもいるくらいです。

ぜひチャレンジしてみてください!
代表的なクラウドソーシングサイトはクラウドワークスでしょうか。
私自身もクラウドワークスで仕事の依頼などしょっちゅうしています。

どんな仕事があるのか?
まずは覗いてみてくださいね!

コピーライティング 〜ライターとして起業する

続いてはコピーライティングで起業する方法。
これはライターとして生きていくという感じですね。

インターネット上の市場は拡大を続けていて、
ライターの需要はますます高まっていきます。

例えば、

  • 広告のLPを執筆
  • メディアの記事を執筆
  • 個人ブログの記事を執筆
  • 商品LPの執筆
  • セミナーなどイベント告知のLP執筆

などなど、ライターさんの活躍するフィールドはめちゃくちゃ広がっています。
特に商品LPなど商品をインターネットで販売するスキルである「セールスコピーライティング」を身につけられると単価も一気に上がる傾向にあります。

売上に直結する部分なので、単価も上げやすいんですよね。
案件は自ら営業して獲得しても良いですし、最近ではSNS上で案件を直接獲得する人も多いですね。

営業がなかなか難しい・・・。
ということであれば上記でご紹介したクラウドソーシングのサイトを使って案件を獲得する方法もありますよ!

起業の一歩目のハードルは確実に下がってきています。

せどり・転売ビジネス

これもビジネス経験がない方にはオススメできるネット起業の方法です。
せどり・転売とは小売から商品を仕入れて自分自身が小売店として商品を再販するリセールビジネスです。

よく使われる商品の仕入先は

  • ヤフオク
  • メルカリ
  • 各ネットショップ
  • 家電量販店
  • ドン・キホーテ

などでしょうか。

販売先として使われるのが

  • Amazon
  • ヤフオク
  • メルカリ

などですね。
安く仕入れて高く売るという商売の基本を学ぶこともできます。

具体的にどんな商品を取り扱えばいいの?
という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

転売(せどり)で儲かる「売れる商品リスト」を一挙大公開!

ネットショップ・自社商品販売

次に紹介するのはネットショップで自社商品を販売するやり方です。
いわゆるEコマース、ネット通販というジャンルでの起業となります。

転売と違う点は「販売先」と「取り扱う商品」です。
販売先については

  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • 自社ネットショップ

などでしょうか。
CtoCのマーケットからBtoCのマーケットへフィールドを移していくイメージですね。

より規模が大きくなり、事業者として販売するようなイメージです。
転売ですとまだ個人のお小遣い稼ぎ的な要素が強いですからね。

販売する商品については

  • OEM生産された自社商品
  • 取引先からの仕入れ商品
  • 自社開発のオリジナル商品

などでしょうか。
小売から仕入れるというよりも、自分で商品を作ったり、
メーカーから商品を仕入れたりという形に変わっていきます。

ネット通販・Eコマースは市場規模が右肩上がりになっていて、
非常に注目度の高い業界です。

ぜひ参入を検討してみてくださいね!

クラウドファンディングを活用して起業する!

クラウドファンディングの元々のコンセプトはネット上で不特定多数の人間に出資を募る!というものでした。

企画案をインターネット上に公開して、それに共感する人の支援を募るというのが元々のクラウドファンディングの形です。

つまり資金調達の新しいオプションであったわけですね。
なのでクラウドファンディングを使ってビジネスをするということではなくて、
やりたいビジネスがあってその資金調達のツールであったわけです。

もちろん従来の形でクラウドファンディングを活用してビジネスを立ち上げるというのもアリだと思います。

例えば下記のサイトでいろんな企画案を見ることができますので、ぜひリサーチをしてみてください!

CAMPFIRE

Ready for

しかしながら昨今クラウドファンディングを使って実際に売上を作るというビジネスモデルが登場し話題を集めています。

例えばキングコングの西野さんの取り組みが非常に有名かと思います。

上記のプロジェクトは実際にクラウドファンディングを活用することによって、

・個展の売上を先行して作る(新規商品の先行販売)
・既存商品をクロスセルする(西野さんの場合には講演会という商品をクラウドファンディング上で販売している)

ということが出来るようになります。

つまり新規商品のプロモーションそして先行販売としての機能、
また話題性のあるプロモーションに乗せて、既存商品を販売することもできちゃいます。

西野さんのプロジェクトページは非常に参考にすべき点が多く、
ストーリーテリングから共感を呼んでいる点など。

ユーザーを巻き込んで「応援したい!」というクラウドファンディング元来の文化を踏まえつつビジネスへの転用を行っている部分は圧巻であると言わざるを得ません。

また商品の先行販売という点に着目して、
「物販×クラウドファンディング」という手法も注目されています。

実際に新商品をリリースするプロモーションとしてクラウドファンディングを活用するということですね。

クラウドファンディングを物販ビジネスへ転用する方法については下記の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてください。

クラウドファンディング×物販で億規模の売り上げを達成する方法【輸入ビジネス】

コンテンツビジネス(情報商材)で起業する!

ネットショップでは「有形商材」を取り扱うことが多いですが、
次にご紹介するのは「無形商材」である情報コンテンツビジネスです。

情報コンテンツとは

  • 書籍
  • 新聞
  • 雑誌
  • メルマガ
  • DVD

などをイメージしてもらえればOKです。

つまり情報コンテンツを書籍やPDF、DVDやweb視聴可能な動画などにまとめて販売をするというビジネスモデルになりますね。

情報コンテンツは情報商材とも呼ばれています。
情報商材という方がピンとくる方は多いですかね?

