【比較してみた】ブログとnoteどっちを使うべき?それぞれの違いとオススメの使い分けを解説!

ブログ note 使い分け

ども。Kaiです。

2019年から本格的にnoteを更新し始めまして、記事数としても50記事を超えてきました。

note ホーム画面 note 50記事

もともと個人のブログは1年ほどゆるーく書いていて月間PVとしては10万PVには届かない程度。

そこからnoteに進出し始めたのですが、僕の場合にはnoteの運用と同時期にTwitterのアカウントを開設したという感じで、いわゆるソーシャルからの流入はほとんどない!という状態からnoteの運用を開始しました。

とはいえnoteは完全に趣味で書いていたので、アクセスがあんまりなくても気にせずのんびり書いてきました。

そんなこんなで半年間ほどブログとnoteを並行して運用してきたわけですが、結構多くの人からブログとnoteをどのように使い分けるべきか?
という質問を頂くことも多くなってきました。

そこで今日は実際にブログとnoteを並行して運用してきた体験談をベースにブログとnoteの使い分けについて記事を書いていこうと思います。

【結論】noteでは有料の有益記事もしくは無料のコラム記事を書け!

note ブログ 棲み分け
この後にnoteの細かい機能や特徴などは書いていきますが、早速結論から。
おそらくあなたが一番気になっているであろう

ブログとnoteってどうやって使い分けるの?

という部分。

結論として、
ブログでは検索に引っかかるようなキーワードベースの記事
noteではあなたの人柄が出るようなコラムベースの記事

基本はこの構成が良いと思っています。

理由としては3つあります。

  1. SEOはやはりWordPressが強いから
  2. noteはアフィリエイトリンクが貼れなかったり収益化の範囲が狭いから
  3. noteはTwitterなどのSNSとの親和性が非常に高いから

イメージとしてはブログはノウハウや悩み解決重視、noteは人柄やファン化重視といったところでしょうか。
この辺はnoteとブログの特徴と合わせて後述させていただきます。

noteの機能と特徴

note 特徴
まず最初にnoteが持つ機能からざっと見ていきましょう。

  • UIがシンプルでコンテンツの内容特化
  • サーバーとかドメインとか難しい設定は不要
  • SNSとの相性がバツグン
  • コンテンツの有料販売が出来る
  • サポート機能(投げ銭)がある
  • 逆に収益化は読者からの課金のみに制限されている

とにかくシンプルで初心者向け

これは実はnoteの最大の特徴かもしれません。
noteでは会員登録がメールアドレスだけあれば誰でも出来てしまい、ものの1分程度で記事を書ける状態に持っていくことができます。

これがブログだとドメインを取得したり、サーバーを借りたりなど、
初めての人であれば設定だけで1週間とかかかってしまう場合もあります。

また執筆画面も非常にシンプルで、真っ白なんですね。
note 執筆画面
まるでワードに文章を書いていっている気分になります。

読む側からしてもブログと違って余計な広告や、サイドバーのガチャガチャした感じもないので、記事の内容に集中することができます。

とりあえずマネタイズとかはいいからすぐに記事を書きたい!という人はnoteから入ってみるのがいいですね。

SNSとの親和性が高い

たまに勘違いしている人がいるのですが、noteはそれ自体に拡散能力があるわけではありません。おそらくnoteだけ単体で運用するとなるとPVなどはほとんどつかないでしょう。

実際私もTwitterを本格運用せずにnote単体を趣味的に書いていたのですが、ほとんどPVはつかなかったですね・・・。

note ダッシュボード

noteは検索に引っかかることもありますが、基本的にはSNSからの流入がほとんどです。
(そもそも検索を意識して記事制作をしていなかったのも原因としてはありますが・・・)

noteがそれを意図して作られたかどうかは不明ですが、多くの人がTwitterでは書けないような長文のツイートをnoteにそのまま書いているようなイメージですね。

なので伸びたツイートをそのままnoteで記事化すると結構伸びが良かったりします。
オススメとしては検索されないけど興味は惹かれるようなコンテンツやあなた自身のストーリー、コラムなんかをnoteに投下していく運用が良いでしょう。

