【ヤフオク無在庫転売】最新版!稼げるまでの具体的なやり方と注意点を全て解説します!

ヤフオク無在庫転売は稼げるか

今回はヤフオクを使った無在庫転売の全てを解説していきます。
なぜ私がヤフオク無在庫転売に着目をしているかというと、

圧倒的に稼ぎやすいから

本当にただこの1点に尽きます。

2017年はメルカリ無在庫転売がとても話題になり、その取り組みやすさから実践者が続出しました。
しかし当時メルカリ無在庫に取り組んだ人は今どうなっているかというと
メルカリ大規制の波に飲まれて、ほとんど全員が市場から撤退を余儀なくされています。

そこで注目をされたのがヤフオク無在庫転売なんですね。
メルカリでは業者が全面的に禁止をされていて、業者は徹底的に排除をされますが、ヤフオクでは業者の販売が認められています。
つまり大量出品をすることが可能ですし、公式に認められているんですね。

メルカリと比較し、規制も厳しくなく、ご存知の通り圧倒的なネームバリューと集客力を擁するヤフオクは初心者には非常にオススメのプラットフォームになっています。

ヤフオク無在庫転売の概要

やり方・手法を全公開!

まずはこちらの動画をご覧ください。
これは私がヤフオク無在庫転売で月収30万円を稼ぐまでの道のりを全てお話ししている動画です。

ヤフオク無在庫転売とはAmazonから仕入れてヤフオクで高く販売を行っていく手法になります。

ヤフオクで売れたらAmazonで購入、ヤフオクのお客様へ直送する手法です。
そこで生まれた差益があなたの利益になります。

やることはとても簡単、いたってシンプルです。

①Amazonに取り扱いがあって、ヤフオクで売れている商品を探す
②ヤフオクで出品を行う
③売れたらAmazonで購入、お客様へお届けする。

以上、3Stepです。

Amazonで売れている商品はAmazonランキングでも探すことができますし、ヤフオクでの落札履歴も確認することができます。

中国輸入や、輸出ビジネスとは異なり、国内の普段使い慣れている2つの販路のみでビジネスが成立してしまいます。

そして無在庫販売が可能なので、上記3Stepを見て頂ければお分かりになるかと思いますが、商品が売れてから仕入れを行うので、ノーリスクで販売をすることが出来てしまうんですね!

なおかつお客様へ商品を直送することにより、あなたは在庫を見ることなく、まさにPC1台でお仕事が出来てしまいます。

ヤフオク無在庫転売がなぜ成立するか

ここまで読んで少し頭が良い人はきっと不思議に思うことをズバリ言っちゃいますね。

「なぜAmazonで安く買える商品をわざわざヤフオクで買うのだろうか?」

きっとこんな疑問を抱いたかと思います。
この疑問について少しお話をしていきたいと思います。
なぜAmazonで買わないんだろう?と思われた方は普段ネットショッピングをヤフオクではなく、Amazonで購入される方のはずです。
Amazonで商品を買おうと思った時、
あなたは同じ商品の価格をわざわざヤフオクで調べますか?

・・・はい、こういうことなんですね。

ニールセン デジタルの調べによるとYahoo!JAPANを普段使用するユーザー数は6,600万人超。その約半数がヤフオク!のユーザーです。

普段からヤフオクで買い物をしている人はいちいち他のサイトと価格を比較したりはしません。
なぜならTポイントなどポイントを貯めているユーザーもいますし、自ら出品した商品の売上金を使いたいというインセンティブが働くからなんですね。

しかもヤフオク!はYahoo!JAPANが運営するサービスですから、Yahoo!JAPANで商品を検索した時に当然検索結果一覧にヤフオクの検索結果も同時表示されます。
しかも写真まで検索結果一覧に表示されるので、他のサイトではなくヤフオク!やYahoo!ショッピングからモノを買いますよね。

Yahoo!JAPANとしてはユーザーをリピートさせて囲い込みをしたいと考えています。販売にかかる広告宣伝費やサイトの導線もしっかり計算をしています。
つまり、ヤフオク!でモノを出品するということはYahoo!JAPANが考え抜いたその仕組みにタダで乗っかることができるということなんですね!

