【完全版】電脳せどりのリサーチのすべて!儲かる商品を引っこぬくマル秘テク!

電脳せどり リサーチ

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日は電脳せどりの完全版と言っても過言ではないような
記事をぶっこんでいこうと思います。

この記事を読んでいるということは
「電脳せどりに興味あって、少し取り組んでみようかと思っている」

「副業に興味があり、ぶっちゃけ電脳せどりって稼げるか知りたい・・」

「店舗仕入れでのせどりに限界を感じて、電脳仕入れも検討している」

こんな方が多いのではないでしょうか?

結論からお話しすると、電脳せどりで30万円程度を稼ぎ出すことは
非常に簡単です!

しかも店舗せどりと異なり、車や店舗へ仕入れに行く時間なども不要なので、
副業サラリーマンには非常にオススメのノウハウと言えるでしょう。

そんな電脳せどりのリサーチと利益を確保する上で注意した方が良い点などを
本日は解説していこうと思います。

電脳せどりとは? 〜仕入先と販売先について〜

電脳せどりとは
まず電脳せどりとはなんぞや?
というところからお話しをしていきますね。

電脳せどりとはインターネット上で物を安く仕入れてきて、
利益を乗せて販売することを指します。

なので仕入れ先についてはヤフオクやモバオクなどのオークションサイト、
メルカリやラクマなどのフリマアプリ、
そしてヨドバシドットコム、ヤマダウェブコム、オムニ7、HMVオンライン、ヤフーショッピング、楽天市場などのネットショップなどが該当してきます。

電脳せどりの詳しい仕入先について知りたい!
という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

電脳せどりの仕入先を全て暴露!効率仕入れで利益を爆上げする方法を教えます

そして販売先についてですが、
ここはAmazon.co.jp一択でしょう。

なぜなら日本のオンラインショップの中ではAmazonが圧倒的な集客力を誇っているからです。

ビックリするくらい売れていきます。

またAmazonではFBAというサービスを活用することにより、
商品梱包、商品発送や顧客対応などの業務をAmazonに委託することが可能です。

儲かる商品を探して、出品して、在庫の検品をして、梱包発送を行って、顧客対応をしてとせどりでは行わなくてはならない業務がたくさんあります。

全てを1人で行っていてはとてもじゃないですが、時間が足りません。
そこで業務の一部をAmazonへ委託することによって、
大幅に業務の効率化を図ることが可能になります。

またマルチチャネルサービスというものを活用することにより、
Amazonの倉庫に置いている商品をヤフオクやYahoo!ショッピングなどでも併売をかけることが可能になります。

売上向上にも寄与するサービスですので、是非とも活用していきたいものになってきます。

電脳せどりはどんな人にオススメか?

筆者も副業サラリーマン時代に実践をしていましたが、
副業として取り組むのであれば電脳せどりのノウハウは取り組むべきでしょう。

理由は3つあります。

①仕入先を拡大することで取り扱い商品ラインナップが拡大するから
②店舗の閉店時間にも商品リサーチをすることが可能であるから
③PC1台で取り組むことが可能で、隙間時間で実践可能

この辺りかと。
さらに地域差なども飛び越えるので、地方にお住いの方で近くに利益が取れそうな店舗がなかなか見つからない・・・。

という方にも非常にオススメな手法となっております。

電脳せどりのリサーチノウハウ大全!

電脳せどり リサーチ
それでは前置きが少々長くなってしまいましたが、早速電脳せどりのリサーチのコツを解説していきたいと思います!

