Amazon転売(せどり)初心者の必須科目!モノレートの使い方と見方を完全解説!

モノレート 使い方

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日は転売(せどり)に少し興味がある、
あるいはこれから始めるぞ!という方に向けて記事を書いていこうと思います。

特にAmazonを販路にしてせどりに取り組むという方は必見です!

転売(せどり)で商品を仕入れするかどうかの判断で必要なのは以下の情報です。

・商品の適正価格
(いくらであればその商品が売れていくか)
・商品の回転率
(月に何回その商品は売れるか、あるいはシーズン毎で売れ行きはどう変わっていくか)
・ライバルの数はどうか、またライバル数の推移

上記の情報さえ抑えていれば商品を仕入れたときに
見込み利益とどのタイミングで売り上げが発生して、
売上金として自分の口座に入金されてくるかということが予測できます。

転売(せどり)で利益を出している人は必ずここの情報を抑えていますし、
逆に言うとそこがわからないまま商品を仕入れていくのは非常に危険です。

不良在庫にもなる可能性がありますし、
赤字で販売せざるを得ない状況に追い込まれる可能性もあります。

そこで今回は商品適正価格、回転率、ライバル数を調べることが出来る、
モノレートというツールについて解説をしていこうと思います。

動画でも解説を行っているので、文字を読むのが面倒!という方は
動画で勉強して頂くことも可能です!

そもそもモノレートとは?

転売(せどり)に取り組んでいる人であれば
ほぼ100%で使っていると言っても過言ではない、
マストで活用してもらいたいツールです。

以前はAmashow(アマショウ)という名前でしたが、
今は名称変更していてモノレートという名称になっています。

モノレートとはどんなツールかというと、
Amazonで販売されている商品の商品ランキングと価格推移を
分かりやすく表示してくれるサイトです。

商品リサーチで利益が出る商品を見つけたときに、
現在のAmazon価格が商品の適正価格なのか、
商品の売れ行きはどうなのかを調べることが可能です。

商品の仕入れ判断を行うときに利用必須のツールですね!

モノレートの使い方

それでは具体的にモノレートの使い方を一緒に見ていきましょう。
まずはモノレートを開いてください。

一番上の検索窓に商品名などを打ち込むと対象商品の検索をすることが出来ます。

モノレートでの検索方法は以下の通りです。

・商品名(あるいはキーワード)
・JANコード
・ASINコード
・ISBNコード

私自身はASINコードで商品を検索することが多いですね。

ASINコードとはAmazonが商品管理のために発番してる一意の番号です。

それぞれ商品がASINコードに紐付いているので、
キーワード検索とは異なり必ず一発で商品検索をすることが可能です。

それではまず例として一つ商品を見てみましょう。
商品を検索すると以下のような画面に遷移します。

モノレート 検索結果 

枠で囲っているところに全ての情報が詰まっていると言っても過言ではないので、
順に解説を行っていきますね!

