【せどりで稼げないと思ったら】儲からない人が陥ってしまう3つのポイント!

せどり 稼げない

転売ほど簡単なビジネスはありません。
誰がなんと言おうともここは確固たる自信があります。

はっきり言ってしまうとバカでも稼げてしまいます。

しかしこの記事を見ているということは、

「せどりで稼ぐことが出来ない」

「転売に取り組んでいるけど中々儲からない」

という方が多いとおもいます。

そこで今回はせどり・転売が儲からない!稼げない!
と感じているあなたへ。

なぜ稼げていないのか。

どうしたら儲かるようになるのか。

この辺りをお話ししていこうと思います。

そもそもマインドセットが出来ていない

転売ビジネスは非常に簡単と言いましたが、
あくまでもビジネスです。

当たり前ですが、甘くはありません。
しかし簡単に稼げると思って参入してくる人は、
本当に楽して稼げると思い込んでいます。
まず楽して稼げるビジネスはこの世に存在しませんので、
その考え方を今しがた即刻正してください。

転売ビジネスは確かに簡単ですが、楽して稼げるということはありえません。

大前提として転売をビジネスとして捉えてください。

それができていない人はそもそも土俵にも上がれていない状況です。

ビジネスに取り組む姿勢や考え方がまず最初に問われるわけですが、
私なりに考える稼げない人の考え方の特徴を別記事にてまとめているので、
自分自身当てはまることがないかを自省してみてください。

ネットビジネスで稼げない人に共通する特徴とは?

在庫を持つビジネスは儲からない

せどり 儲からない
次に考えるべきポイントはビジネスモデルの選択です。
転売と一口に言っても様々なビジネスモデルが存在しています。

ネットビジネスに限らず、ビジネスで成功するためには、

・正しいノウハウ
・正しい基準値で努力をする
・正しい指導者

この3つが必要不可欠だと考えています。

私は在庫を持たない無在庫転売を推奨していますが、
在庫を持つせどりのような肉体労働をチョイスしている時点で、
正しいノウハウを実践しているとは言い難いです。

理由は以下の通りです。

・そもそも在庫を持つ=資金力が必要
・不良在庫を残してしまう
・時給労働型のモデルでは資産となるものがない
・在庫は抱えるだけで金がかかる

他にも理由はありますが、
キリがないので4つくらいでとどめておきました。
順に理由を説明していきましょう。

仕入資金1,000万円用意できますか?

まず最初に在庫を持つせどりというビジネスで100万円を稼ごうと思ったとします。

せどりの利益率はせいぜい10%程度なので、
単純計算で仕入資金は100万円に10%を割り戻してあげると
1,000万円の売り上げが必要となる計算になります。

在庫を抱えて販売するわけなので当然仕入を事前に行う必要があります。

900万円の仕入金、約1,000万円の先行投資が必要なわけですが、
あなたは1,000万円のお金を現時点で持っていますか?

しかも上記計算は在庫が全て1か月で売り切れるという前提に立っています。

1,000万円分の在庫を1ヶ月で捌くのは至難の技です。

毎日30万円分売れていかないと達成できません。

しかも1,000万円分の在庫はどこに保管しますか?

保管するだけでも随分とお金がかかりますよね。

このように数字を追いながら考えていくと、
せどりで100万円を月に稼ぐのがいかに難しいかがわかると思います。

不良在庫を抱えてしまう

先ほども書きましたが、
仕入れた在庫を短期間で捌いていくのは至難の技です。

相当リサーチスキルが高くないと成し得ない技です。

では仕入れた在庫が売れなかったらどうなるかというと、
当然手元に残ったまま、不良在庫化してしまいます。

結局不良在庫を捌くためには価格を下げて販売するしかありません。

最悪のケース赤字で販売、もしくは保管料が高くつく場合には
破棄しなくてはならないケースもあります。

企業の倒産で多い理由は何かご存知ですか?
在庫過多による黒字倒産です。

つまり売り上げは立っていて、会計上は黒字であるにも関わらず、
在庫が多すぎて手元にキャッシュが残っていない。

そんな状態で支払いに応じることが出来ないので、
倒産してしまうという、なんとも悲しい結末です。

みなさんお金を稼ぎたくてビジネスをスタートさせているはずですよね。

在庫を抱えるせどりを続けている限り、
永遠に仕入を行わないといけませんので
お金が貯まっていかないのもせどりの特徴の1つです。

時給労働型のモデルでは資産となるものがない

せどりに取り組む多くの人は副業で取り組まれていると思います。

そんな中で時間の確保が課題の1つに挙がるかとは思いますが、
せどりは肉体労働の側面が強いために、稼ぐには多くの時間を要します。

店舗仕入れであれば車を走らせて家電量販店などに向かいますよね?

