【ヤフオク無在庫転売】アカウントが停止された時の復活手順!気をつけるべき点など徹底解説

みなさん、こんにちは。
真下海斗です。

本日は私の得意分野である、
ヤフオクアカウントの復活についてお話をしていこうと思います。

先日ヤフオクのアカウントで出品制限を食らったんですが(またか)、
しっかりと復活させることが出来ました!

その辺りの直近のノウハウと私のこれまでの経験を踏まえて、
アカウントを復活させるまでの流れについて解説していこうと思います。

そもそもヤフオクアカウント制限の種類は?

ヤフオクアカウントにかけられる制限は実は3種類存在しています!
それぞれ制限の内容と重たさが異なりますので、
まずは前提知識について確認していきましょう。

出品制限

出品と再出品の機能が制限されている状態です。
3種類の制限の中で最も軽い措置と言えるでしょう。

他の人から見たら制限中かどうかはわからないような仕様になっています。

利用停止

ヤフオクアカウントにログインはできますが、ほとんどの機能が利用できません。
具体的には
・出品
・入札
・取引相手への評価
・取引ナビの投稿閲覧
・連絡掲示板への投稿
・ウォッチリストの追加

出品だけでなく、落札の機能も制限されている状態です。

アカウント削除

Yahoo!IDの登録が削除されてしまいます。
ですのでヤフオクだけでなく、他のYahoo!が提供するサービスは全て利用できなくなってしまいます。

3種類の制限の中で最も処分としては重く、
アカウントが削除されてしまったら、そこからの復活は非常に難しいので、
別のアカウントを0から作り直すことをお勧めします。

2パターンある!ヤフオクアカウントの復活方法!

ヤフオクアカウントに制限がかかってしまった場合ですが、
復活させ再度販売を開始する方法としては2パターンあります。

1つ目は制限がかかったアカウントをYahoo!側と交渉し復活させる方法。
2つ目は制限がかかったアカウントは諦めて、別のアカウントを0から作り直す方法です。

出品制限と利用停止であればまだ復活の望みがあります。
私自身も両方とも復活させることができていますので、
ノウハウとして再現性も担保されていると思います。

一方アカウント削除の場合にはやはり復活は難しいでしょう。
よっぽどのことがない限りアカウント削除になることはないのですが、
もし削除されてしまったら別のアカウントを再度作った方が早いでしょう。

ただYahoo!では複数アカウントを作成することは公式に認められています。
なのでこれまでの評価などは確かに0に戻ってしまいますが、
アカウントを作り直して出品を再開することは出来ますので、
それで販売を再開させることをオススメします。

今回の記事ではアカウントの復活ということで、
作り直しをせずにYahoo!と交渉して制限がかけられたアカウントを復活させる方法について解説していこうと思います。

Yahoo!への解除申請を行う

まずあなたがやるべきことは、Yahoo!からのメールを確認して
解除申請フォームからYahoo!側へ解除申請を送ることです。

この手続きを行わない限りあなたのアカウントが復活することは永遠にありません。

ただ解除申請と言っても問い合わせフォームが用意されているので、
そちらの項目を埋めて提出すればOKだ。
何も難しいことはないので、アカウント制限のメールが来たら、
速攻で解除申請を送るようにしよう。

その後の対応についてはケースにより様々

解除申請を送ると1〜2営業日でYahoo!からの連絡がきます。

ここで、Yahoo!から出される指示によって何についての嫌疑がかけられているかがある程度明らかになります。
おそらくほとんどのケースで在庫が手元にあるかどうかの嫌疑がかけられている状態であるかと思います。

その場合には在庫の写真を送るように指示を受けます。
在庫の写真とオークションIDを記載した紙をセットで撮影して送るように指示されますので、それに従いましょう。

もちろん無在庫で販売している人については手元に在庫がその時点ではないかと思いますので、
在庫は取り寄せて写真を撮影するようにしてください。

確かにこの時点では仕入代金がかかってしまいますが、
アカウントを守る上では安いものです。
経費だと割り切って、Amazon等で購入して自宅や事務所へ取り寄せてください。

最近ではAmazonで購入したら翌日には到着しますので、
到着した在庫を撮影してYahoo!へ送るようにしましょう。

すぐに在庫が用意できない場合は?

国内在庫の場合には上記の流れで問題なく制限の解除を行うことが出来ると思います。
一方海外在庫を扱っている場合や取り寄せまで一定時間がかかるケースもあると思います。

ヤフオクからは当然写真送付の期限が明確に設定されています。
ではその場合にはどうするか?