「普段Yahoo!しか使わないユーザーにAmazonで取り扱っている商品をお届けする」ことがまさにあなたがやろうとしているビジネスの全体像になります。

ヤフオク無在庫転売のメリット

ここまでヤフオク無在庫転売の概要や優位性をお伝えしてきましたが、ここで改めてそのメリットについて書いていきたいと思います。

大量出品が可能である

メルカリでは個人利用が前提となってるので、大量出品をすると一発でアカウントが凍結をされます。1日20品が限界とされています。
一方でヤフオク!では業者利用も認められており、1アカウントで3,000出品までは行って良いされています。
少ない出品数よりも多い出品数の方が売れるのは自明なので、あえて解説はしませんが明らかな優位性があるのがお分かり頂けるかと思います。

入金が早くキャッシュフローが抜群

Amazonなどで転売に取り組んでいる方が頭を悩ませるのは入金サイクル、いわゆるキャッシュフローと呼ばれるものです。
Amazonでは通常入金が2週間のサイクルで行われますが、無在庫販売を行っていると引当金と言って、Amazon側で資金が留保されるケースが後を絶ちません。私も最大3か月間は資金が凍結されてキャッシュアウト寸前までいった経験もあります。
一方でヤフオクではジャパンネット銀行を振込先の口座に指定をしておけば、商品の受け取りがあったタイミングで即時入金が行われます。
しかもそれが土日であっても深夜であっても即時の入金です。
キャッシュフローは特にビジネスの立ち上げ期には意識しなくてはならないポイントです。必ず抑えておきましょう。

利幅が大きい

メルカリ無在庫転売ではメルカリユーザーが20代、30代女性をメインターゲットとしているため、商品単価が安い傾向にあります。
従って取れる利幅も200円とか300円とかそのようなものばかりです。
一方でヤフオク!の場合には40代50代がメインターゲットなので、購買力があり、なおかつ単価の高い商品がよく売れる傾向にあります。
私も実際に大人の男性の趣味で例えば車関係や腕時計関連商品を多く販売してきました。
必然的に取れる利幅が2,000円3,000円とメルかリム在庫転売とは桁が異なります。場合によっては1商品で6,000円〜7,000円ほど利益が取れる商品も存在します。

ヤフオク無在庫転売のデメリット

あまり良いことばかりを話していても参考にならないと思いますので、ここではヤフオク無在庫転売のデメリットをお話ししたいと思います。

顧客対応が大変

ヤフオク!は個人間取引のプラットフォームです。
なので出品者と落札者の距離が近く、細かいところまで質問やメッセージが飛んできて対応を迫られます。

「ヤフオク 詐欺」と検索する人も多く、実際にヤフオクで詐欺行為を働いている不届き者も存在します。
従って、落札者もある程度警戒心を持っているので、しっかりと対応をしていくのが無難でしょう。
もちろん全てに対応をする必要はありませんが、やはりメッセージが入っていると気になってしまうもので、精神的には少し大変な部分があります。

アカウント停止のリスクがある

これはヤフオク!に限った話ではありませんが、無在庫販売を行っていると、たまに在庫の確認のメールが届いたり、場合によってはアカウントを突然止められてしまうこともあります。
実際私のところにもLINE@などで「アカウントが止まってしまった」との相談が後を絶ちません。
どうしても出品が再開されなければアカウントを作りなおしましょう。

よろしければ私がアカウントを複数作成するノウハウを動画で公開しているので、よろしければ見てみてください。

ヤフオク無在庫販売は違法なの?

これもよく頂くご質問なので、お答えをしますが、
ヤフオク無在庫転売は違法ではないです。

これが違法であれば大量の逮捕者が出てしまいます。笑

そもそも在庫を持たない販売は一般的には受注生産などと呼ばれて通常の商習慣でもよく見かける光景ではあります。

特に家具やオーダースーツなどは典型的な受注生産であり、言ってしまえば無在庫販売になります。

ただヤフオクの規約には違反をしていることにはなりますので、そこはしっかりと覚えておきましょう。
ヤフオクとしては無責任な無在庫販売者が増えることにより顧客満足度が下がることを懸念しています。
プラットフォームの立場になればすぐに分かることですよね。
ですのでヤフオクは無在庫販売を嫌います。

