【メルカリ無在庫転売】今でも稼げる?規制が入ったメルカリ無在庫転売の攻略法のすべて!

みなさんこんにちは。
真下海斗です。

2017年に大流行したメルカリ無在庫転売。
スマホで完結するということでそのお手軽さから多くの人が取り組み、
市場参入してきましたが、間もなく規制の波に飲まれて、
多くのプレイヤーが撤退を余儀なくされました。

一時期メルカリ無在庫転売を実践していたけど、今はもう辞めてしまったという方、多くいらっしゃるんではないでしょうか。

それでは「2018年9月の今、メルカリ無在庫転売は稼げないのか?」
答えはNoです。

メルカリ無在庫転売は今でも稼ぐことが可能です。
しかもスマホで出来るという手軽さや、スキーム自体はそのままです。

むしろ取り組む人は極端に減ったので、明らかに去年よりも売れやすくなっています。
以前は10-20品だして1か月で1-2品ほど売れていくという感覚でしたが、
今は出品数が半分でも同じほど売れていく感覚です。

ピンチはチャンスとはよく言ったものです。
ものは捉えようですね。

この記事ではメルカリ無在庫とは、どうやって稼いでいくのか、メルカリ無在庫からのビジネスの展開などを解説させて頂ければと思います。

メルカリ無在庫転売とは

メルかリ無在庫転売とは、文字通り在庫を持たずしてメルカリで販売を行う手法になります。
主な仕入先はAmazon.co.jpです。
メルカリで出品を先に行い、売れたらAmazonからお客様の元へ直送をかけるというのがメルカリ無在庫転売の全体図です。

メルカリにて出品作業

売れたことを確認

商品の発送

メルカリ無在庫転売でやることはたった3STEPです。
お分かりだと思いますが、とんでもなく簡単ですし、

スマホだけで商品のリサーチから出品、そして売れた後の対応まで行うことが可能なので、誰でも今日から取り組んで頂くことが出来るような内容となっております。

メルカリにて売れる商品とは

メルカリで売れる商品を探す先はAmazon.co.jpです。
通常メルカリの方が同じ商品であれば安く出ていることも多いのだが、
無在庫物販プレイヤーが狙うのは「ノーブランド」商品である。

有名どころでいうとAmazonで数百円単位で売りに出されているノーブランドのアクセサリー類である。
200円〜300円で仕入れてきて1500円〜2000円で販売するなどはよくある取引事例です。
おおよそメルカリ無在庫転売で狙う利益額は1商品あたり500円程度です。
もちろん商品単価を上げることによって、利益額が1000円、3000円、5000円と膨れ上がっていく。

実際の事例をこちらでは紹介させて頂きますね。
まずはAmazonで「ノーブランド ネックレス」と検索をしてみてください。

すると以下のような検索結果が出てきます。

試しにこちらの商品をメルカリで検索してみましょう。
ちなみにAmazonでの販売価格は58円です。
値崩れも甚だしいですが、そこは置いておいて先に進みましょう。

メルカリで「One Direction ワンダイレクション Harry ネックレス」と入れて検索をかけてみてください。
するとこんなにAmazonで販売されている商品が売れているんですね。
回転率抜群です!

しかも中には1,000円で売れているものもあり、これだけでも相当稼げそうな予感がしますね。
500円の商品が1日に10品も売れればそれだけで1日5,000円の利益が手元に残ります。1か月で計算すると15万円です。
もちろん商品単価を上げる、取扱商品点数を増やすことで月利30万円50万円と大きく稼ぐことも出来てしまいます。

メルカリ無在庫転売のメリットデメリット

メルカリ無在庫転売のメリット

さて、すでに幾つか紹介をしてしまいましたが、メルカリ無在庫転売のメリットについて見ていきましょう。

スマホ完結

メルカリ無在庫転売の一番のメリットはやはりそのお手軽感ではないでしょうか。スマホで3タップで稼ぐ!などよくわからんコピーが世の中には氾濫していますが、メルカリ無在庫転売である程度仕組みを作ってしまえば、本当に3タップ程度で稼ぐことも出来てしまいます。
3タップとまではいかないまでも、Amazonでの商品リサーチや、メルカリ上でのお客さんとのやりとり、そして発送業務まで全てスマホで行うことができるので、外出先などでも仕事をすることができてしまいます。
パソコンを持ってないけど、ネットビジネスには興味がある・・、という方はまずはメルカリ無在庫転売からスタートして、資金を貯めて高性能のPCを購入してはいかがでしょうか。

リスクゼロでビジネスを始めることができる

メルカリに限ったことではないですが、通常物販ビジネスを開始するにあたっては、店舗資金や在庫の仕入費用、スタッフへの人件費、在庫を管理しておく倉庫代、システム費用などなど様々な初期費用が発生してきます。
実店舗で商売を始める場合には店舗の費用ももちろんそうですが、内装費、家賃などでビジネスを開始する前から数千万円単位でのお金が必要になります。
一方でメルカリ無在庫転売は上記のような費用が一切かかりません。
文字通り初期費用は0円で始めることが可能です。
投下するリソースは自分自身の時間だけでokです。
万が一上手くいかなかったとしても借金を抱えてしまうといった心配がないのは精神的にも非常に楽ですね!

