転売(せどり)は違法ですか?知らぬ間に犯罪行為に手を染めないための転売法律学!

転売 違法

Kaiです。

初心者やこれから転売(せどり)ビジネスをスタートさせたいという方からよく頂く質問があります。

ビギナー
転売って違法ではないんですか?
ビギナー
転売をやると犯罪行為になってしまいますか?

確かにチケット転売などで逮捕者が出たり、
偽ブランド品を大量に販売してニュースになったりする事例がありますので、
少し勘違いをしてしまうのも無理はありません。

結論からお話しすると、
転売に違法性は全くありません!

問題なのは転売行為そのものではなくて、
私は転売をする人の意識の低さであると考えています。

つまり

・免許が必要なところ無免許でビジネスを行っていた
・故意的に値段を吊り上げて法外の値段で販売をする
・偽物販売を行ってしまう

この辺りはビジネスに取り組んでいるという意識の低さからくるものでしょう。

転売ビジネス自体に欠陥があるわけではありません。

今回はなぜ転売ビジネスが違法と思われてしまうのか?
真っ当に転売(せどり)ビジネスを行うにはどうしたら良いのか?

この辺りを法律的観点も踏まえて解説していきます!

そもそもなぜ転売は犯罪視されてしまうのか?

せどり 違法
先ほどもお話ししましたが、転売(せどり)ビジネスに違法性は全くありません。

そもそも転売を法律で禁止をしてしまうと、
世の中の物品の流通がストップしてしまいますので、
商品の供給が行われなくなってしまいます。

商社がやっている仕事なんかはまさに転売ビジネスそのものですし、
国内の卸業者や〇〇商事という中小企業も行っている事業は転売のビジネスモデルそのものです。

ではなぜ転売という言葉に少し嫌なイメージがついているかというと、
転売を行っている一部の人でビジネスをしているという意識が欠如しているからです。

また迷惑行為を顧みず商品の転売を行っている人たちが存在するからですね。

例えばチケット転売や商品の買い占めを行う業者ですね。

根本として商品の値段を吊り上げて利益を取るという思想が良くないですね。
我々が取り組んでいるビジネスは、

『仕入値を抑えて適正価格で販売して利益を得る』というモデルです。

決して値段を吊り上げて販売するようなことはしていません。

しかし転売を行っている人の中で知らず知らずのうちに違法行為をしてしまっている可能性もあります!
(これもビジネス意識が低いことに端を発していますが・・)

どんな行為が違法性があるものなのかをしっかり確認していきましょう!

違法とされる転売行為とは?

転売 せどり 違法性

古物商を取得せず販売を行う

日本で物を販売するには免許が必要です。

転売に取り組んでいる人の多くが個人から商品を仕入れて、
プラットフォーム上で販売をするという形態を取っているかと思います。

つまり一度人の手に渡ったものなので、中古品としての分類をされる商品ですね。
例えばヤフオクやメルカリで商品を購入してAmazonで販売するなどはまさにそれです。

この場合に継続的に利益を得ることを目的として古物の販売を行うのであれば、
『古物商』の免許を取得する必要があります。

しかしあなたが『新品』商品だけを扱うのであれば古物商の免許取得は不要です。

しかし転売(せどり)ビジネスを行っていると古物を扱う場面が出てくるとは思いますので、
古物商を取得してしまった方が余計なことに気を取られずにビジネスに集中することが出来ますよ。

チケット転売

2017年にライブチケットなどのやりとりを行うことができる
チケットキャンプというサービスが停止になったのは記憶に新しいと思います。

ここで問題視されたのは転売目的でチケットを購入し、
法外の値段まで価格を吊り上げて販売し、利益を得ていた「業者」が多く紛れていたことです。

ミュージシャンなどのクリエイターにもそうですし、
本当にライブなどに行きたい方からすると迷惑行為となりますので、
ほとんどすべての都道府県の迷惑防止条例として禁止にされています。

そのため発覚した際には各自治体が定めた条例に則って処罰を受けることになります。

なので結論としてはチケット転売はしない。

これだけで解決する話ですね。

偽物販売を行う

ここも転売が違法ということではなくて、
扱う商品が問題なだけです。

別に普通にお店を経営していても偽物販売をしたらダメですよね。

それと同じ話なので、本来的に転売と同じ括りで語られるのに違和感を感じます。

しかし転売ビジネスでは一般消費者から商品を仕入れて販売をするというリサイクル業者に近い動きをします。

その際に気付かない間に偽物販売をしてしまっていたというケースが散見されます。

特に国内でハイブランド商品を扱う際には注意が必要です。

いわゆるブランド品転売と呼ばれるもの。

ハイブランド商品は意外に多くの偽物商品が国内で流通をしています。

特にメルカリやヤフオク、Amazonですら「並行輸入品」として偽物商品が出回っているケースがあります。

正規ショップで購入するよりも驚くほどの安値で出回っていることがほとんどなので、
見分けはつくと思いますが、不安な方は鑑定などに出される方がリスクヘッジという意味では妥当でしょう。

