【ヤフオク無在庫転売】評価集めの方法!〜アカウント停止のリスクを極小化する

評価集め

ヤフオク無在庫転売を開始するにあたって、
まずやっていただきたい内容は
【評価集め】です。

なぜこの作業が必要かというと、
評価がない状態でいきなり商品を大量に出品すると
ほぼ例外なくアカウントに制限がかかります。

一度アカウント停止や制限がかかってしまうと、
再度アカウントの作り直しや、アカウントの復活のために
追加作業を行わなくてはならず、大幅に出遅れてしまいます。

なのでそうならないためにも出品を開始する前に評価集めを行わなくてはならないんですね。

今回の記事ではヤフオクにおける評価集めの方法と、
どの程度まで評価をためていけば良いのか、
などを解説していこうと思います。

評価数の目安は?

まずどの程度の評価数が事前に必要になるかをお話ししていこうと思います。
もちろん多いに越したことはないので、
評価はあればあるだけということになります。

ですが、あまり評価集めばかりを行っていては
いつまでたっても出品をスタートすることができません。

私が色々と検証してきての結論ですが、
評価が100あれば出品数が原因でアカウントに制限がかかることはなさそうです。

元々評価が50あればと言われていましたが、
50の評価でアカウントBANの報告もちょこちょこ出始めているのが現状です。

一方で私の知る限りですが、
評価を100まで溜めて頂いてから出品を始めた方で、
アカウントの制限がかかった人は一人もいません。

ツールを使用して出品をするのであれば、評価は100まで、
手出品で運用するのであれば、80程度評価が溜まったら、
出品を開始していくと丁度いいかなという具合です。

評価集めの手順

それでは具体的に評価集めの手順について解説をしていきたいと思います。
画面共有をしながら動画でも解説を行っているので、
そちらも併せて見てもらえれば、理解も深まると思います。

不用品を販売する

評価集めの段階でまず行って欲しいのはあなたのご自宅にある、
不用品の処分です。

ご家庭にある使っていないものなどたくさんあると思います。
それをヤフオクで出品してしまいましょう。
ちなみに私がビジネスを開始した時に出品していたものは、
着なくなった洋服、USJの被り物、タンブラー、古本などです。
1年以上使用していないものはおそらく今後も使うことはないでしょう。

この機会に全て処分してしまいましょう。

「こんなもの欲しいって思う人いるのかな・・・?」と思うかもしれません。
しかし世の中は広いですし、ヤフオクの集客力はやはりすごいです。

自分にとってはゴミみたいなものでも、欲しいと思う人が必ず出てきます。

ここでポイントになるのは不用品販売を行う上では、
値付けについては考える必要はありません。
全て1円スタートでまずは出品をしてみましょう。

ヤフオクはオークションサイトなので、
必ずと言っていいほど、最終的には商品の相場価格で落札になります。

まずはインターネットからお金を得るという感覚を得て欲しいのと、
ここで目的にしているのは利益を上げることではなく、
評価集めです。

目的から逆算すると変に値付けをして、売れない時間を過ごすよりも、
多少相場よりも安くても良いので、とにかく取引実績を積みましょう。

利益は二の次です。
とはいえ、全て1円出品でも10万円、20万円と稼ぐ人もいますので、
稼げたらラッキーくらいの気持ちで楽しみながら取り組めると良いと思います。

1円画像を購入する

そして次にやって欲しいのは、1円画像の購入です。
これは何かというと、ヤフオクには相互評価という概念が存在します。

1円の少額取引を行って、互いに良い評価をつけ合いましょうね、
という取引です。

実際にヤフオクの検索窓に
「相互評価 画像」と入れて検索をしてみてください。
相互評価の検索結果

すると送料込みの1円で画像が大量に出品されていることがわかります。
ここから順に画像の購入をするだけで評価はあっという間に溜まっていきます。

例え100個の画像を購入しても経費は100円です。
とても安いですよね?

注意点としては同じIDとの評価は1件分しかカウントされないということです。
なので、同じ出品者から画像を100件購入しても評価は1件分しかカウントされませんので、注意しましょう。

1円画像を出品する

評価が50を超えだしたら、次にやって欲しいのは
【1円画像の出品】です。

取引の流れは購入時と全く同じです。
ただ出品側に回ると1出品で最大9個までの
在庫数設定を行うことが出来ますので、
一気に9つの評価を獲得することができます。

また取引ナビでは画像ファイルの添付などが出来ませんので、
URL化して送る必要があります。

その際にはGoogleドライブやEvernoteなどを活用して、
ファイル共有形式で相手にURLを共有することで
商品の発送とすることも出来ますし、
フリーソフトを活用して、
ファイルをURL化することもできるので、ぜひ活用してみてください。

相互評価で評価をしてくれない場合にはどうする?

相互評価の取引を繰り返していると、まれに評価を入れてくれない
落札者(出品者)に遭遇することがあります。

その場合には取引ナビや連絡掲示板を活用して相手とコンタクトを取ることを試みても良いですが、
そこにパワーを使うのであれば、別の方と新規取引をしてしまう方が
結果的に早かったりします。

たまに悪評価をつけて対応を促す方もいらっしゃいますが、
報復評価の危険性もありますので、オススメはしません。

一向に評価がつかない場合には見切りをつけてしまって、
別の取引相手を探すようにしてください。

相互評価を求めている方たくさんいますので、
相手探しに困ることはないと思います。

1日に取引できる上限は?

ヤフオクで特に1日で行うことのできる取引上限は決まっていませんが、
短期間で急激に評価を上げたアカウントは目立ってしまうので、
アカウントに制限がかかる可能性が高まります。

実際にAmazonギフト券のやり取りを行って、
高額商品を出品しているわけではないですが、
アカウントが止まってしまった例もあります。

安全策を取るのであれば1日の取引数は10-15回くらいにとどめて、
1週間から2週間くらいかけて評価を集めていくようにしましょう。

まとめ

上記の手順で評価を80-100まで溜めて頂き、
出品を開始するようにしてください。

もちろん上記内容にこだわらなくても良いですよ!
結果的に評価がたまっていけば問題ないので、
Amazon転売の仕入先として使う、買いたいものをたくさん購入するでもOKです。

ただ効率的に評価を集めていくためには相互評価を活用するのが最もスピード感持って評価集めをすることができますので、ぜひ試してみてください。
LINELP