キャッシュフローに優れている

メルカリでは半月に1度売上金の入金があります。
Amazonでの仕入をクレジットカードなどで決済してしまえば、先に売上金の入金があり、その後振り込まれた売上金の中から商品の仕入代金が引き落としされるので、今現金が手元になくても始めてもらうことが出来ます。

特にビジネスの立ち上げ期には意識してほしいポイントではあるのですが、
資金繰り(キャッシュフロー)は常に意識してほしいです。なぜかというとビジネスの立ち上げ期にはとにかく手元の資金がないことが多いです。
潤沢なキャッシュがあればそこまでキャッシュフローに目くじら立てる必要はありませんが、個人で起業するにあたっては常に意識したいポイントです。売上はあるものの、手元のキャッシュが尽きてしまって倒産・・・。などはよく聞く事例です。
この辺りは創業初期に意識するべきポイントとして動画でお話ししておりますので、よろしければご覧ください。

出品作業などがとにかく手軽!

メルカリはCtoCのプラットフォームですので、とにかく使いやすさを徹底的に追及しています。いかにすれば多くの人にストレスなく使ってもらえるかというのを会社全体で考えているんですね。
それもそのはず、メルカリがターゲットとしているのは主婦の方や、学生など普通の消費者です。操作が簡単でないと使ってもらえないんですね。
なので、出品作業などはとにかく楽チンです!写真をAmazonから引っ張ってきて、商品説明文のそのままコピペしてしまえばものの1〜2分程度で出品作業が完了してしまいます。

メルカリ無在庫転売のデメリットとは

規制が厳しい

こちらは後述もしますが、メルカリは個人間売買のプラットフォームを謳っているため、業者の介入は一切禁止しています。
なので、大量出品や転売を疑われるような行為を行っていると、アカウントが止められてしまうリスクがあります。
対策についてはしっかり後半の章で解説をさせて頂きますね!

Amazonの箱で商品が届いてしまう

Amazonで商品を購入して、それをお客様の元へお届けしているので当然Amazonの箱で届くことになります。通常であれば何も問題はないのですが、万が一購入者がメルカリ運営にこのことを報告するとAmazonからの転売を疑われ、最悪のケースではアカウントが停止されるリスクもあります。

ここについてはサードパーティーから商品を購入することで解決をしていきます。
Prime商品を購入するとAmazonの倉庫から発送になるので、Amazonの段ボールで届くのですが、サードパーティーの出品者、つまりPrimeマークを付けていない自社発送の業者から注文を入れることによってAmazonから商品が届いた!というクレームを回避していきます。

メルカリ無在庫転売の規制について

おそらくみなさんの多くが気にされているであろう、規制の回避の仕方ですが、ここについてはメルカリ運営も新たな規制をどんどんと追加をしてくるので、100%安全な方法というのは残念ながらありません。ですが、規制に引っかかってしまいアカウントの停止リスクを極小化することは可能です。

主な対策としては以下のようなものがあります。
・ツールでの大量出品は控える
・Amazon、FBA、海外からの発送、貸し倉庫等Amazonからの転売や業者であることを悟られるワードは使わない
・Amazonのサードパーティーからの発注を行う
・仕入先をずらす
・評価を溜めることによってアカウントを強化する
・複数アカウントの運営

箇条書きにするとこのあたりですかね。

上の二つについてはメルカリ側も自動チェックツールを回していて、おそらくツールに引っかかった場合にはアカウントが停止になるという処理を回しています。
なので、ツールで一気に出すとメルカリ側のチェックツールに感知されますし、購入者とのメッセージで「Amazonの貸し倉庫から発送してますよ」などと発言したら一発でアカウントが止まってしまうことでしょう。

所感として、正直ヤフオクやeBay、Amazonあたりでも無在庫転売は行っていますが、共通項はとてもありますね。
特に複数アカウントでの運用や、アカウントを強化するなどはどこのプラットフォームで販売を行う上でも必要不可欠になっていきますので、ぜひメルカリでも実践してもらえれば良いんじゃないかと思っています。

