【ヤフオク無在庫転売】ツールはこれだけ使っとけ!物販ビジネスにおけるツールとの付き合い方

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日はヤフオク無在庫転売についてどのツールを使ったら稼げるのかということをお話ししていこうと思います。
最近ではツールの性能が上がってきていて、私の友人ではついにAI搭載の物販ツールまで開発してしまいました。

これは本当に驚きましたね。物販ツールもここまで来たかという印象です。
私自身もYahoo!やネットショップ特化型のツールを現在開発中なので、リリースまで皆様にも心待ちにして頂ければと思います。

今回の記事では一般的に出回っている市販の無料ツールで私が実際に使っているあるいは使用をオススメしているツールをご紹介していこうと思います。

改めてヤフオク無在庫転売の概要について・・・

詳しくはこちらの記事で細かく解説をしているので参照してもらいたいです。

【ヤフオク無在庫転売】最新版!稼げるまでの具体的なやり方と注意点を全て解説します!

ヤフオク無在庫転売は現時点で最も期待値の高い無在庫転売手法だと確信しています。
理由は2つ。
1つは簡単であり、初月から稼ぎを上げることのできる即金性がある。
2つ目は多くの無在庫転売と異なり、大きく稼ぎを上げることが可能です。

簡単かつ短期的に収益が出るにもかかわらず、ヤフオク単体で100万を狙うことのできる素晴らしいビジネスモデルです。
私自身もヤフオク単体で月に利益で150万円ほど叩き出しています。
初心者こそ取り組んでほしいビジネスであると考えています。

ツールとの付き合い方について

今回ヤフオク無在庫転売における有用なツールを紹介するというテーマで記事を書いているのですが、実はわたし自身ツールをそこまで使っていません。
実はツールを使用することは手放しで賛成はしていないんですね。
なぜかというと

地力がつかないから

正直今はツールに乗っかるだけで稼げてしまいますが、それは刹那です。
もちろんそんなことはどうでもいいから、今まとまった金が欲しいんだよ!という気持ちも分かります。何よりわたし自身がそうでしたから。
ただ、同時に地力をつけて、稼ぎ続ける、安定継続の収益モデルを構築することも同時に意識して頂きたいです。
私のところに相談きてくれれば初月から地力をつけつつ、稼ぎを出す手法を教えることも可能です。
お気軽にご相談ください。

ちなみにツールとの付き合い方について私はあくまで作業の効率化にあると考えています。自分の時間単価を上げるために業務効率化の観点でツールを導入するといった具合です。
「あなたはツールを回すだけで稼げる!」
こんなキャッチコピーに踊らされていてはいつまでたっても稼げるようになりませんよ?
そろそろノウハウコレクターは卒業しませんか?

ちなみに私がツールとの付き合い方についてお話をしている動画があるので、
こちらもぜひご参考にしてください。

リサーチツールは使うな!

最近よくみるツールの機能としてリサーチを自動化するツールですね。Amazonランキングから売れ筋商品を引っ張ってそれをそのままヤフオクへ出品するというものがありますが、はっきり言ってそれはやめた方がいいです。
使っている人に聞いてみたらいいと思いますが、ヤフオク1アカウントのMAXの出品数である3,000品を出して月利5万などと目も当てられない状態になっています。3,000品の在庫管理して月に5万円ですよ?
近所のコンビニでアルバイトしていた方がマシです。

よくある主張として

ツール信者
自動化収益として5万円もあればいいじゃない。あなたは空いた時間で好きな事できるよ?不労所得最高!

こんな事を真顔で言ってるのなら驚愕ですが、3,000品をツールで抜いて自動出品回しても自動収益にはなりません。それは実践してみれば分かります。
なぜなら在庫管理の負担もありますし、ツールで在庫管理をしていたとしても結局ツールのクローラーが回り切らずに赤字や在庫切れのリスクは0にはなりません。出品数を増やすというのはそれ相応の管理コストが乗っかってくることは意識しなくてはなりません。
月に5万円と言ってますが、在庫切れや赤字を含めて考えると下手すると赤字になっている可能性もあります。
お客様との対応にも時間が取られ全く旨みがありません。

そもそもAmazonのランキングから引っ張ってきている時点で無在庫の長所を捉えていません。
無在庫転売において売れ筋の商品を取り扱うメリットは全くありません。管理工数だけが膨れ上がって忙しくなるだけです。

ツール信者
複数アカウントを運用すればいいじゃないか!

