メルカリで不良品が届いたら?よくあるトラブルの対処法について!

アイテムマッチ デメリット

Kaiです。

本日はメルカリで不良品や偽物をつかまされた場合、
出品者とトラブルになってしまった場合の
対処法について解説をしていこうと思います。

最近はメルカリで出品する人よりも、
仕入先として活用していく人が増えていますね。

現在メルカリでは業者締め出しの影響もあって個人の出品者がほとんどを占めています。

個人の出品者は値付けが甘い傾向にあるので、どこよりも安く仕入れることが出来ます。

しかし、個人の出品者から商品を仕入れることになるので
中には不良品や偽物が混ざっていることがあります。

そんな時に泣き寝入りをしている人や、
個人から商品を仕入れることに抵抗を覚えて
そもそもメルカリを活用しきれていないという方も多いのではないでしょうか?

今回はメルカリの取引でトラブルになった時の解決方法と、
メルカリを今後仕入先としてしっかり活用して頂くための
ノウハウをお話ししていこうと思います!

不良品や偽物商品が届いた時の対処法

それではまず不良品などを受け取った時に我々が取りうる選択肢についてお話しします。

大きく2つに分けると以下のような対処法があります。

・商品の交換を求める
・返金対応を求める

メルカリでは1点ものの取り扱いが多いので、
届いた商品が不良品の場合にはほとんどのケースで返金対応になります。

受け取り評価は絶対にしてはいけない

メルカリ 評価

まずこれだけは必ず守って欲しいのですが、
説明とは異なる商品や不良品を受け取った場合には、
受け取り連絡は絶対に行わないようにしてください。

一度受け取り連絡を行ってしまうと、取引が正常に終了したとシステム上で認識されるので、
支払いを行った商品代金も出品者の元に振り込まれてしまいます。

そうなるとメルカリ事務局としてもその後の対応が難しくなります。

評価から交換や返金対応をいくら求めてもその後の進展は難しいので、
出品者に連絡を取る際には必ず受け取り評価をする前に、メッセージから連絡を行ってください。

取引キャンセルをして返金を受け取るまでの手順

それでは実際に取引をキャンセルして、
返金対応など何かしらの対応を受けるまでの流れを解説していきたいと思います。

出品者へ連絡をする

まずはメッセージ欄から出品者へ連絡をしてみましょう。
当然円満解決が望ましいのが説明するまでもないと思いますので、
出品者へ商品の状況などを客観的に伝えるように努めましょう。

「楽しみにしていた商品が使えない・・!」となると
苛立つ気持ちもわかりますが、

必ずしも出品者も意図的に不良品を発送しているわけではありません。

無駄に乱暴な言葉遣いをしても問題解決がスムーズに進むわけではありません。

・商品が届いた旨をお伝えする
・不良箇所、問題のある部分を客観冷静にお伝えする
・返金or交換の対応を依頼する

この3点をメッセージで送りましょう。

出品者・購入者の相互承認

よくやってしまいがちなのは、出品者の承認前に商品を送り返してしまうことです。

まずは取引キャンセルをしたい旨をメッセージで伝えた上で、相手の承認をもらうようにしましょう。

メルカリ事務局からの返金を受ける際にも、
相互の承認がベースになります。

メッセージ上で相互承認の確認が取れない場合には最悪返金を受けられないということもあり得ますし、
商品を返送したところで受け取り拒否にされてしまう可能性も否めません。

