利益率が爆上がり!?ヤフオク無在庫欧米輸入のやり方を分かりやすく解説!

ヤフオク欧米輸入

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日はヤフオク無在庫輸入転売の解説を行っていきます。
輸入と言っても仕入先は様々あるわけですが、
今回取り上げるのは欧米輸入ということでアメリカから主に商品を仕入れて、
ヤフオクで無在庫販売を行うノウハウについてです。

具体的に皆さんから多く頂くご質問としては、

具体的にどこから商品を仕入れてくるの?
配送に時間がかかるけどクレームにならない?
日本へ配送するにはどうしたらいい?
どのように商品のリサーチをすればいい?というよりも稼げる商品を教えて欲しい!

など様々だとは思いますが、
今回については上記のご質問については全て回答していこうと思います!

ヤフオク無在庫欧米輸入とは?

まずはヤフオク無在庫の欧米輸入とはなんぞや?
というところからお話ししていこうと思います。

まずヤフオク無在庫転売というとAmazon.co.jpから商品を仕入れて、
ヤフオクで販売を行っていくという形態が一般的かと思います。

私も別の記事でヤフオク無在庫転売については詳しく解説を行っていますので、
国内無在庫転売について詳しく知りたい方は是非そちらを見て頂ければと思います。

【ヤフオク無在庫転売】最新版!稼げるまでの具体的なやり方と注意点を全て解説します!

もちろん最速で結果を出して頂くには
国内無在庫転売に取り組んで頂くのが良いと考えています。

圧倒的な即金性と再現性があるので、
この記事を見ている初心者の皆さんも
必ず結果を出すことが出来ると考えています。

一方でデメリットとしては利益率が低い傾向にあり
(簡単に始められるビジネスはすべからく利益率は低い傾向にありますよね・・・)、
10万20万円は稼げるけど、大きく稼いでいくには中々・・・。

と感じている方は多いかと思います。
もちろん10万20万円で満足する方も多いとは思いますが、
それ以上を求める方であれば相当の作業量をこなしていく必要があります。

そこで少しの視点のズラしで大きく利益率を向上させることが出来るノウハウである、
ヤフオク無在庫欧米輸入転売のご紹介です!

これはAmazon.co.jpで仕入れを行っているところを、
アメリカの通販サイトから仕入れを行ってヤフオクで販売をするビジネスモデルです。

その他はヤフオク国内無在庫転売と全く同じ流れ収益を上げることが可能です。

つまり、仕入先を少しズラしてあげるだけで
大きく収益を伸ばすことが出来るんですね!

全く新しいビジネスに取り組むわけではないので、
初期の学習コストを極小化することができます。

欧米輸入転売の具体的な仕入先は?

基本的には2つのサイトから仕入れを行っていきます。

  • Amazon.com
  • eBay.com

 

こちらの2サイトです。
Amazonは言わずもがなAmazonのアメリカ版です。
というよりもAmazonは米国企業なので大元といった方が正しいでしょうか。

eBayについては海外のオークションサイトなので、
ヤフオクのアメリカ版と言ったところでしょうか。

私自身のブログでもeBay輸出についてお話ししている記事もあるので、
ご存知の方も多いかと思います。

【ebay無在庫輸出】月100万円稼ぐまでの具体的な流れ!気をつけるべき3大ポイントも徹底解説!

今回はこちらのeBayを販路ではなく、
仕入先として活用していきます。

最初は英語のサイトになれないかもしれませんが、
販売をするわけではなく、
輸入の場合には我々はお客さんの立場です。

なので英語を使うと言っても圧倒的に取り組みやすく、
出品者にメッセージを送ることがなければ特に英語を使う場面すら訪れません。

英語が苦手で海外サイトを使うのが不安なんです・・・。

という方も安心してください。

日本のネットでの買い物同様、
商品を選んでクリックをするだけです。

英語は不要です。

欧米輸入でも無在庫転売できる?

こちらもよく頂く質問ですが、
海外からの仕入れでも無在庫販売をすることが可能です。

ポイントを順に解説していきたいと思います。

日本までの配送はどうしたらいい?

意外に知られていないこととして、
Amazon.comやeBayは日本からのアクセスでもアメリカ人などと同様に普通に買い物をすることが出来ます。

基本的にAmazon.comやeBayはグローバルサイトなので、
お客さんの中には当然アメリカ人もいますし、ヨーロッパからのお客さんも中東からのお客さんもいます。

そして最も人口が多いアジアからのアクセスも当然あるわけなんですね。

なので我々も自宅のパソコンからサイトへアクセスをして、
普通に買い物をすることが出来ます。

しかしここで1つ問題点がありますね。

それは海外から日本へどうやって商品を届けたらいいか?