もちろん複数アカウントを運用すれば大きく稼げることはありますが、それは1つのアカウントで成功したモデルを横展開してレバレッジを効かせていきましょうという考えに立脚しています。
収益性の悪いアカウントをいくら増やしたところで忙しく薄利で働くことになります。
こんなことは少し頭使って考えればわかることです。
ぜひ私のブログ読者は自分の頭で物事を判断する能力を身につけて頂きたいと願っています。

使うべきツールとは?

さて、本題です。最後の最後に本題かよとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、私がこの記事で一番伝えたかったことはリサーチツールに踊らされないでほしいということなんですね。

ツールだけ使っていて稼げるというのは幻想なので、そこは目を覚ましてもらいたいと願うばかりです。
そこを踏まえた上で、ここでは私が実際に使用している、あるいは使用をおすすめしているツールを2つだけ紹介します。
どれもとても有名なのでツール自体の真新しさはありませんが、一応紹介していこうと思います。

オークタウン

オークタウンはクラウド型のヤフオク一括出品ツールです。
こちらのツールは完全無料で使用することが出来ます。

CSVファイルを使用して一括出品をかけることが出来るのですが、商品画像の管理や配送方法等のパターン設定もオークタウンの方で記憶することができるのでいちいち設定をする必要もありません。

あくまでもリサーチは外注スタッフさんにお任せをして、出品作業はオークタウンで一括で行うという手法が良いでしょう。

AppTool

AppToolもクラウド型のツールになるので、どこからでも作業をすることが出来ます。AppToolでも一括出品をして頂くことは可能なのですが、私がAppToolでオススメしている機能は2つです。
・再出品機能
・顧客対応・評価の一元化

まず再出品ですが、ヤフオクの場合にはオークション期間が終了すると「出品終了分」として取り扱われ、オークションのリストには載ってきません。
自動再出品をヤフオク側で設定をしても20日程度で出品終了となってしまいます。
再度出品するためには1品毎再出品作業を行わなくてはいけないんですね。
ですが、AppToolを使用することによって一括再出品が可能です。私がまさにそうだったんですが、1日かけて再出品をしなくても一括で処理が出来てしまいます。

ただ注意点として在庫管理や価格調整などの機能は当然ついていませんので、その辺りを管理するのであれば外注スタッフさんに入ってもらい作業をお願いするのが良いと思います。

顧客対応についても同様に一括処理が可能です。AppToolのテンプレート機能を利用すれば、取引ナビおよび取引完了後の評価の文章の面倒な入力をすることなく取引を完了させることができます。
一括評価機能で何百件という評価を一瞬で処理が可能です。

まとめ

今回の記事ではツールの紹介ということにとどまらず、収益を上げていくために必要な考えもお伝えさせて頂きました。
安定した収益を上げるということは外部依存度を下げることに他ありません。
可能であればツールも自社開発して欲しいところではありますが、まずは無料で使えるツールは業務効率化の観点で使用していきましょう。
そして収益の肝である、リサーチはしっかり内製で、ノウハウを溜めていくことをお勧めします。

LINELP

1 個のコメント

  • はじめまして。
    ブログの記事を拝見させていただきました。
    副業を考えており、ネットで無在庫転売に関するHPをいくつか見ました。
    副業には以前から興味を持っており、FXやyoutubeなど始めて副収入を稼ごうと思うのですが、毎回それに関するHPを見るだけで疲れてしまい始められずにいる状況です(FXは見よう見まねで始めて2年ほど経ちますが、利益は出ていません)。
    真下さんの記事を拝見して、無在庫転売の始め方ややり方を教えて頂きたく連絡しました。
    よろしくお願い致します。
    現在、東北在住の20代男性です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です