【神話崩壊】マーケティングが課された役割を考えてみよう

マーケティング 役割

Kaiです。

マーケティングと聞くと皆さんは何を思い浮かべますか?

  • 市場の創造・顧客の創造
  • 営業を不要にする活動
  • 価格戦略
  • プロモーション・顧客とのコミュニケーション
  • LTVの最大化

などなど。

マーケティングという用語は
実に幅広い役割が課されているとは思いませんか?

と言うよりもなんでもかんでもマーケティング活動の中に
含まれそうな気がしていて、
もはや何がなんだかわからない。

という声も聞こえてきそうです。

事実、私もマーケティングとは何?

と聞かれると「営業を不要にする活動」と答えていたので、

イマイチその実態を捉えきれていなかったんじゃないかなって

思っています。

困った時にはGoogle先生に聞いてみようということで、
「マーケティングとは」とググってみると、
一番上に来たのはWikipediaでした。笑

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。(Wikipedia引用)

 

ふむふむ・・・・。

つまり企業の売上を上げるための活動全てを指すのか?

とすら思えるくらい読めば読むほどわからないですよね。

そこで今回は改めて
「マーケティング」が課されている役割を
紐解いていきたいと思います。

知らないことは存在しないことと同義

結論からお話しすると、
マーケティングとは生活者に自社コンテンツを「知ってもらう」活動に他ならないと思っています。

昨日の記事でも私はこのようなことを書かせて頂きました。

これはどんなビジネスでもそうなんだけど、
せっかく良い商品、素晴らしいサービスを作ったとしても、
それが顧客に届かなければ全くの無価値。

収益は0ですよね。

ビジネスにおけるコンテンツと、
それを顧客に届ける、そして伝えるというコミュニケーションは
切り分けて考えられるべきです。

さらに言うとコンテンツを届けるのは
マーケティングのお仕事。

コンテンツの持つ価値を100%伝えるというのは
まさにコミュニケーション、
つまりセールスのお仕事になってくるわけです。

【書く技術・話す技術】小手先ばかりのコピーライティング

 

 

つまり

  • コンテンツを「届ける(=認知してもらう)」活動をマーケティングの分野
  • コンテンツに「共感して心が動き、行動を促す」までの活動をセールス・コピーライティングの分野

 

このように理解をしました。

先の記事でも書かせて頂きましたが、

どんなに素晴らしいコンテンツや商品・サービスを生み出したとしても、

そこに気付いてもらわなければ

それは「存在しない」ことと同義になるわけです。

私がここでブログの記事を書いたり、

YouTubeで動画撮影をしてそれをアップしたりする活動は

一種のマーケティングの活動なのかもしれません。

私の場合にはブログの中で、
特定のコンテンツや商品を販売しているわけではないのですが、

「Kai」という存在を世の中に表明するための
活動をしている言い換えられると考えています。

知られなければ「存在しない」と同じなのです。

つまり発信活動はまさに自分のいう人間が

「ここに存在してるぞ」と世の中に対して表明する作業、

存在意義の再確認とでも言えるような気がしています。

マーケティングは始まりのキッカケ

その文脈でマーケティング活動を見てみると、
「キッカケ作り」と言い換えることも出来そうです。

つまり私自身の例でいうと、
発信活動を通じて
「顧客とのコミュニケーションの始まりのキッカケ作り」をしているわけです。

こうして見てみると
「情報発信」とはキッカケ作りであり、
存在の証明であると言えるでしょう。

そこから顧客との関係がスタートしていくわけですが、
発信されたコンテンツや商品・サービスが魅力的でなければ
顧客とのコミュニケーションは1回こっきりで終わってしまいます。