電脳せどりでも基本は同じです。
Amazonで販売されている価格よりも安い値段で仕入れることが出来るのであれば、それは仕入れ対象として検討をしてみても良いでしょう。

それではどうやってAmazonでの販売価格よりも安い値段で購入できるところを探すのか?
この辺りを順に解説していきます。

ヤフオクでの電脳せどりリサーチ

ヤフオクは非常に強力なリサーチ対象となる仕入先ですが、扱いにくい部分も存在します。

1つ目はヤフオクにて取り扱われている商品は膨大であるということです。
「さあヤフオクで儲かる商品を探すぞ!」
と意気込んでヤフオクの画面を開いてみても、

「どこから手をつけたらよいか分からない・・・。」

なんてことになりかねません。

そんな時に活用して欲しいのは、
セグメンテーション、つまり絞り込みですね。

これはどの転売リサーチ手法にも活用出来る考え方ですが、
膨大にある商品情報からリサーチをする時には、
まず「絞り込み」という作業を行います。

例えば

・キーワードで絞り込んでリサーチをする
・カテゴリごとに絞り込んでリサーチをする
・価格帯ごとに絞り込んでリサーチをする
・メーカー、ブランドごとに絞り込んでリサーチをする
・新品商品、中古商品に絞り込んでリサーチをする

などです。

王道手法としてはAmazonランキングなどから売れ筋商品を確認して、
メーカー名や、ブランド名、商品名などのキーワードをヤフオクに打ち込んだ上で、価格差をリサーチしていくというやりかたです。

その際にAmazonランキングはカテゴリごとに構成されているので、
すべてのジャンルカテゴリを一気に見ていくのでなくて、
1日1カテゴリの様な形で整理をしながらリサーチを進めていくと、
漏れなくダブりなくという形でリサーチを行うことができます。

これはロジカルシンキングの基本「MECE」と呼ばれるビジネスにおいて代表的なフレームワークになります。
どこのビジネスの現場でも活用出来る考え方の枠組みになりますので、
覚えておくと良いでしょう。

ヤフオクリサーチの難しいポイント2つ目は、文字通りオークションサイトであるということです。
つまり「購入したい!仕入れたいぞ!」
と思った時でも「入札」という形になりますので、即購入ということが出来ません。

最終的には入札合戦になってしまって、
利益が取れなくなってしまった・・・。

なんてのはヤフオクリサーチでのあるあるですね。笑

ここでの解決策としては終了時間順に並び替えるということです。

ヤフオク 電脳リサーチ

残り時間というところをクリックすると、
オークション終了時間が近い順に並び替えられます。

また筆者はヤフオクでの出品も行っているのでわかるのですが、
ヤフオクのオークション終了時間は夜19:00〜24:00頃が多いです。
かつ土日を終了日に設定している出品者が多いですね。

なぜなら土日の夜はヤフオクへアクセスする購入者が最も多い時間帯なので、
出品者側もそれを見込んでその時間帯にオークション終了時間を合わせてきます。

このゴールデンタイムに照準を合わせてリサーチをしていくと
オークション残り時間「1分」とか「5分」とかの商品がゴロゴロ出てきます。

そうすると限りなく即決購入に近い入札を入れることができますので、
無駄な入札合戦を回避することが可能です。

またここのゴールデンタイムをあえて外してリサーチするという方法もありますが、
そこはまた別記事にてご紹介させて頂きます。

メルカリでの電脳せどりリサーチ

次にメルカリでの電脳リサーチの方法を見ていきましょう!
ヤフオクと同様商品点数が膨大です。

なのでここでもしっかりセグメンテーションを行っていく必要があります。
絞り込みをして行って情報を整理しながらリサーチを行うことをオススメします。

ヤフオクと異なる点としてはメルカリはフリマアプリですので、
即決購入をすることが可能です。

見つけた商品を即購入することができますので、
仕入れは非常に捗ります。

しかしそうなると当然早い者勝ちの先着競争がし烈になっていきます。

メルカリ仕入れを実践していると、
儲かる商品を見つけてAmazonとの価格差を調べている最中に商品が売却済になってしまった!
なんてことは日常茶飯事です。

スピード勝負になってくることは避けられませんね。

そこで編み出されたのがスワイプリサーチという手法です。

スワイプリサーチ

スワイプリサーチとはメルカリの画面をスワイプすると新着商品が次々と更新されていきますよね?