商品のコンディション

Amazonでは新品商品とともに、中古商品の取り扱いもあります。

当然販売価格から商品需要まで異なりますので、
扱う商品が新品なのか、中古かによって切り分けて考える必要があります。

初心者の場合にはまず新品商品から扱うことが多いかもしれませんが、
メルカリの登場により中古商品市場は一気に拡大をしています。

利益率が新品と比較して大きく向上するので、
新品商品の取り扱いに慣れてきたら、中古商品も取り扱うことをオススメします。

最安値

次に見ていくのは最安値です。
ここで表示されているのは現在のAmazonの最安価格です。

安い順に売れていくのは言わずもがなですよね。

転売ビジネスを実践する上で、
自分の商品を最安値で出品していくことを前提として物事を考えていきましょう。

例えば、現在価格が28,980円であれば、
それよりも1円でもいいので安値で出品していくことを前提としてください。

しかし注意点としては現在のAmazon最安値が適正価格であるかとうかがわからないということです。

最安値と販売価格は決してイコールではないです。

なので仕入れ判断や、出品の値付けの際には最安値は参考程度に、
「いくらで出せば売れる見込みがあるのか」ということを考えましょう。

入金

売上金=口座へ入金される金額ではありません。

販売手数料やAmazonFBAの手数料を考えなくてはいけません。

しかしモノレートでは手数料計算を自動で行ってくれますので、
利益計算が非常に楽です。

「設定」という項目をクリックすると「FBA出荷」か「自社出荷」かを選択することができます。

あなたがFBAを活用するかどうかで手数料の金額も変わりますので、
ご自身で設定を行った上で、利益計算などを行ってみてください。

出品者数

ここに関しては単純で現在のライバル数、出品数を新品・中古それぞれ記載をしています。

出品者数が多ければ多いほど価格競争が起きやすく薄利になる傾向があります。

反対に出品者が少なければ独占で販売をすることが出来ますので、
高い利益率を維持することが可能です。

3か月の販売数(販売数/出品者数)

ここは非常に重要な数値なのでちゃんと確認するようにしてください。

ここで表示される数値は指定の期間内に何回販売機会があるかどうかを表しています。

つまり商品の回転率を示す指標になります。

画像では3か月の販売数となっていますが、
モノレートでは期間の設定も行うことができますので、
10日間、1ヶ月間、3ヶ月間、6ヶ月間、12ヶ月間と期間の変更を行うことも可能です。

例えばその商品が1カ月に10回売れた実績があったとして、
出品者数が10人いるのであれば1カ月の販売数は「1」になります。

同じく1ヶ月に10回売れる商品で出品者が1人なのであれば、
1ヶ月の販売数は「10」になります。

期間内に何回売れたか、だけではなく
何人ライバルセラーがいるのかということも加味して回転率は考えていく必要があります。

モノレート各種グラフの見方

モノレート グラフ

それでは次にモノレートでは表示されるグラフが何種類かあるのですが、
それぞれのグラフの見方、及びグラフからどのような情報を取るべきなのか、
ということをお話ししていこうと思います。

最安値グラフ

モノレート 最安値

新品中古それぞれ、過去の価格の推移を確認することができます。

このグラフと商品が売れた時期を重ね合わせると、
いくらで商品の販売がかかったのかという情報を得ることができます。

現在の価格が過去推移を見て高いのか安いのか、
という情報を取ることが可能ですね。

また途中で新品商品のグラフが途切れている部分はその期間では新品商品の取り扱いがないことを意味します。

このグラフを見るに中古商品がメインで取り扱われていて、
新品商品はほとんど取り扱いがされていないことが分かります。

出品者数グラフ

モノレート 出品者数

こちらのグラフでは出品者の増減推移を確認することができます。

こちらの商品では6月から10月にかけて出品者数が増えていることが分かりますが、
現状の出品者の数は落ち着いていることが読み取れます。

出品者のグラフで今後ライバルは増える可能性があるのかどうか、
という情報を取ることが可能になります。

なので過去データから出品者が爆発的に増えたりするのであれば
仕入れを見送ってもいいかもしれませんし、
逆に出品者数が減っていくことがデータから読み取れるのであれば、
仕入れを行ってもライバル不在で販売が出来る可能性があります。

ただニュースに取り上げられる、インフルエンサーに紹介されるなど、
突発的に出品者数が増えることも考えられるので、さらにデータの深堀をするのであれば、
出品者が増えた時期のイベントなどを調べてみるなども有効なアプローチになります。