メルカリで稼ぐことは出来ないのか

これだけ怒涛のごとくメルカリ側が規制を張ってきている中で、本当に稼げるの?とお思いの方もいらっしゃると思います。
結論から言うと、メルカリ無在庫転売は今でも稼げます。

但し、アカウントリスクはありますし、大量出品ができない今、100万200万と大きく稼いでいくことはほとんど不可能に近いと考えています。
安定性を欠く中で、大きく稼げないというのは旨味がないので、
決してメルカリ無在庫転売で脱サラしよう!とは考えずにあくまで、ビジネスの入り口として取り組んで頂ければ良いのかなと思います。

まとめるとメルカリ無在庫転売の考え方、捉え方としては
あくまでビジネスの入り口、月に10万程度を稼ぐことを目標にして、
インターネットでお金を稼げるという感覚を掴んで頂いてから、さっさと次のビジネスに取り組んで頂くことをおすすめします。
私がいつも言うようにまずは簡単なところから始めてみてください。

メルカリ無在庫転売のその先は?

では次のビジネスとは一体なんぞや。とお思いの方、多くいらっしゃると思います。
ここではメルカリ無在庫転売をきっかけにあなたのビジネスをどのように発展させていくべきかをお伝えしていきます。

販売先をズラす

まず手っ取り早く取り組んでもらえるのがここですね。
メルカリで出品していた商品を他のプラットフォームで販売してもらいます。

私のオススメとしては以下の2つです。
・ヤフオク無在庫転売
・ラクマ無在庫転売

ヤフオクは商用利用がオフィシャルに認められていますので、大量出品やツール出品も可能です。
私自身、物販の実績が大きく飛躍したのもヤフオク無在庫転売です。
これだけで月に150万円稼ぎました。
集客力もメルカリ同等以上にあるかなりブランド力のあるプラットフォームですので、ここは必ず抑えておくと良いでしょう。
こちらの記事でヤフオク無在庫転売についてかなり詳しく解説を行っているので、ぜひチェックしてみてください。

【ヤフオク無在庫転売】最新版!稼げるまでの具体的なやり方と注意点を全て解説します!

そしてラクマ無在庫転売ですが、これはメルカリをベンチマークにしているアプリなので作りが非常にメルカリに似ています。これは使ってもらえればすぐにわかると思います。
またシェアが2番手ということもあり、メルカリほど規制が厳しくありません。
しかも一度出品した商品を放置していてもなぜか売れていきます。私も半年以上前に商品登録した商品が未だに売れていきます。
販売手数料もメルカリの半分以下で3.5%となっていますので、利益率もメルカリ販売よりも高い期待値が見込めます。
ですが、メルカリ・ヤフオクほどの集客力はまだなく、レディースのアパレルに特化している印象です。

おそらく20-30前半の女性をターゲットにプロモーションをかけているので、アパレル転売や女性向け商材を多く扱っている方などは非常に相性が良さそうなので、ぜひ取り入れてみると良いかと思います。

貿易ビジネスへの参入

国内の無在庫転売をひとしきり実践して利益が出始めてきたら、貿易ビジネスへ挑戦しましょう。
理由はより高い利益率が見込めるからです。

ここまで読んで頂いた方はお分かりかと思いますが、国内無在庫転売はとにかく忙しないです。
1個販売して利益が500円。これを積み重ねていきます。
有在庫と異なり、縦積みでの販売ができません。つまり多くの商品を取り扱っていかないといけないので、必然的に管理工数も膨らみます。

その原因は利益率の低さにあります。国内無在庫転売は圧倒的に早く簡単に数字を出すことが出来ますが、あまりの簡単さと忙しなさに辟易としてくる人が出てくるのも事実です。
まぁ個人的にはそのくらいビジネスの立ち上げ期なんだから我慢せえよ、と言いたくなりますが、気持ちはわかります。

そこでより利益率の高い物販、つまり顧客への付加価値が高い商売をやっていきましょう。
販売先を固定するのであれば輸入、仕入先を固定したいのであれば輸出に取り組むと良いでしょう。
輸入と輸出どちらから取り組んだらよいか悩んでいる人はこちらの動画を参考にしてください。

まとめ

結論メルカリ無在庫転売は儲かるからやったら良いと思います。
但し、大きくは稼げないですし、安定性には欠けますので、ビジネスの入り口、あくまで通過点だということを認識した上で取り組むと良いと思います。

続けていればきっと結果はついてきますので、ぜひ腰を据えて物販ビジネスに取り組んでいただけると良いのかなと思います。