ここについては私自身も直近の解除事例でノウハウを新たに開発できましたので、こちらでシェアさせて頂ければと思います。

直近の事例共有

弊社で運用しているアカウントに制限がかかり、いつもの流れで解除申請を送ったのですが、
なんと今回は海外商品の在庫チェックが入りました。

つまり商品在庫が海外にあり、
国内に取り寄せを行っても早くて
1週間はかかってしまう・・・・。

期限は2日後に設定をされていたため、

「これはさすがに詰んだわー」と途方に暮れていました。

解除に向けて出来ることだけやって、
無理であれば再度アカウント作るか、
面倒であればヤフオクをそのまま辞めてしまおうかとも
考えていました。

そして最後の悪あがき的に
ヤフオク陣営にこのようにメールしたんですね。

Kaito
こんにちは!出品制限の対応行って頂いて、
大変お手数をおかけしてます!本当に申し訳ないよ!

在庫の写真を送ってとのことだけど、
あいにく商品は海外の倉庫にあって、
日本の自宅に送るだけでも1週間はかかっちゃうから、
期限に間に合いそうもないよ!

少し時間もらえれば写真送るけど
それでもオーケー?

こんな感じでメールを出しました。

すると2日後。

やふー
返信にお時間をいただきまして、誠に申し訳ございません。

ご連絡くださいまして、ありがとうございます。

このたびはご不便をおかけしており大変恐縮でございますが、
該当の商品がお手元に届きましたら、撮影のうえ
ご連絡いただけますようお願いいたします。

これは!!

活路が見えたと思いましたね。

急いで在庫を取り寄せて、
2週間後くらいにYahoo!に写真を送りました。

そこから1週間以上は音沙汰なく、
さすがに厳しかったか・・・と
ヤフオクはもう辞めようかなーと思ってましたが、
ある日突然のYahoo!からのメール。

やふー
利用制限解除しましたよ。

まさかのアカウント解除になりました。

海外から仕入れてヤフオクで転売している人も、
在庫確認されても期限の調整をヤフオク側と
必ず行いましょう!

期限の設定はされていますが、そこの調整も言い方次第では可能なようです。

きっと彼らも応えてくれるはずです。
ただ、これには少しカラクリがあります。

私自身は海外在庫の商品を全て海外からの配送であると設定しています。
これを行うことにより手元には在庫はないが、海外に倉庫があってそこで管理をしていますと建前を作ることが可能なんですね。

しかも配送元を海外で設定していると、無在庫が理由でアカウントの制限がかかりにくくなります。
詳しくはこちらの記事で解説を行っているのでよろしければ!

まとめ

以上ヤフオクのアカウント復活までの動きをまとめましたがいかがでしたでしょうか。
ヤフオクも妙なところだけ緩かったりするので、
判断基準がよくわかりませんが、

ヤフオクの場合には最悪は作り直して商品を再度出品すれば問題ありませんので、
Amazonや他のプラットフォームほど神経質にならなくても大丈夫かと思います。

次回の記事ではアカウント作り直しの際に気をつけるべきことなどを
お話ししていこうと思います。

3 件のコメント

  • 出品制限と利用停止であればまだ復活の望みがあります。と書いておられますがどうすればいいのですか?、事務局には数回謝罪文を送っているのですがだめです。

  • 出品制限と利用停止であればまだ復活の望みがあります。と書いておられますが、対処方法を教えてください、事務局には何回も謝罪文を送っているのですが聞いてもらえません。

  • いつも大変有益な情報を提供していただき、ありがとうございます。大変参考になっております。

    さて本題ですが、当方も最近、このブログ記事と同様に、措置としては軽い利用制限措置をされてしまい、また解除交渉をしましたが、解除することはないと連絡が来て途方に暮れておりますが、出品復活する場合、別アカウントをゼロから作り直すという方法を提案されておられますが、この場合、氏名、住所、口座、クレジット番号、認証の際の電話番号、IPアドレス全て別名義、別番号にし、キャッシュも削除しないと、再度アカウント作っても前回の登録内容から同一のものと判明し、直ぐに運営様に停止措置を受けてしまう恐れがあると思うのですが、大丈夫なのでしょうか?

    このあたり、詳しくご教授していただけたら幸いです。お忙しいかと思いますが、お力を貸していただけますでしょうか?よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です