ここは完全にコピーライティングの役割です。

決してあってはいけませんが、
「本当は価値のない商品」があったとしても
コピーの力でそれを燦然と輝く素晴らしい商品に“見せかける”ことは出来るわけです。

繰り返しますが、
こんなことはあってはいけません。
あくまで例として極論を述べているだけです。

往々にして顧客との接点作りとコミュニケーションが
ごっちゃに考えられがちな気がしていて、

特にインターネットビジネスの場合には
その傾向が顕著ですけど。

だからこそ一度整理をした方が、
ビジネス活動においては自社の強化すべきポイントが
クリアになると考えています。

課題と打ち手が明確になるということですね。

マーケティングの神話崩壊 〜認知のその先〜

ここまで整理して考えると、
マーケティングはあくまで「キッカケ作り」なので、
重要度というか難易度はそこまで高くないということに
気付くはずです。

これまでマーケティングというと
それこそ論文が山ほど出てくるくらい
難しいものとして捉えられていましたが、
実はもっとシンプルであったと。

そこで重要性が増してくるのが、何度も登場してきていますが、
「顧客とのコミュニケーション」
ですよね。

つまり認知のその先のフェーズです。

顧客に自分あるいは自社のことを知ってもらうだけでは意味がなくて、

そこに顧客を動かす力が働かないと何も生まれませんよね?

ここで「顧客を動かす」ということを少し考えてみたいと思います。

わかりやすい例でいうと、

  • 何か商品を買ってもらう
  • サービスを使ってみる
  • 無料体験に申し込みをしてみる
  • メールマガジンに登録する

こんなところでしょうか。

もっと本質的なことを言うと心が動いた瞬間に
人間は上記のような行動をとりますね。

心が動くということがキーポイントになりそうな気配ですが、
人の心を動かすというのはとっても難しいですよね。

そう簡単に人の心を動かすことが出来たら
ビジネス展開はもっと簡単になりそうです。

この時に考えて欲しいのは

「自分事化させる」ということです。

「マーケティングはいかに顧客に自分事として捉えさせるか」

みたいな話は世間一般にも浸透している話です。

この記事では
マーケティングとは「認知拡大」という定義としたので、
完全一致ではないですが、
一般論としてはよく聞く話です。

「自分事にさせろ」というのはこの記事を読んでくれているあなたも
きっと聞いたことくらいはあると思います。

自分事になる瞬間って?

これは私なりの理解ではなりますが、
「実感が伴った時」
かなと思っています。

  • 英会話教室に入るのも「英語が話せる自分が想像できたから」
  • ダイエットサプリも「少しでも痩せている自分がイメージできたから」
  • 化粧品も「モデルさんみたいに綺麗になるイメージが少し湧いたから」

 

もちろん人間はイメージで捉えて、
イメージで判断する生き物なので、
確信めいて「出来る」という実感ではないと思います。

「なんとなーく理想の方向に向かっていきそう」

こんな表現が正しいかと思います。

ダイエットサプリでも化粧品でも、
健康食品でも、英会話教室でも、音楽教室でも

その商品やサービスを通じて
少しでも良くなる自分をイメージさせてあげると良いのかなと思いますね。

この時にやってしまいがちなのが、
商品説明を頑張ってしちゃう人ですね。

商品の仕様とか、含有される成分とかね。

こんなものを語っても意味ありません。

顧客はその商品には全く興味がないんですから。

その商品を通じて“良くなった自分”にしか興味はありません。

だから説明をするのではなくて、
物語として語ってあげるのが効果的なのかなと思いますね。

自分事化できるようなイメージを持ちやすいからです。

その上でテクニックはたくさんあると思いますが、
大前提として上記のようなことを抑えておくことが
まずは必要なのかなと思います。

LINELP

1 個のコメント

  • いつもありがとうございます!

    マーケティングはお客さんとの接点を作るための
    きっかけでしかなく、その先の本質が大事。

    その前提の上でいかに自分ごととして捉えてもらうか。
    ストーリーを交えて相手に理想の姿をイメージさせることが大事なんですね^_^
    まだまだ概念的なものだけで具体的に落とし込むには実戦が必要だと思うのでまた改めて必要な時に復習したいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です