【中国輸入】OEMで売れる商品を仕入れる方法と転売からの思考シフト

みなさん、こんにちは。
真下海斗です。

本日はOEMで輸入ビジネスを検討している方に向けて、
売れる商品・儲かる商品を探すために
抑えておくべきポイントについてまとめていきたいと思います。

そもそもなぜOEMが必要なのか?
というところから考えていき、
最終的にコスト計算の部分まで言及をしていこうと思います。

Amazon転売の限界

Amazon 転売 限界
この記事を読んでくれている人の中で、
Amazon転売を実践している、あるいは実践していた、検討している、
という人は比較的多いのではないかと思います。

なぜなら転売ビジネスは比較的取り組みやすいモデルであることから、
多くの個人の方が取り組むまでに至った、
いわゆる副業の代表格のようなところがあります。

そして転売というと、
Amazonで販売をするモデルが一般的かと思いますが、
「Amazon転売の限界」ということが叫ばれてから久しいです。

なぜAmazon転売は限界だと言われているのでしょうか。

その理由は2つあると考えております。

出品規制の強化

「Amazon販売がキツイ・・・」

こう考える人の多くは「出品規制」の問題に直面しているのではないでしょうか。
出品規制とはAmazon側で出品の規制をかけることにより、
誰もが好きな商品を出品することが出来なくなってしまった。

という規制です。

なぜ出品規制が強化されたかというと、
EC市場の存在感が非常に強まり、誰でもメーカー商品を出品することができるようになったという背景から、

価格下落

この問題に多くのメーカーが頭を悩ませる結果となりました。

実際に私自身も多くのメーカー様とお話しするようになってから、
この問題を深く考えるようになりましたが、
メーカーにとっては「価格下落=ブランド価値の喪失」であり、
Amazonでの販売を控えようという動きが強まっています。

事実メーカー様と交渉するなかで、
Amazonでは販売しないでください。
ECでは販売しないでください。

と言われるケースも非常に増えてきています。

真贋調査によるアカウントサスペンド

2つ目の理由としてはアカウントサスペンドの問題があるでしょう。
これもメーカー、あるいは代理店からの指摘によるものですが、
正規商流で仕入れないいわゆる「転売プレイヤー」を排除しようとする動きの一環です。

Amazonとしても無責任な出品者を排除したいという思惑もあり、
またメーカー保証も適用されない
いわゆる並行輸入や2次流通的な個人からの出品に対しては厳しい目を向けています。

メーカーや、代理店、卸業者からの納品書などの提出をすることができないと、
そのままアカウント閉鎖という事態に追い込まれ、
その後の販売ができないという状況になってしまいます。

脱・転売の必要性

上記のような流れを踏まえて、
私自身としてはこれ以上転売だけでしか収益を作れない
個人プレイヤーはどんどん死んでいくと考えています。

ということで「脱・転売」ということを掲げて
今後生き残る上での対策をお伝えしていこうと思います。

この辺りは以前に動画でもお話しをしておりますので、
よろしければご覧ください。

動画の中では

  1. 自社プラットフォームの構築
  2. プライベートブランドの構築
  3. 正規商流での仕入先確保
  4. 中古品販売

この4つを今後の対策として語らせて頂きましたが、
今回の記事では「プライベートブランドの構築」
いわゆるOEMによる輸入ビジネスの可能性についてお話しをしていきます。

OEMの仕入先とは

OEM 仕入れ先
そもそもOEMとは自分自身がメーカーとなって、
商品を販売していくビジネスモデルで、
OEM自体は生産委託のことを指します。

つまりOEMとは
「自前で工場とか持つのキツイし、生産は工場にお任せして、出来上がった商品は自分の商品ということで販売しよう!」

という発想から生まれたビジネスですね。
なおかつ中国輸入の文脈で語られるOEMは
すでに商品自体は出来上がっていて、
そこにマイナーチェンジを加えることで比較的簡単にプライベートブランドの商品を作ることが出来てしまいます。

そういう意味では完成品を輸入して販売するモデルと大差はないように感じます。

OEMの全体概要についてはこちらの記事でも詳しく解説をしておりますので、
OEMってそもそもなんぞや?
という方はこちらの記事をご覧ください。

中国輸入OEMで事業レベルの利益を生み出す方法と成功のコツをご紹介!