ですが、在庫の管理や顧客対応をしっかりと行なっていれば問題はありません。
しっかりとお客様へ価値提供を行うことを念頭に販売活動を行っていきましょう。

無在庫転売の注意点

ここまで無在庫転売の大まかな流れや、メリットデメリットのお話をしてきましたが、実践するにあたっての注意点をいくつか書いていこうと思います。

これから説明していきます注意事項をしっかり守らないと販売を続けていくことが難しくなるのでしっかりと目を通しておきましょう。

商品がAmazonの箱で届いてしまう

ヤフオク無在庫転売を実践していると必ず以下のクレームに直面します。
「ヤフオクで購入したのにAmazonの箱で届いた!詐欺だ!」

こういったお客様は二言目には「詐欺だ!」と発言をしたがります。
商品をお届けしているのに、詐欺と言われてしまってはたまったもんではありません。

一度面白い体験をしたことがありまして、私はAmazonのFBAでも販売を行っています。
Amazonの倉庫を使用していると手数料がかかりますし、販路は多いに越したことはないのでAmazonFBAで販売している商品をヤフオクでも出品したりする場合があります。
その際にヤフオクの方が商品相場が高かったので少し値段を上げて販売をしたことがありました。

落札後は当然Amazonの倉庫に商品があるわけですからAmazonの箱で送りますよね。
するとお客さんからは「Amazonの箱で届いた!詐欺だ!」とクレームが入ったことがありました。
じゃあヨドバシカメラのダンボールだったら良かったのかなー。などしょうもないことを考えてしまいました。
こちらとしては真っ当に販売を行っていただけなので、ただただ呆れるばかりでした。

正直ヤフオクのユーザーには質の悪いユーザーも一定数いるのであまり気にしなくても良いかとは個人的には考えていますが、全く無視するわけにはいかないので「Amazonにも在庫を入れてまして」とか、「Amazonに配送を委託しておりまして」などと説明をしてあげると良いかと思います。
それでも難癖をつけてくる人はさっさと返金対応をすれば良いかと思います。
あまり1人に時間を取られすぎてもしょうがありません。
次に利益を狙うにはどうするか考えることに自分の時間を使ってください。

違反申告が入る

ヤフオクで無在庫販売を行っていると必ずぶち当たる壁は『違反申告』です。
私もこれで何度かアカウント閉鎖に追い込まれています。
ですが安心してください。
これは全て私の怠慢が招いた結果なのです。
何個もの違反申告が入っていたのにも関わらず、私はそれを確認せずに放置をしていました。
大抵はライバルセラーからの嫌がらせであったり、いわれもない違反申告なので気にも留めていなかったのですが、私が出品している商品の中で偽物が混じってしまっていて、一発でアカウント停止に追い込まれました。
大量出品を行っていると商品管理も行き届かなくなるケースもあるんですね。

ですので違反申告が入ったら即座に出品を取り下げるのが無難な対応かと思います。

在庫が欠品になってしまう

当然Amazonの方でも在庫の動きがあるので中にはAmazonで購入をしようとした時に在庫がない!
というケースも0ではありません。

その場合にはどのように対応をするかというと、まずAmazon以外で在庫がないかどうかを探すという方法もありますが、どうしても在庫が見つからなければ、お客様へ代替商品の提案をしましょう。
別の型番の商品であったり、類似商品の提案を行います。

この時にポイントになるのは下位互換の提案ではなく、必ず上位互換の提案を行いましょう。こちらの都合により在庫を切らしてしまっているので、お客様にメリットのある提案をしないとなかなかこの交渉はうまくいきません。
それで多少利益が圧迫されても顧客クレームに繋がるよりはマシです。

人はメリットを感じないと動きません。これはビジネスの鉄則として覚えておくといろんな場面で使うこともできますし、役に立つことと思います。

まとめ

ここまでヤフオクのメリットデメリットを始め、難しい部分も多く説明をしてきました。
ですが結論としてはヤフオク無在庫転売は初心者こそオススメするビジネスです。
それは冒頭でもお伝えをした通り、圧倒的に稼ぎやすく、簡単だからです。

ヤフオク無在庫転売を足がかりに他のビジネスに取り組んでいただくのも良いと思います。
まずは小さくても良いので一歩踏み出すことです。
その小さな一歩の積み重ねが大きな歩みとなりますので、ぜひ頑張っていきましょう!

もし難しそうだな、少し踏み出せないなどと思うようであればご相談頂ければアドバイスもさせて頂きますよ。