その情報コンテンツ・情報商材はどんなところで販売されているかというと、

Udemy

note

infotop

Brain

このようなところですね。

  • 痩せる方法
  • モテる方法
  • YouTubeビジネスを立ち上げる方法
  • プログラミング講座
  • 英会話講座

などなど。
ノウハウやハウツー系の情報がコンテンツとしてまとめられていることが多いですね。

まずはどんなコンテンツが人気なのか、
上記のサイトを見てリサーチしてみてください。

YouTuberとして起業する 〜ネット有名人になろう!〜

これは最近目にする機会が増えたので、ご存知の方も多いのでは?
いわゆるYouTuberになろう!
という話ですね。

真面目な話、YouTubeという市場は今本当にすごくて、
完全にバブル絶頂期という感じです。

2020年はさらにその勢いが増していくことでしょう。
もちろん市場が大きい分、競争も激化しており、
必要とされるスキルも多岐にわたります。

  • 喋りのうまさ
  • 見た目の良さ
  • タレント性
  • ポジショニング
  • 動画編集能力
  • 映像制作全般の知識

TV局と制作会社と芸能事務所を全部やるようなイメージです。
1つの番組を作るというのはそういうことですからね。

しかし最近のYouTubeは分業制になっていることも多く、
タレントと制作・企画などが完全に分かれているケースも少なくありません。

ですのであなたがすべてのスキルを持っている必要はなくて、
制作に特化、企画に特化など裏方専門でも良いと思います。

いずれにせよ動画の消費量は指数関数的に伸びており、5Gの到来でさらに大きな消費拡大が見込まれます。

時代のながれに乗りたい人はぜひ参入検討してみてください。

オンラインサロンで起業する!

近年注目を集めているオンラインサロン・コミュニティ運営で起業する方法です。

これは割と難易度が高く、最初に取り組むビジネスとしては少し不向きかもしれませんが、継続的にお客さんと関係を維持していくことで、LTVの最大化という点で非常に優れたビジネスモデルです。

例えば月額4,980円のサロンで会員が100名集まれば、
毎月約50万円ほどの利益となります。

LTVに優れているだけではなく、その利益率の高さも驚異的です。

コミュニティビジネスを立ち上げていくSTEPですが、
まずどんなことを行うコミュニティなのかを決めていきましょう。

誰のためのどんなサロンなのか?
対象となるペルソナと提供すべき価値を明確化していきます。

例えば
「恋愛に悩む男子のためのモテ男サロン」

というのはペルソナと提供すべき価値が明確ですね。

モテない男のためにモテる男になるための環境を提供するというわけです。

コミュニティ運営のためにはビジョンを掲げることが非常に重要です。

・そのコミュニティではどんな世界を目指しているのか?
・コミュニティに入ることでどんな自分になれるのか?

ここをコンセプトとしてしっかり設計してあげる必要があります。

そして設計されたコンセプトをもとに集客を行っていく流れですね。

コミュニティ運営については以前にこちらの記事でも少し言及をしておりますので、興味がある方はぜひ見てみてください!

【オンラインサロン】コミュニティ運営で成功する秘訣はイズム(理念)である

コンサルティング・コーチングで起業する!

最後にご紹介するのはコンサルティングやコーティングで起業する方法です。
いわゆる先生業ですね。

コーチ・コンサル・セラピストでひとくくりにされるケースが多いですが、
自分の得意なことを人に教えることによって収益を得るモデルです。

例えば

  • SNS運用のコンサルティング
  • YouTubeチャンネル運用のコンサルティング
  • ブログビジネスのコンサルティング
  • せどりのコンサルティング
  • 広告運用のコンサルティング

などです。
コンサルティングなどの先生業ではある程度自分で実績を作っていく必要がありますが(そうでないと教えられないですからね・・)、
必ずしも大きな実績である必要はありません。

例えば、ブログで1万PVまで構築する専門家。
など範囲を限定してサービスを提供するという形でも良いと思います。

特化させればさせるほど、人も集まりやすく集客しやすいので、
ぜひ自分の得意をビジネスへ昇華してみてください。

また最近では

ストアカ

ココナラ

といったスキルシェアサービスが台頭してきています。

自分の持っているスキルや知識などを人に提供するプラットフォームも拡大してきていますので、集客も随分と楽になっている印象です。

人に提供できるスキルや知識がある人はぜひチャレンジしてみてください!

ネット起業も結局は行動したもん勝ち

ネットビジネス マインドセット
以上10個のビジネスモデルをご紹介させて頂きました。
非常に多くの選択肢があり、どれからやろうか迷ってしまうかと思います。

結局やってみないと自分に合うかどうか分かりませんので、
少しでも興味があることを取り組んでみるのが良いと思います。

やってみて違うなと思えば、辞めたらいいんです。
そのくらい気軽に取り組んでみてください。

結局ビジネスの世界は行動したもん勝ちです。
めちゃくちゃシンプル。

行動力がある人が勝てる世界。

そんな世界ではフットワークの軽さ、ノリの良さが非常に大事になってきます。

せっかくインターネットの登場により起業のハードルが下がったんですから。
気軽にチャレンジしてみてください。

実際にやってみることで見える世界があって、
分かることもたくさんありますからね。

行動するあなたを応援しています。

LINELP