お酒などを無免許で販売する

これも先ほどの古物商と構造としては同じですが、
転売がダメなのではなく、無免許で販売することがNGなだけです。

種類を日本で販売するには酒類販売免許という物を取得する必要があります。

無免許で販売してしまうと違法行為となってしまいますし、
実際にオークションでお酒を販売して摘発されたケースも存在します。

その際には1,000本を超える酒類を販売していたので、
かなり大がかりですし大きな利益を得ていたことが予想されます。

『森伊蔵転売』などが有名なので、ヤフオクなどで森伊蔵で検索してみると
意外なほど多くの出品を確認することが出来ますが、
おそらくほとんどの人が酒類販売免許を取得していないでしょう。

もしあなたがお酒を取り扱いたいのであれば、
免許を取得した上で販売を行うことをオススメします。

合法で転売(せどり)ビジネスを行うためには?

転売 合法
転売(せどり)ビジネスで見受けられる違法行為を確認したところで、
どうすればホワイト・合法的に転売ビジネスを行っていくか、というところを確認していきましょう!

古物商の免許を取得する

まず行って頂きたいのが、古物商の免許の取得です。

新品だけを扱うのであれば古物商は不要ですが、
古物の定義をつどつど確認するのも骨の折れる作業ですし、
そこを気にして行動が止まってしまうのであれば、さっと取得してしまった方がお得です。

しかも免許取得といっても古物商は誰でも取得可能な免許ですし、
取得もそこまで難しくありません。

古物商許可証は最寄りの警察署で取得を行ってください。

あなたが東京都にお住まいであれば東京警察署へ、
大阪にお住まいであれば大阪警察署へ連絡をしてください。

流れとしては警察署へ行って必要書類を提出。

その後審査を経て許可証発行です。

必要書類については最寄りの警察署のHPからダウンロードすることが出来ます。

記載内容については警察署へ電話をすれば教えてくれますので、あまり構える必要もありません。

その他に事前に準備をしておくべき書類は

・住民票の写し
・身分証明書
・略歴書
・誓約書
・登記されていないことの証明書

この辺りです。

特に登記されていないことの証明書は
成年被後見人、被保佐人に登記されていないことを示すものです。

古物商の取得要件として誰でも取得できると記載をしましたが、
厳密に言うと成年被後見人、被保佐人は資格取得要件を満たさないことになります。

取得の際にこれらに当てはまらないということを証明する必要がありますので、
こちらは法務局へ行って書類を取り寄せる必要があります。

ホームページから郵送申請を出すことも可能なので、
時間がない方はネット上で手続きを済ませておくと良いでしょう。

また費用については19,800円が申請費用として必要になります。

これからビジネスを始める上での必要経費と考えて支払いを行ってください。

メーカーから商品を仕入れる

少し上級者向けの話。

Amazonなどで販売をしていると稀に真贋調査という名目で、
商品仕入れに係る請求書等の書類の提出を求められます。

これはつまり正規商流の中で商品を仕入れているのか、
ということを確認するものです。

直近でAmazonの規約が変更になり、
ヤフオクやメルカリなど個人から仕入れたものは中古品として出品をしなくてはならないという規約が追加されました。

これを回避するにはメーカーあるいは卸業者から正規商流で商品を仕入れることが必要になります。

メーカーから商品を仕入れることで仕入れが安定しますし、
メーカー保証もつきますのでビジネスの安定感がグッと増していきます。

転売(せどり)で徐々に資金をためることができるようになれば、
ぜひメーカー仕入れにも挑戦してみてください!

偽物販売を行うリスクも排除できるので完全にホワイト、
事業として物販ビジネスに取り組むことができるようになります。

まとめ

今回は転売は果たして違法なのか?というテーマでお話をさせて頂きました。

お話しした通りで転売(せどり)は合法ですし、
立派なビジネスです。

だからこそしっかりと事業を営んでいるという意識を持って転売(せどり)ビジネスに取り組んで頂ければと思います。

必要な免許は取得する、
迷惑になるようなダフ屋行為は行わない、
偽物商品は取り扱わない

この辺りの基本的な項目を押さえておけばまず問題ないでしょう。

転売ビジネスは初心者でも取り組みやすいビジネスです。
問題とされるような行為をしっかりと認識した上で、
真っ当にビジネスを行って頂ければと思います。

LINELP