【無在庫転売のやり方は?】始め方から手順に至るまで徹底解説〜2020年最新版

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日は無在庫転売って聞いたことあるけどよく分からない。何から始めたらよいか分からないと考えている初心者やこれからビジネスを始める方向けにお話ししていこうと思います。
また現在、有在庫で物販に取り組んでいて、資金繰りが厳しい、商品の梱包発送でとんでもなく忙しい。といった方にもぜひ読んでいただければと思います。
有在庫から無在庫を取り入れることによって大きく稼ぎ出すことも可能です。

そもそも無在庫転売とは?

無在庫転売とは文字どおり在庫を抱えることなく物販ビジネスを行うことです。身近なところで例に出すと高級家具専門ショップや、オーダースーツなど受注生産と呼ばれる業態が近いモデルです。
受注が入ってから生産を行うので、在庫は持たないですよね。
無在庫転売も受注が入ってから仕入れを行い、お客様の元に配送を回します。

無在庫転売って今から参入しても稼げる?

これは結論から言うともちろん今からでも稼ぐことは可能です。むしろビジネスの初期にこそ無在庫転売で大きくキャッシュを作って欲しいと僕は常に言っています。
もちろん同じ商材を扱うので、部分飽和(1つの商品の飽和)はありますが、物販市場が飽和することなどありえません。
ただ、一つ注意点としてはツールで商品リサーチなどを行っているとどうしてもライバルセラーと傾向が似てくるので稼ぎにくくはあります。その分ツールで時間を短縮化しているので全く問題ないとは思いますが。

大きく稼ぐためには他の人が扱っていない商品を扱うことが重要です。売れた商品の関連商品などを中心し自分の店の商品ラインナップを考えていくことこそが真に利益を生む価値のある仕事であるといえるでしょう。

入り口が簡単なビジネスはどうしても真似されやすく崩れるのも早いです。
その意味でツールを活用するのは入り口としては取っ付き易くて良いのですが、慣れてきたらツールを使いつつ、ライバルとの差別化も意識すると大きく稼ぎ続けることが出来るでしょう。
その辺りを解説している記事もあるので、詳しくはそちらを参照してみてください。

【ヤフオク無在庫転売】ツールはこれだけ使っとけ!物販ビジネスにおけるツールとの付き合い方

無在庫転売のメリットデメリット

メリットについて

無在庫転売の大きなメリットとしては初期投資が不要である点です。今あなたの手元にキャッシュが全くなくてもビジネスをスタートさせることができます。僕自身もビジネスを開始した時にはキャッシュが全くなく、むしろマイナスでした。
そのような状況でも大きく稼ぎを上げるビジネスを構築できるという点は非常に魅力的です。

また在庫を抱えることもないので、キャッシュフローが圧倒的に改善されます。
これは有在庫で物販を行っている人はよくお分かりかと思いますが、有在庫で販売をしていくとなると、販売をする前に在庫を仕入れる資金が発生していきます。
例えば100万円分仕入れをしたとして、1か月の間に100万円分の在庫がキレイに売れていく訳ではありません。
在庫が滞留したり、そもそも不良在庫になってしまう可能性すらあります。
その意味で利益が上がっているけど手元にお金はないという状況が生まれてしまいます。
資金の循環を促すという意味でも在庫を持たないビジネスは非常に優れているといえるでしょう。

デメリットについて

無在庫で販売をするにあたって当然デメリットもあります。
1つ目はは誰でも参入ができてしまうので、誰でも思いつく商品を扱うことでは利益が出しにくいという点です。
先ほどもお話ししましたが、入りが簡単なビジネスほど崩れていくのも早いです。
2つ目に無在庫で販売をしていくと配送のリードタイムが長期化します。特に輸出や輸入を伴う貿易ビジネスであればなおさらです。
今やAmazonで注文すれば翌日には届いてしまう時代です。日本人のサービスレベルに対する期待は年々高まっています。お客様に対してのコミュニケーションが無在庫販売を行う上では非常に重要です。

