【自己投資が大事である理由】「何者」でもないあなたへ贈る言葉

自己投資

自己投資と聞いてあなたはどんなイメージを持たれるでしょうか?

投資と聞くとちょっと怪しい?
よくわからない?
なんとなく大事なのはわかるけど・・・

もちろん人によって様々な意見や、イメージを持たれていると思います。

結論から言ってしまうと、
僕は最も費用対効果の高い投資は自己投資であると考えてますし、
これまで軽く500万以上は何かしらのビジネススクールや、
コンサルに自己負担で投資をしていますが、
全てきっちりペイしてますし、もちろんそれ以上に回収させてもらっています。

そんな経験も踏まえて自己投資の重要性について
今日はお話ししていこうと思います。

特に今「何者」でもないあなたへ向けて、
どうすれば「何者」かになれるのか。

この辺りも併せて僕自身の考えをお話ししていきたいと思います!

お金には3種類の使い道がある

よく聞く話だとは思いますが、お金の使い道は3種に大別することができます。

消費:欲求を満たすために財・サービス(商品)を消耗することを指す。資源を使用することでもある。生産の反意語です。
お金を稼ぐには消費ではなくて生産側に回れと言われるのはここから来ていて、多くの生産活動が人の消費活動をターゲットにして行われています。
Ex: 食費、家賃、日用品の買い物

浪費:生活上必要以上のモノなどへお金を使うこと。ギャンブルや付き合いでの飲み会など行き過ぎた消費をイメージしてもらえれば良いと思います。

投資:リターンが見込める対象へお金を使うこと。株式投資や不動産投資が有名ですが、自分自身のスキルアップのための出費や人脈形成への出費も投資と捉えられる。

お金持ちになるためには入ってくるお金の総量>消費・浪費という形を毎月作れれば良いわけです。
とてもシンプルですね。
そこで多くの人は収入が固定化されていますから、
消費浪費の総額を減らして我慢の節約へ意識が向かいます。

もちろんそれでもいい訳なんですが、
入ってくるお金の総量を増やすことに意識を向ける方がよっぽど建設的だとは思いませんか?

いくら消費や浪費を抑えるといっても、人はその場に存在するだけでコストがかかっているので限界はあります。

そもそも入ってくるお金が固定化されている状態だと、
根本的な解決になっていません。
構造的な問題は引き続きそこに横たわっているわけなので、
お金がない状態は変わりません。

そこで必要になるのが投資へいかにあなたお金や時間を配分するかという話です。
そもそも収入を上げていこうと考えると多くの人は今いる会社でどうやって給料を上げてもらうか、
いかに出世していくかということを考えると思います。

もちろんそれも一つの手段ではあると思いますが、
世の中には収入の総額を上げる方法などいくらでもあります。

あなたはそれを知っていますか?

・・・知らないからこそ
「投資」が必要なんですよね。

その知識を得るためにあなたのお金を使うのです。

投資が先で消費は後

これは僕が最も強く意識している言葉の1つです。

そういえば最近読んだ本の中でもそんな言葉が書かれていましたね。

成功法則の1つとしてはあまりにも有名な考え方ですが、
消費を先行させていてはいつまでたってもあなたは変わることができません。

コップの水を飲む人は富裕層になれないとはよく聞く言葉ですが、
まさにその通りだなと思います。

参照: 「コップの水」を飲む人は、富裕層になれない – President Online

コップの水を飲むのではなく、コップから溢れてきた水を飲むべきなんですね。
水があふれるまではコップの中のお水(=あなたのお金)、
そして最も価値の高いあなた自身の時間をどうやって使っていくのかを考える、
このことこそが「戦略」の本質であると考えています。

自分自身のお金と時間をどのように配分するかが戦略

先にもお話しした通り、
僕の中での「戦略」の定義は自社、自身のリソースをどのように配分して、
最大化を図っていくかを考える作業にあると考えています。

あなたは以下のようなお金、時間の使い方をしていませんか?