そうなると郵便局や、配達業者さんも巻き込んだ厄介なトラブルに発展し兼ねませんので、
必ずキャンセルの承認を事前にとるようにしてください。

追加の送料を考慮して商品の返送が必要ない場合もあります。

ここは出品者と連絡を取って互いに都合の良い方法で話し合いの上、決定してください。

返送が不要となったら商品をそのまま処分するも良いですし、
そのまま家に保管するのも良いでしょう。

商品の返送を行う

出品者の了承を得たら商品を返送します。

不良品等のケースでは基本的には出品者の落ち度となりますので、
商品についても着払いで送ってしまって問題ありません。

しかし何も言わずに着払いで送るのもあまり感じの良い対応とは言えないので、
送料についても事前にひと言添えてから発送を行って頂くことをオススメします。

またらくらくメルカリ便などの匿名配送で商品が送られてきた場合には、
相手の住所を聞いて商品を送り返すようにしてください。

キャンセルボタンからメルカリ事務局へ報告

以下は商品代金の返金を受ける場合には行って欲しいのですが、
相互承認と商品の返送を行ったら取引画面のキャンセルボタンから取引のキャンセルをメルカリ事務局へ報告しましょう。
メルカリ 取引キャンセル

以前まではメルカリ事務局への問い合わせをもってキャンセル承認をメルカリ事務局から受けるような流れでしたが、
2018年からは取引画面からキャンセルの申請をボタン1つで行うことができるようになりました。

ただキャンセルボタンを押下するとその後のメッセージのやり取りが出来なくなりますので、注意が必要です。

返金処理開始

取引のキャンセルを行ったらあとは商品代金の返金を受けるのを待つだけです。

クレジットカードで決済した場合には数日後に登録してあるクレジットカードに商品代金の返金がなされます。

一方コンビニ払いや、銀行振込の場合にはメルカリアカウントの売上金として計上されます。

現金として早く受け取りたい場合には売上金の口座入金の手続きをご自身のアカウントで行って頂ければOKです。

出品者が取引キャンセルに応じない場合には?

基本的には上記の流れで取引キャンセルを行うことが出来ますが、
中には取引キャンセルに応じない出品者も存在します。

「もともと中古品として出品しているので、故障の交換返金には応じることができない」
「3N(ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル)と記載をしていますので、キャンセルに応じることは出来ません」

という言い分ですね。

結論からお話しすると、これらの主張はメルカリではまかり通りません。

そもそもメルカリでは3Nでの出品が規約で禁じられているため、
出品者に落ち度がある場合の取引キャンセルには応じる必要があります。
メルカリ 3N

それでも出品者が取り合ってくれない、
メッセージの返事をしないという不誠実な対応を行うようであれば、
メルカリ事務局へ相談してください。

メルカリ事務局が仲裁を行って、
取引をキャンセルにして商品代金も払い戻されます。

また責任の所在が明確でない場合でトラブルが起きた時には
メルカリからの補償金という形で両者に商品代金の払い戻しということが行われるケースもあります。

出品者が取り合ってくれないからといって泣き寝入りする必要は全くないんですね。

ただ気軽に取引キャンセルが出来るからといって、
単純ミスによるキャンセルをむやみやたらに繰り返していると、
アカウントの制限や事務局側の心証を悪くしてしまう原因となります。

相手側にも迷惑になってしまうので、
十分注意して購入と出品を行うようにしてください。

メルカリでトラブルになった時の解決法まとめ

メルカリではヤフオクなどと比較して、
補償金が存在したり、取引をメルカリ事務局側でキャンセルにしてくれたりと、
仲裁の役割を行ってくれるケースが非常に多いので、
安心して購入(仕入れ)を行うことが出来るプラットフォームです。

ヤフオクの場合には基本的には取引不介入の立場を明確にしていますからね・・・。

不良品が届いてもどうしても自力解決を行うしかありません。

メルカリは購入者保護の意識も強いので、たいていの場合には守られる立場となり、
強力な仕入先として機能させることが可能です。

私自身もヤフオク仕入れからメルカリ仕入を取り入れた時に、
事務局の対応の早さや、購入者保護の取り組みに感動をしてしまったほどです。

しかし逆を言うと出品者はそれ相応の対応を求められますので、
責任を持って顧客対応を行う必要があります。

それぞれのメリットデメリットを把握した上で、
適切な仕入先と販路を獲得できるようにしていきましょうね!

LINELP