ヤフオクで通報!?違反申告が来た時の対処法とアカウントを守る方法のすべて!

みなさん、こんにちは。
真下海斗です。

本日はヤフオク無在庫転売を実践していると必ずと言っていいほど遭遇する、
『違反申告』についてお話ししていきたいと思います。

きっと初めて違反申告を受けてしまった方は焦りに焦ることでしょう。

違反申告っていう名前がそもそも嫌ですからね。笑

ただ、ヤフオクで販売を行っていく上では必ず経験するであろう
この『違反申告』、慣れてしまえばどうってことはありません。

事前知識をつけて、そもそも違反申告とは何なのか、
違反申告を受けてしまった場合にはどうすれば良いのかなどを
一緒に見ていきましょう。

そもそも違反申告とは

まず最初にヤフオクにおける違反申告の定義から見ていきましょう。

Yahoo! JAPANの利用規約ならびにガイドラインに違反すると思われる出品を見つけたら、以下の手順でYahoo! JAPANに連絡してください。連絡の内容にもとづいてYahoo! JAPANが確認し、違反と判断した場合は削除します。

なお、申告に対する個別の回答は行っていません。また、申告に対して、Yahoo! JAPANが削除をお約束するものではありません。ご了承ください。
参照:ヤフオク!ヘルプ

つまり、Yahoo!JAPANの定める規約、ガイドラインに違反するものと
思われるものを一般ユーザーが申告できる仕組みになっているんですね。

ここで肝になる点が2つあります。

1. 一般ユーザーが違反していると思われる商品について通報をする
(つまり誰でもどの出品に対しても違反申告をすることが可能)

2. 一般ユーザーからの通報を元にYahoo!JAPANの確認が入る

つまり違反申告を受けた段階では
本当に違反なのかどうかはわからないんですね。

実際にYahoo!が確認を行って、
違反だと認められれば出品取り消しになるか、
出品制限がかけられるなど何かしらの措置が取られます。

しかし違反と認められなければ特に何も起きません。

ただ、高確率でYahoo!側が実際に調査に入り、
あなたの出品物を確認しますので、
しっかりと対策をする必要があります。

ユーザーが違反申告をする理由とは

そもそもなぜ人は違反申告をするのだろう?

こんなことを思ったりはしませんでしたか?

実はヤフオクの違反申告はYahoo!IDを取得すれば簡単にできてしまいます。

なので出品数が増えれば言いがかりのようなことで違反申告をしてくる人と遭遇する確率も高くなります。

それにしてもこんなに暇人が世の中にいるとは・・・。

なぜかヤフオクのパトロールみたいなことをしている人も実際にはいます。
(もちろん勝手にやっているだけなので、無給です。)

私が経験している中で主に違反申告をしてくる人の動機は
以下のジャンルに分けることができます。

  • 正義感がとても強い人
  • きっと良い人で暇人です。あまりやることがないみたいです。そっとしておいてあげましょう。

  • ライバルセラー
  • 同じ商品を扱っている競合のセラーが単純に妨害をしてきている。

  • サイコパス
  • 通り魔的な人。ネット掲示板などで人の悪口を吐きまくっている人なんかたくさんいますよね?あの類です。

    このような方々が違反申告をしてくるので、
    本当に違反の場合もあれば、全く的外れなことで違反申告をしてくる人も一定数存在します。

    違反申告をされた時のアカウントへの影響は?