・付き合いでいく飲み会
・生産性のない無駄話
・特に目的もなくTVを眺め続ける
・単なる娯楽目的でスマホでネットサーフィン
・Youtube
・車の購入
・ギャンブル
・娯楽や遊びなど

基本的に遊びや娯楽関連は消費活動/浪費活動の典型ですし、
あなた自身の時間を奪おうとしてテレビ局やYoutuberたちは頑張って生産活動を行っているわけです。

その辺りの経済活動の原理原則をわかっていないと、
あなたはいつまでも搾取される側です。

マーケティングの考え方でいかに生活者の時間を奪うかというものがあります。
当然彼らは計算しつくしてサービス等の設計を行っているわけなので、
無思考の人は無条件にあなたの大事なリソースを相手に提供する構図が出来上がるわけです。

自己投資が最大にレバレッジの効く投資である理由

ここでお金と時間の使い方を見直しましょうね。
という話になるわけですが、オススメなのは消費を後回しにして
「自己投資」にあなた自身の時間とお金というリソースを振ってほしいわけです。

投資の神様と評されたウォーレン・バフェット氏も最も費用対効果の高い投資対象は自分自身であると語っています。

参照: バフェットから全ての投資家へのアドバイス、究極の投資先は「自分」 – Forbes JAPAN

なぜか?

例えば金融商品に投資をした場合。
自分とは関係のない外的要因で投資対象の価値が下落してしまう可能性があります。

またビジネスを立ち上げてその初期費用として投資をしたとします。
わかりやすいのがアパレルの在庫商品などでしょうか。

万が一そのアパレルのお店が潰れてしまったら在庫は全て処分です。
つまり全て無駄になってしまいます。

もちろんそうならないように投資対象の目利きの精度を高めていくわけなんですけどね。

一方自己投資はどうでしょうか?
自己投資は自分自身の経験や、知識に対しての投資です。

これって死ぬまでなくなったり、価値が下がったり、
奪われたりすることがないんですよね。

つまり一度投資した自分への知識や経験はあなたが死ぬまでずっと仕事をしてくれます。
これってレバレッジの効き具合すごいですよね。

しかも外的要因でなくなったりもしません。
あるとすればあなた自身が死ぬときだけです。

ここまで整理してみると自己投資を惜しむ理由など見当たらないのかなとは思っています。

多くの人が自己投資に踏み切れない理由

自己投資へのためらい
ここまで説明をしていくとある程度自己投資の重要性も理解して頂けたのかなとは思いますが、
それでもいざ自分自身のお金を差し出すとなると、
躊躇する人もとても多いとおもいます。

その理由は、多くの人は消費に慣れてしまっているので、
すぐに快楽やリターンがないと耐えられないんですね。

一見、意味があるかわからない、
リターンが得られるかわからない。

一方で消費はお金を出してすぐにわかりやすいリターンがあります。
例えば、物を買う、食事をする、サービスを受ける。

ほとんどすべての消費に快楽が伴います。

だからこそほとんどの人が消費を後回しにして、
投資を先に持ってくることが出来ないです。

でも『ほとんどの人』側にいて、人と違うことを成し遂げることは無理だと断言してもいいでしょう。
他の人と違うことをするからこそ、
人とは違う結果を得ることが出来るようになります。

時間の浪費に人は無頓着

また別の観点で時間の投資というところも着目した方が良いです。
自己投資にはお金だけでなく、自分の時間をそこに使うという意味合いも含まれます。

ただ多くの人はこの時間に対しての感覚が鈍すぎます。
平気で時間を浪費しますし、時間がかけがえないものであると理解してません。

あなたの余命が仮に来月までとしたらどうでしょうか?
きっと1日1日を大事に生きるのではないでしょうか?