またnoteではすべてのフォーマットが統一をされているので、読者目線でいうとSNSでの拡散もしやすいという特徴があります。

そういう意味でいうと限りなくソーシャルで伸びるコンテンツがnoteでも伸びるという構図になっていきます。

noteの記事そのものが収益化できる

noteの大きな特徴の1つに記事を有料化して販売することができるという機能があります。なので超有料級でこれは無料では公開できないなーという有益記事はnoteで公開するのが良いでしょう。

またこれは心理学的なお話ですが、消費者は少額でもお金を払うことによって自分が購入した商品に支払った額と同等以上の価値があると思い込む習性があります。
感情で物を買い、理性で買った理由を後付けするというやつですね。

無料で公開されている情報はなかなか見られなくても、100円でも自分の身銭を切って購入したコンテンツはやはり良く見られます。

もちろん販売するコンテンツが良いものであるという前提ですが、コンテンツをしっかりと見てくれる確率が高まりますので、あなたのファンとなる人も増えてくるでしょう。

この収益化がカジュアルにできるのがnoteの特徴です。

しかしnoteは収益化の方法が非常に限られていて、
記事に対しての課金とクリエイターに対しての投げ銭(サポート機能)と2つしかありません。

記事内にアフィリエイトリンクを貼ることはできませんし、広告を貼ったりすることもできません。

ブログの方が圧倒的にマネタイズの幅は広がりますので、収益最大化を目指すのであればブログに注力するのが良いでしょう。

ブログの機能と特徴

ブログ 特徴
それでは次にブログの特徴を見ていきましょう。
これはもう知ってるよという方も多いかと思いますので、noteとの比較という軸で見ていきたいと思います。

  • カスタマイズが自由にできる
  • 収益化の幅が広い
  • 検索からの流入を取りやすい

などでしょうか。
基本はワードプレスを想定していますが、プラグインなどを入れることによって様々なカスタマイズが出来ます。

noteはすべて同じUIでプレーンな印象ですが、ワードプレスではあなたの独自色を出すことが可能です。

SNSとの連携なしで単発で勝負するなら間違い無くブログを選択すべきでしょう。

どんな人がnoteを活用すべき?

note 書くべき人
いろいろとnoteやブログの特徴を書いてきましたが、ここまで読んでくださった方の中で、「結局私はどうすればいいの?noteを使うべきなの!?それともブログだけで大丈夫なの?」と余計混乱してしまった人も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこでどんな人がnoteを活用すべきかを一気に書いていきます。
次の項目に当てはまる人はブログではなくてnoteを書いてみてください。

  • Twitterで1,000人以上フォロワーがいる
  • もしくはTwitterのフォロワーを伸ばしていきたい
  • SEOライティングってよく分からない
  • 共感されるような文章を書くのは得意!
  • インフルエンサーになりたい
  • 収益よりもファン作りを優先させたい
  • 文章が好きだ

半数以上当てはまる人はブログよりもnoteの執筆を優先してみると良いでしょう。

ブログとnoteに同じ記事をアップしても良いの?

note ブログ 同じ記事
ここもよく聞かれる質問なのでこちらの記事で回答をしておこうと思います。

一般的にweb上に重複するコンテンツをアップすることは避けるべきですが、それが直ちにペナルティになるわけではなりません。

通常同一コンテンツが複数URL、複数ドメインにまたがって登録されている場合、どちらか一方がGoogleにインデックスされるような形になります。

ただ重複するコンテンツが不正にSEOランクを操作するものとGoogleに見なされた場合にはペナルティの対象となりますので、ブログ側で重複コンテンツについてはno indexの処理をかけて、Googleへのインデックスを意図的に止めるように設定をしておくのが無難です。

SEO目的で情報提供をするならブログ、ファン作りでソーシャルの文脈でコラムを書くならnote

ここまでいろいろと書いてきましたが、結論としてはブログはSEO目的でキーワードベースで記事を書いていくのが良いでしょう

そうなると必然的に情報提供、悩み解決型のコンテンツはブログの方で上げていく流れになるかと思います。

一方noteではやはりソーシャルの文脈が非常に強いので、検索はされないけど、共感を呼ぶようなSNS内ではちょっと長文になってしまって書ききれないコンテンツを上げていくのが良いでしょう

SNSの延長でファン化を目的とした記事はnoteで書くという棲み分けで良いですね。

LINELP