その上でOEMで商品の仕入先となりうるのは

  • アリババ(1688.com)
  • 展示会
  • メーカーへ直接コンタクト

この辺りになってくると思います。

アリババであれば中国輸入転売を実践している方からすると、
非常に馴染み深いプラットフォームですよね。

本格的に輸入する前に小ロットでテスト販売などを行うこともできますが、
デメリットとしてはOEMのオーダーをPC越しで簡単に実践することができる点と儲かる商品にOEMのオーダーが集中してしまいますので、
真似をされてしまうリスクが非常に高いというところです。

一方で展示会での商談はプラットフォーム仕入れではありませんので、
真似されるリスクは非常に低いと言えるでしょう。
しかし実際に海外の展示会に出ていくなどしなくてはならないので、
手間という面で見ると少しハードルが上がるかと思います。

またメーカーへ直接コンタクトする方法ですが、
現在はAmazonなどで中国系のメーカーが非常に多く出品をしているので、
そこからHPなどを参照して直接コンタクトするという手順です。

レスポンスが来る確率は多少低くなりますので、
アプローチ数として担保していかなくてはいけないですが、
本格的な商談へ持ち込むことができれば強力な差別化となるかと思います。

OEMで輸入ビジネスをする上で考えるべきポイントは?

OEM ポイント コツ
OEMでの輸入販売と通常の転売と異なる点は、
価格面以外での差別化要素を考えるということです。

転売の場合には小ロットでの仕入れ、
あるいは無在庫型で販売をしている人もいるかもしれませんが、
ある程度数で勝負することができるので、
1つの商品にかかる比重はそこまで重くありません。

つまり1つの商品が売れなくなっても他の商品でカバーができるという構図ですし、
新たに商品を仕入れするハードルも非常に低いです。

一方でOEMの場合にはある程度ロット数を確保しないと生産に入れないため、
1つの商品にかかる比重は比較的重いものになります。

少数の商品ラインナップを長く販売していくという考え方へシフトしていく必要があります。

その上でOEMの仕入れと販売では以下の点で他社との差別化を施すと良いでしょう。

  • 機能性での差別化
  • デザイン面での差別化
  • 広告を軸にした販売戦略

転売でよく見られがちな価格競争に巻き込まれてしまいますと、
やはり消耗戦になります。

そのためには仕入れの段階では
価格以外で勝負できるポイントをしっかりと見極めて商品選定を行うと良いでしょう。

例えばこちらの商品。
デザインがスマートなデスクライトはAmazonで検索するだけで、
50,000件以上商品がヒットします。

Amazon OEM 商品

ここの商品群で勝つためには

・機能性
・デザイン

などでプラスアルファの価値が自社商品にあるのか?
という点を見ていかなくてはいけません。

私自身も以前展示会でQi規格のワイヤレス充電が可能なデスクライトを発見して仕入れ検討を行いましたが、
残念ながらワイヤレス充電が可能なデスクライトは今やスタンダードらしく、
仕入れを断念したということもありました。

そんななかでも特に売れているのは
トップユーチューバーのヒカキンさんが紹介したこちらのデスクライト。

ヒカキン デスクライト

デザインや機能面というよりも
広告宣伝で勝ち抜いている好例かと思います。

またその他のメディアでも多く取り上げられていて、
広報力で差別化が出来ているなーと感じた商品でもあります。

必要経費についても考えよう

またOEMで輸入販売を行うにあたっては
単純に仕入額以外のコストも考えていかなくてはいけません。

送料や、認証取得費用、そして広告宣伝費用などなど・・。

詳しくはこちらの動画で解説を行っておりますので、
よろしければご覧くださいね!

まとめ

OEMでの販売形態に切り替えていくということは
超えなければいけないハードルもたくさんありますが、
それは他との差別化がしっかりできるという意味でもあります。

やはり誰でもできることをやるのは
最初は良いかもしれません。

しかしそればかりやっていると瞬間風速的に稼ぐことはできるかもしれませんが、
稼ぎ続けるということは難しいでしょう。

もちろん転売ビジネスを否定するわけではありませんが、
徐々にビジネスのフィールドを上げていくということは考えたほうが良いかもしれませんね!

1 個のコメント

  • 記事ありがとうございます!

    OEMは転売の先の代表的なビジネスだと思うので、まとめて頂きとても勉強になります。

    ジャンルを含めた商品選別、
    機能性、デザイン、広告など差別化できる
    ポイントはいくつもあるからこそ経験や知識を
    フル活用していかないと一筋縄ではいかないだろうなと思いました。

    OEM販売を見越して
    今のうちに転売ビジネスで
    売れるジャンル、知識や経験値、回転率や
    相場感などの基礎スキルを徹底的に
    養って行きたいと思います。

    引き続きよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です