    上述の通り、違反申告が入るとその後Yahoo!のパトロールの調査が入ります。

    そこで特に問題ないと判断されればそれまでなのですが、
    実際に問題ありと判定されてしまうと出品ページの削除、
    そして最悪の場合にはアカウントの制限がかかってしまいます。

    経験上、違反申告が入り、該当商品に問題がなければそのまま終了なのですが、
    万が一問題ありと判定されてしまうと出品リストを全て検閲かけられると思っておいた方が良さそうです。

    実際に私も無在庫の疑いが原因で、違反申告からアカウントの出品制限をかけられたことがあります。

    一方でいくら違反申告が入っても全く問題ないこともあります。

    これは見当違いの理由で違反申告を受けたということも理由の一つではありますが、
    アカウントの強さなども関係しているかと思います。

    アカウントの強さとは?
    アカウントの運用歴、評価などから総合的に判断される

    とはいえ、アカウントの制限がかけられてしまうのは非常に致命傷になりますので、
    違反申告が入った理由を確認して、心当たりのあるものであれば
    出品ページの取り消しなどを行っておくことをオススメします。

    違反申告される15の理由を一挙紹介!

    ヤフオクにおいて違反申告の対象となる理由は以下の通りです!

    『その他、利用規約やガイドラインに違反するもの』も含まれてしまうので、
    やはりヤフオクの利用規約とガイドラインは必ずチェックするようにしておきましょう!

    こちらの中でアカウントへの影響があるものをピックアップして解説を入れていきますね!

    偽ブランド品など第三者の権利侵害が疑われるもの

    これはわかりやすく言ってしまうと偽物販売を禁止する項目です。

    偽物は法律に違反してしまうような内容なので、細心の注意を払うようにしましょう。

    Amazonから無在庫販売を行っている方でもここは注意です。

    Amazon上には恐ろしいほど並行輸入のコピー品で溢れています。

    ノーブランド品として出品するのであればまだ良いですが、
    ブランド名等を謳ってしまうと違反申告が飛んでくる確率もグッと上がりますので、
    注意しましょう。

    私も無在庫で大量に出品している時に気づかずコピー品の出品で違反申告をもらい
    アカウントが一発停止になりました。

    大量に商品点数を扱っていると気づかずに紛れ込んでいる可能性もありますので、
    定期的にチェックするようにしてください。

    出品禁止の商品

    ここで引っかかる人はあまり見たことはないですが、
    こちらもアカウント一発削除の危険性がある項目です。

    医療機器や、児童ポルノ、スクール水着や、ボウガンなどの武器類。

    これらはヤフオクでなくてもどこのプラットフォームでも基本的に出品が禁止されています。

    商品が手元にない、手配できていない

    無在庫転売を実践している方はもろにここに当てはまると思います。

    これが理由で違反申告が来て、実際に該当商品が無在庫出品だった場合には
    出品を取り下げた方が無難です。

    万一無在庫が理由でアカウントの制限がかけられてしまった場合は、
    こちらの記事を参照してもらえると良いかと思います。

    【ヤフオク無在庫転売】アカウントが停止された時の復活手順!気をつけるべき点など徹底解説

    【ヤフオク無在庫転売】サスペンド対策! アカウントを作り直す際の3STEPを解説!

    他にも違反申告の理由となる項目がたくさんありますが、
    申告理由と照らし合わせて該当しているということであれば出品を取り下げた方が無難です。

    ちなみに違反申告の理由の確認方法ですが、

  • 通知メール
  • マイオクの新着情報
  • 出品ページ
  • から確認することができます。

    また通知をONにしておかないと違反申告に気付くことができない可能性があるため、
    必ず通知はONにして違反申告が来たらすぐに対応できるようにしておきましょう。

    違反申告への対応・予防策

    違反申告をもらったらすぐに出品を取り下げることが重要です。

    特に無在庫で販売を行っている方が多いとは思うのですが、
    出品リストに対して調査が及んでしまうと都合が悪いのことは明白です。

    目先の利益よりもアカウントを守ることの方が遥かに大事です。

    特に売れている商品、
    ウォッチが多く入っている商品を取り下げるのは気が進まないのもよく分かりますが、
    ここはグッと我慢して全体利益とビジネスの継続性を考慮して出品取り下げすることを選びましょう。

    また違反申告絡みでアカウントが止まってしまった、
    無在庫転売においての継続性について悩んでいるなど
    あればお気軽にご相談ください。

    LINE@やメルマガに登録してもらえればご相談乗りますので、
    ご連絡お待ちしております。