メルカリ スワイプリサーチ

ここからライバルに刈り取られる前に、
スピード勝負でメルカリで仕入れを行っていくことが可能です。

自分の好きなジャンルや、得意ジャンル、
利益が取れることの多い家電製品ジャンルなど、
様々な商品でこのスワイプ仕入れを実践してみてくださいね!

値引き交渉

メルカリでリサーチを行う上で必須となってくるのは、
「値引き交渉」です。

一見利益の取れなさそうな商品に見えても、
値引き交渉によって利益の出る商品に変えてしまうことが可能です!

フリマアプリでは値引き交渉の文化があり、
(もちろん過度に値引きしすぎるのは良くないですが・・・)
「即決するので少し値引きしてくださいー」と言ったやりとりは頻繁に見かけます。

Amazonでの販売価格と比較した時に若干利益が薄いなーと思っても、
値引き交渉によって利益率を向上させることができるので、
メルカリリサーチの際には是非とも組み合わせて活用してください!

また電脳せどりで活躍するメルカリ仕入れのノウハウを
LINE@読者様に『無料』プレゼントしております!

元々¥19,800で販売していたフリマスナイパーを
2019年版にして復活させましたので、
是非この機会に手に取ってみてくださいね^^

友だち追加

Amazon刈り取りリサーチ

次にAmazon刈り取りリサーチという概念をご紹介していきます。
Amazon刈り取りとはなんぞや?というと
Amazonで仕入れを行って、Amazonで再販を行うことです。

「えっ!?そんなので利益を取ることができるの?」

と思う方もいると思います。

結論から言うと、
Amazon刈り取りでは利益をしっかりと取ることが出来ます。

なぜか?

諸事情により早く売り切りたい出品者や、
単純に値付けが甘い出品者など
相場より安くAmazonに出品されている商品はたくさんあるからです。

例えば以下のような場面は刈り取りを検討しても良い場面です。

・最安値と2番手の価格差が大きいとき
・自己発送をしている業者とFBA納品をしている業者の価格差が大きいとき
・在庫復活の場面

などです。

1つ目のケースでは最安値の商品を刈り取って、
自らが2番手の出品者の少し値下げで値付けを行うことで、
Amazon内での価格差を利用して利益を取ることが可能です。

2つ目のケースでは自己発送を選択している業者は値段を少し安く出しがちです。
そうしないとプライム商品との競争に勝つことができないからです。
自己発送を選択している業者の値付けが甘い場合には、刈り取りを行って自らがFBA納品を行い、自己発送をプライム商品に生まれ変わらせた上で、値付けを行っていきます。

3つ目は品薄の商品は値段が高騰しがちなので、値付けの甘い商品は刈り取って少しでも利益の取れる形で再販を行うことが可能です。

その他ネットショップからの仕入れ

最後にまるっとまとめてしまいましたが、
楽天市場やYahoo!ショッピングなどのネットショップからリサーチを行うことも可能です。

上記で紹介したヤフオクやメルカリなんてものは国内に存在するECサイトのほんの一部に過ぎませんし、
日本国内に流通している商品点数はそれこそ尋常じゃないです。

Amazonとその他ネットショップで価格差がある商品もたくさん存在します。
ここはGooglechromeの拡張機能や市販されているツールなども活用してリサーチを加速させていくことも可能です!

おすすめツール

電脳仕入れツール「セドリオン」
セドリオンは筆者も活用している電脳せどりのリサーチを効率化することのできる非常に秀逸ツールですね。

日本に存在するネットショップをほとんど網羅しており、
Amazonと価格差のある商品を自動で抽出してくれます。

無料お試し期間もあるみたいなので、実際にダウンロードして触ってみると良いと思いますよ!