時間=命
そのものです。

人生は有限であるということを意識しないのは、
「死」への概念が希薄化しているからだと思っています。

もっと人生の終わりを意識して普段の生活を送ってみると、
今日1日にコミットすることができるのでオススメです。

自己投資の例

それでは分かりやすく自己投資の例をあげていこうとおもいます。
ちょっとこれまでの話は抽象度が高かったので、
より具体的なお話をここではしたいとおもいます。

書籍

本屋などに行って書籍を購入することはわかりやすい自己投資の一例です。
自分自身の知識への投資ですね。
しかも価格もそこまで高くないので、まずはここから始めてみるのが良いのではないでしょうか。

資格取得

資格取得も一般的な自己投資とされています。
ただ資格取得が目的になって、その先のビジョンを描くことをしないまま、
走っている人が散見されます。
資格取得をすることによってどのようにあなた自身の今の人生にプラスになるかをしっかりと見据えることが大事になるでしょう。

英会話スクール

最近はマンツーマンの英会話スクールや、
ライザップの参入により注目度が高まっている英会話ですが、
こちらも自身のスキルアップを図るという意味においては自己投資の位置付けで語っても良さそうです。
海外でビジネスを展開する機会も増えますので、
よりあなたのビジネスを加速させるスキルとなるでしょう。

プログラミングスクール

最近ではTechCampなどの登場や、プログラミングの義務教育化などで、
一層注目が集まっているIT関連のスキルです。
確かにこれだけWebサービスやアプリサービスで起業をする人が増えている状況があるので、
サービスやモノを実際に起業家が作ることができるのは大きなメリットになります。

ネットビジネススクール

プロブロガー、Youtuber、FXトレーダー、アフィリエイター、情報発信全般などITの進化とともに個人で稼ぐことのできるネットビジネスの業界も発展をしてきています。

もちろんインターネットの知識などが必要になりますので、
インターネットの知識や個人で稼ぐスキルを身につけるという観点ではリターンも早いので、再現性も高いです。
私が現状最もおすすめする投資先です。

個人コンサル

インターネットビジネスではスクール形式ではなく、
個人コンサルという形態でサービスを展開している方も多くいらっしゃいます。

マンツーマンになるので、高い期待値が見込めます。
ここは進学塾や英会話スクールなどと同じ原理ですね。
もちろん個人間のやりとりで相性もあるので、フィーリングで選ぶのも大事です。

投資は痛みが伴う、だがそれがいい

ここはぜひ理解してもらいたいのですが、
投資は先に時間やお金を使うので、いざやってみるとなると痛みが伴います。

僕も1回300万円のコンサルを受けた時には胃がキリキリする思いでした。

ただそれがいいんです。

人はそれだけのお金と時間を投資すると本気になれます。
中途半端にやるよりかはとことんやった方が期待値は高くなります。

300万円も払ってしまったら、
「まあいっか」では済まされません。

回収できるまで諦めずにやり続けます。

その本気にさせる環境を作ることが非常に大事です。
逃げられない状況にしてしまうということです。

特にサボりぐせのある人にはおすすめというか、
自分自身の意思ではどうにもならないので、気合いでどうにかするのではなく、
仕組みとしてやらざるをえない環境を作ってしまった方がはるかに成功確率は高いと思います。

自分自身に先行投資をすることによって、その後の人生のステージも大きく変わることになります。
冒頭の話に戻りますが、「何者」でもないあなたが、「何者」かになるためには、
消費を繰り返している場合ではありません。

変わっていかないといけないのです。
変化を起こしてください。

そのためには自分自身のリソースをフルで投下して、
ステージを上げてしまうことをオススメします。

特に何もない初めのステージであれば、全額自己投資にベットしても良いとすら思っています。

使えきれないくらいお金が入ってくるようになってから、
消費や浪費する方が精神的にも楽ですよ。

LINELP

1 個のコメント

  • 今日のセミナー楽しみにしています。

    ブログ記事の感想ですが、ここに書いたらプレゼントいただけるのでしょうか?
    〈感想〉
    自分への投資が非常に重要なのはよく理解できます。
    ただ、ネットビジネス初心者には、どの教材、または誰のコンサルに投資すればよいか、がわからないので不安ですよね。
    たまたま信用できる方の商材に出会えた人はラッキーですが、高い金額で詐欺商材を買ってしまうケースも多いと聞きます。
    私も40万円で買ったノウハウで、その通りにやっても全く稼げなかったことがあります。
    ただ、そこから学んだことも多いので、私にとってはいい勉強になったと思います。
    今では、いつか絶対に稼げるようになって、『そんなこともあったなぁ。』と笑い話にできるように頑張ろうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です