ランキンググラフ

モノレート ランキング
こちらは過去の商品ランキングの推移を確認することが出来ます。

ここで取得できる情報としては商品の販売がかかった時期です。

画像の丸をつけている部分、グラフが谷になっている部分が
商品が売れた時期を示しています。

これはランキングが上昇したことを表しており、
商品の販売がかかると当然売れ筋ランキングが上昇するので、
売れた時期を特定することが可能です。

このランキンググラフと最安値グラフを照らし合わせることで、
販売価格、つまりは適正の価格を知ることができるというロジックなんですね。

グラフの谷の数が多ければ多いほど売れ筋商品であることが分かりますし、
少なければ少ないほど売れない商品(テール商品)であることが読み取れます。

期間毎の最安値一覧

最後にモノレートのページの下部に表示されている、
期間毎の最安値一覧というグラフについて解説を行っていきます。

これは上記で紹介した最安値グラフと出品者数グラフと
ランキンググラフを一つに組み合わせたものになります。

それぞれの概念はすでにご説明をしている通りですが、
ここで注目して欲しいのは
ランキングが上昇していて、出品者数が減っている部分です。

ここで取得できる情報は売れた商品が新品なのか中古なのかというとものです。

ランキンググラフと最安値グラフを見ることで、
売れた時期と金額までは把握できるのですが、
売れた商品が新品なのか中古なのかというところまでは分かりません。

しかしこちらのグラフを紐解いていくことで新品中古の判断をすることが可能です。

こちらの画像を見てみてください。

赤枠で囲っている上部はランキングが上昇しているので、
販売がかかったことまではわかりますよね。

注目して欲しいのは新品商品の出品者数と中古商品の出品者数です。

新品商品の出品者数に変化はありませんが、
中古商品の出品者数が10から9に減っているのが分かりますよね?

これが意味するところは「4,380円で中古品が11/16に売れた」
ということです。

一方で赤枠の下部は中古出品者数が増えているにもかかわらず、
新品出品者数が減っていることが分かりますよね。

このタイミングでは新品商品が売れたことがわかります。

このようにランキングの上昇とともに出品者数の増減を照らし合わせることで、
新品の販売がかかったのか、あるいは中古品の販売がかかったのかという
データを取ることが可能になります。

モノレートデータから見る仕入れ判断について

転売(せどり)は価格差があっても仕入れてはいけません。
価格差に加えて、回転率を必ず確認しないといけません。

そうしないと仕入れても不良在庫化してしまう可能性を孕むからです。

指標としてはAmazon販売価格と仕入れ価格で価格差があることに加えて、
1ヶ月の販売数(販売回数/出品者数)が「2」以上であれば迷わず仕入れをしてしまって問題ないです。

もちろん新品中古はそれぞれ切り分けて考えてくださいね。

しかし下記のケースでは注意が必要です。

・出品者の数が50以上など出品者が乱立している状態
・Amazon本体が出品している場合
・出品制限がかかっている商品

出品者が乱立している状態

これは完全に価格競争が起きる未来しか待っていませんので、
相乗り出品は避けておく方が無難でしょう。

おそらくあなたも最安値で商品を出しに行くと思いますので、
価格競争を自ら仕掛けている状態に他ありません。

価格差が取れて、販売履歴もあるが、
出品者数が少なければ少ないほど美味しい商品と言えるので、
競争が少ない場所で勝負をしていきましょう。

Amazon本体が出品している場合

Amazon本体が出品しているケースでは利益が取れないことがほとんどだと思いますので、
出品は避けておいたほうが無難です。

Amazonは独自の仕入れルートがあり、
そもそも大企業の資本力に任せて仕入れコストを極限まで抑えているので、
圧倒的な低価格で商品を提供することを実現させています。

個人プレイヤーや小規模事業者が戦う相手としては分が悪すぎますので、
ハナから戦わないほうが無難であるといえるでしょう。

Amazonの出品制限がかかっている

最近ではAmazonの出品規制強化が顕著になってきています。

有名メーカーの商品などは出品許可を取得する必要があります。

なので仕入れたはいいものの、「そもそも販売できないじゃん!」
とならないように、
仕入れる前に出品規制について確認をしておく必要があります。

確認方法としては実際にセラーセントラルから出品画面にアクセスをしてみてください。
規制がかかってなければ問題なく出品できますが、
規制がかかっていれば下記のような画面になるので、特にメーカー品などは仕入れ前に必ず確認をするようにしてください。

モノレートの見方・使い方まとめ

モノレートから取得できるデータとその活用方法を解説させて頂きましたが、
冒頭にお話しした通り、転売(せどり)で必須となるような情報なので、
モノレートの使い方についてはマスターしておきましょう!

慣れてしまえば難しいことは何もないので、
まずは実際の商品を見ながら、実際に売れた価格やその時期、
そしてそれは新品か中古なのか、
この辺りをあなた自身の手を動かしながら見てみることをオススメします。

そしてモノレートの使い方や見方をある程度覚えたら、
少額なもので構いませんので、
実際に仕入れを行ってみると良いかもしれません。

千里の道も一歩からです。
まずは実際に一連の取引を経験してみることが重要なので、
経験値を積む気持ちで失敗しても良いから行動を起こしていくことが必要ですね。

LINELP