おすすめ拡張機能

①ショッピングリサーチャー

Amazon上で他社サイトの比較や、価格推移の確認がAmazon上で出来ます。US,JP,IT,FR,UK,DEのアマゾンに対応。さらにヤフーショッピング、ヤフオク、楽天、モノレートにダイレクトに遷移することが可能です。
Amazon、楽天、ヤフーショッピングのサイト上から他のECサイトにダイレクトに遷移することが出来ます。
価格の推移や、JANコードをAmazonにいながら確認することが出来ます。
モノレートや、クローバーサーチの情報等もひとまとめに見ることが出来ます。
さらに、MWS情報を登録すると、各国のAmazonに自己出品登録することも出来ます。
また楽天、Yahoo!ショッピングからもアマゾン、楽天に行き来することが出来ます。
Amazonの買い取り金額も商品ページから確認することが出来ます。

表示している検索結果をCSV形式で出力する機能や、ASINを常時表示する機能も搭載しています。
表示されている商品を一括で50件まで一気にAmashowで確認することも出来ます。

 

②せどり/モノレート対応/在庫数検索 モノサーチ

こちらもショッピングリサーチャー同様、Amazon以外のECサイトにダイレクト遷移ができたり、
各ショッピングサイトの価格を横断検索することが可能です!

他にもたくさん機能を搭載している拡張機能ですので、
下記記事から使用法も含めて参照してみてください!

【最新版】拡張機能で電脳せどりを快適に!モノサーチの使い方まとめ!

ツールなどを活用するとAmazonとの価格差がある商品を自動抽出してくれます。
大幅に時間短縮をすることも可能なので、
さらに利益を伸ばしていきたい!
と感じている方はツールの導入も検討してみると良いでしょう。

回転率について考える 〜この商品は仕入れるべき?

電脳せどり 回転率
さて価格差のある商品を見つけることができるようになったらそれで終わりではありません。

その商品が実際に売れるのかどうか?

ここを見極めていかなくてはいけません。

実はせどりで重要になってくるのは、
価格差(利益)よりも回転率だったりします。

例えば利益10,000万円取れる商材があるとしましょう。
しかしその商品は半年に1回しか売れません。

一方で利益2,000円とれる商材。
この商品は1週間に1回売れる商品です。

あなたはどちらの商品を取り扱うべきでしょうか?

答えは明白ですね。

完全に後者の商品を取り扱うべきです。
基本的に商品を仕入れて販売するという有在庫で転売を行う上では、
価格差よりも回転率を重視すべきです。

なぜなら回転をしない商品は1円にもならないからです。

たとえ価格差のある商品でも一向に売れなければそれは不良在庫と化しますし、
在庫滞留率が長くなってしまうことは資金回転率の観点からマイナスでしかありません。

また個人ビジネスは小資本で戦うケースが多いはずです。

なので大きな仕入れを伴うが、在庫が全く動かないという事態は避けなくてはいけません。

この転売における資金の問題についてはこちらの動画で解説をしております。
よければ参考にしてみてください。

 

 

ではこの回転率をどのように見ていくのか?
モノレートというツールを活用していきます。

 

 

Amazon転売(せどり)初心者の必須科目!モノレートの使い方と見方を完全解説!

ここで商品の価格相場や、1ヶ月にどの程度回転する商品なのか、
季節要因での販売増減などを判断することができます。

基本的には仕入れ判断はモノレートを活用して行っていきます。

電脳せどりリサーチ方法のまとめ

電脳せどり
たっぷりの情報量でお届けしましたが、
まとめますと

順序としては
・価格差のある商品を見つける
・その商品が回転するかどうかを見定める

この2STEPです。
簡単ですね。

この記事でのメインテーマはリサーチ法ですが、
各ECサイトによって若干のテクニックがあったりするものの、
基本的には売れる商品ジャンルやキーワードから絞り込んでいくのが良いでしょう。

有在庫転売においてニーズのない商材を扱うことほど無駄なことはありません。
しっかりと顧客の需要やトレンドを捉えた上で、
商品リサーチを行ってください。

各プラットフォームごとのリサーチ法などはまた次回以降の記事で解説させて頂きますね!

メルマガではブログで公開できないような革新的ノウハウや無料講座などのご案内もありますので、
よければ見てみてくださいね!!

LINELP