電脳仕入れであれば多少は時間節約が出来るかもしれませんが、
自宅に荷物が届くのを待っていないといけないので、拘束時間が長くなりがちです。

ここで考えて欲しいのは、
世の中の多くの人が従業員として働いていると思いますが、
従業員として働いている以上、時間給の枠組みで仕事をすることになります。

当然1時間あたりの時間単価を高めることによって年収を上げていくことは可能ですが、
時間給という枠組みで働いていることに変わりありません。

時間労働に時間労働を組み合わせるような副業のチョイスは消耗しかないので、
あまりセンスのある選択とは言い難いです。

時間労働をするのではなくて、
労働の先に資産として残るような資産型のビジネスを選んで、
そこに時間をかけて取り組んでいく必要があります。

在庫は抱えるだけで金がかかる

既出項目ですが改めてこちらで解説していきますね。

意外と見落とされがちな部分ですが、
在庫は抱えているだけで維持費がかかってきます。

例えば倉庫を借りるのであれば倉庫のレンタル料がかかりますよね。

自宅に置くとしても家賃を払っている家の一部分を在庫置場して使用するので、
お金がかかっていることになります。

多くの人は自宅にも在庫を置くことが出てくると思うのですが、
お金だけでなく家に在庫が散乱するとモチベーションまで削がれてしまいます。

また家族がいる方などは反対に遭いやすい理由の一つですよね。

お金的な理由とメンタル的な理由から
在庫を家などで抱えてビジネスを行うことはオススメできません。

せどりは飽和しているのか

せどりが飽和しているかどうかについては別記事に詳しくまとめているので、
こちらをまずはご覧ください。

転売は飽和して稼げないは本当か?ネットビジネス後発組が語るせどりへの参入について

結論からいうと、
せどり自体は飽和しないが、商品ごとの部分飽和はあり得えます。

しかも無思考の人間であればあるほど、市場から淘汰されていきます。

これは周りも見ていてもつくづく実感するポイントです。

また参入のしやすさからいうと、
国内転売はやはり飽和が進んできていると考えています。

どうしても時給労働に低利益率が組み合わさると、
悲惨な結果になってしまいます。

とにかく忙しいけど全く儲からないという状況が生まれてしまいます。

個人貿易で大きく稼げ!

私が普段から提唱しているのは輸入転売や輸出転売など
貿易ビジネスを取り入れてくださいということです。

単純転売からいかに利益を最大化するかを考える際には外せないポイントですし、
事実利益率は2倍にも3倍にも膨れ上がります。

詳しくはこちらの動画で解説を行っています。

動画の中でも解説を行っていますが、
転売ビジネスをいかに資産型のモデルにしていくか、
という点についても解説を行っておりますので、

在庫を持たない×資産型ビジネス

とは一体どのようなモデルなのかをご覧ください。

アカウントサスペンド〜規制強化の波を受けて〜

続いては少し稼ぎが見えてきたにも関わらず、
無情にも訪れるサスペンド問題についてもお話をしていこうと思います。

サスペンドになってしまって一気に収益を落とす方が後を絶たない訳ですが、
それには理由があります。

  • 1販路に依存していて、構造的に収益モデルが不安定
  • ノウハウ不足、サスペンド解除の方法を知らない
  • 収益モデルが不安定

    1販路依存で収益モデル自体が不安定というところは、

    「事前にアカウントが止まってしまったらどうするか」

    という視点が抜けている方に多く見受けられます。

    未来のリスクに対しての危機感が薄すぎます。

    経営者の仕事は将来のリスク分析とその回避方法を実践することです。

    つまるところシミュレーションがしっかりと出来ているかが問われるわけです。

    「今稼げているからいいや。」
    「今なんか順調だし、このまま頑張ろ。」

    などと思っていては非常に危険です。

    常に最悪のケースを想定して対策を施しておく必要があります。

    ノウハウ不足

    こればかりは仕方ありませんが、仕方ないで済ませてしまってはあまりにも脆弱ですよね。

    ノウハウについてはお金を払ってでも買いに行く必要はあると思います。
    アカウントサスペンドは死活問題なので、情報に対してお金を払うという姿勢が非常に大事ですね。

    私でよければ相談にも乗りますので、LINE@からコメント入れてもらえれば。
    もちろん無料でアドバイスさせて頂きますよ。

    友だち追加

    まとめ

    転売ビジネスは、

    ・取り組むノウハウ
    ・正しい基準値で行動する
    ・正しい指導者から教わる

    これさえクリアしていれば誰でも稼げます。

    今回の記事では取り組むべきノウハウをメインにお話しさせて頂きましたが、

    無在庫×輸出入が鉄板です。

    国内で在庫を抱えるせどりは消耗戦でしかありません。

    もちろんせどりも稼ぐことは出来ますし、
    ビジネスの中では非常に簡単な部類に入ります。

    しかし長期的にビジネスとして発展させていきたいのであれば、
    無在庫×輸出入に取り組むべきと考えています。

    より詳しい無在庫転売や、個人貿易のノウハウについて知りたい方は、
    メルマガ登録して頂ければそちらで包み隠さず全てお話ししています。

    宜しければ購読してみてください!

    LINELP