3つ目はプラットフォームによっては無在庫での商品販売が禁止されているところもあります。例えばYahoo!などであれば手元に在庫を持たない状態での商品出品は規約でNGです。
その辺りは各プラットフォームによって規約も異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

無在庫転売の始め方。手順まで解説します

無在庫で販売するステップは非常にシンプルです。
従来有在庫で販売する時の流れはこのようなものでした。

商品リサーチ

商品の仕入れ

商品の出品

売れる!売上発生

商品の梱包

発送

顧客対応

一方で無在庫転売における販売の流れはコチラです。

商品リサーチ

商品の出品

売れる!売上発生!

発送

顧客対応

見てもらえれば分かると思いますが、ステップも短縮化されやることはシンプルかつ明確です。

無在庫転売はどこの販路が一番売れる?仕入先まで公開!


結論から言うと初心者が始めるのであればヤフオク一択かと思っています。ヤフオクだけでも月利100万円は達成可能です。
もちろん他の販路でも無在庫転売は可能です。
例えばAmazon、Yahoo!ショッピング、ebay、Amazon.comなどなど、国内外に視野を広げていけば稼げる市場だらけです。

仕入れについても私自身は貿易ビジネスをオススメしているので海外販売を行うのであれば楽天やAmazon、ヤフオクなどで仕入れるのが良いでしょう。もちろん店舗に仕入れに行ってもらっても構いませんが、限定品や相応の利益が見込めるものだけに絞りましょう。あなた自身の時間が一番大事なので、小銭稼ぎにわざわざ店舗に仕入れに行くことはしなくてもokです。

逆に国内で販売するのであればAmazon.comやebayで仕入れることが出来ます。もちろんタオバオやアリババといった中国の仕入先も活用すると扱うことのできる商品が広がっていきますので、差別化要素を打ち出しやすくなります。

無在庫転売で稼ぎ続けるコツ

無在庫転売において稼ぎ続けるのに必要なことはたった一つです。
それはアカウントを守ることです。

無在庫転売を行っていると商品の到着までのリードタイムがどうしても長くなってしまいます。そこで少なからずお客さんからの問い合わせなども有在庫販売と比較すると増えます。
クレーム等が増えてアカウントの状態が悪くなってしまうと最悪のケースはアカウント閉鎖となってしまいます。
配送に関しては事前にお客様に告知して、注文前に期待値コントロールをすることが大事になってきます。

特にAmazonはアカウントの健全性を非常にシビアに見ています。自分自身のアカウントの状態を常にモニタリングしておくことが大事です。
Amazonのアカウントの守り方はこちらの動画で解説を行っているので、よろしければ見てみてください。

無在庫転売で稼いだそのあとは?

無在庫転売で稼ぎ続けることはもちろん可能です。アカウントの複数運用や、アカウント停止からの復活などで稼ぎを上げ続ける仕組みをあなた自身が守っていくのです。

ただどうしてもプラットフォームに命を握られているようなものなので、精神的な安定は難しいです。
最速で稼ぐことは出来ますが、10年20年それを維持していくのは、それはそれで至難の技です。
なので個人的にオススメをしているのは無在庫から有在庫への回帰です。ただし小売仕入れは脱してもらいます。
メーカーとの直交渉や卸問屋から卸価格で商品を仕入れます。場合によってはメーカーとの交渉で無在庫で商品を扱わせてもらえることも可能です。

これを貿易ビジネスと組み合わせるとあなたは販売代理権を持った小売店になれますし、商社的な立ち回りをすることも可能です。

このように無在庫転売で最速でキャッシュを作ったその先には新たな挑戦や、可能性が広がっています。
もちろんそれを望まなければ無在庫転売で引き続き100万円前後の利益を上げ続けてもらうことも出来ます。

ともあれ選択肢がある人生は素晴らしいですよね。未来の自分が選択肢を持てるように今この瞬間の努力は惜しみたくないものです。

LINELP