という問題です。

これには2パターンやり方があります。

  • 直接日本まで荷物を送ってもらう
  • 配送代行会社を活用して代行会社経由で商品を日本へ送る

 

最近のAmazon.comやeBayの傾向として先ほどもご説明した通り、
グローバルなサイトで、全世界からのアクセスがあるような状況です。

なので買い物も普通に出来ますし、
商品も日本へそのまま送ってくれるセラーが増えています。

Amazon.comから発送の商品は現在全て日本への直送が可能です。

一方で自社発送にしているセラーについては
日本への発送をしているかどうかは各セラーの設定に委ねられています。

ここで問題になるのは日本への直送をしてくれないセラーから商品を購入した場合です。

その場合には「配送代行会社」を活用していきます。

海外からの輸入を代行してくれる会社は沢山ありますが、
私のオススメはMyUSというサイトです。

簡単に誰でもアメリカに自分の住所を持つことができるので、
AmazonやeBayで購入した商品をアメリカの住所へ配送して、
そこからMyUSが輸入代行をして日本へ配送してくれるという仕組みです。

MyUS解説

MyUSというサービスを活用することによって
個人輸入が圧倒的に取り組みやすいものとなり、

AmazonやeBayだけでなく、
WalmartやMercari.com、その他多くのブランドショップから仕入れる
といったことまで出来るので、
仕入れの幅がグンと広がることとなります。

今なら30日間の無料トライアルもあり、
一カ月にかかるランニングコストもたった7ドルなので、
輸入商品を取り扱い始めて売りが立ってきたら導入を検討してみても良いかもしれませんね!

配送に時間がかかってしまうのはどうすればいい?

海外配送の場合には通常国際郵便での配送がメインの配送方法かとは思いますが、
FedEx、UPS、DHLなどといったクーリエ業者を活用して
配送時間を圧倒的に短縮することが可能です。

国際宅急便と呼ばれ、航空便を活用して配送を行いますが、
圧巻なのはそのスピード。

早ければ3-4日で日本へ商品が到着しますので、
1週間程度でお客様の元に商品の配送をすることもできます。

しかし国際郵便と比較すると圧倒的にコスト高になってしまうので、
あなたの利益を圧迫してしまいます。

ではどうするか。

ヤフオクの場合には事前に海外配送の旨を商品詳細に記載をしておくことで、
配送に時間がかかることをお客様にお伝えすることができます。

例えば以下のような記載をしているヤフオクのセラーさんはたくさんいますね!

ヤフオク無在庫 配送

ヤフオクでセラーリサーチを行っている人はお気づきかもしれませんが、
細かく見ているとヤフオクの商品詳細ページに配送時間がかかることを明記しているセラーが多いです。

配送時間がかかることを明記しているセラーは大抵海外からの無在庫セラーであることが殆どです。

しかし国内無在庫転売と比較すると取引の一つ一つが長期化しますので、
顧客対応については外注化を前提に動いていくと良いでしょう。

欧米輸入のリサーチ方法

リサーチ方法については国内無在庫転売と流れは一緒です。
アプローチとしては2パターンあります。

  • 新規出品
  • セラー相乗り出品

 

商品の売れ筋が分からない段階では
まずは相乗り出品から始めると良いでしょう。

海外商品を取り扱っているヤフオクセラーを見つけて模倣を行っていきます。

つまりは他のセラーが売っている商品を真似して同じ商品を出品していきます。

具体的なやり方はこちらの動画でも解説を行っていますので、
ぜひ参照されてください。

そして相乗り出品で売り上げが立ち始めたら、
そこから少しずつズラして、あなたしか出していない商品を出品をしていきます。

この辺りからどの商品が売れるかな、
という需要予測の範囲になってくるので難易度は少し上がりますが、

その頃にはあなたの頭の中には
どんな商品が売れるかというデータがインプットされていますので、
0の状態からは飛躍的に精度については向上しているはずです。

売れた商品の別ブランドや別型番、
あるいは付属品など、実際に売れた商品を基軸にあなただけの商品を発掘していきましょう!

リサーチの切り口として実際に欧米輸入で売れる商品を下記の動画でも紹介をしておりますので、
そこから商品リサーチを広げていってあなただけの商品を発掘しましょう!

ヤフオク欧米無在庫輸入まとめ

仕入先や実際に売れる商品のご紹介、
そして配送に関してや顧客への対応など
みなさんから頂くであろうご質問の紹介をさせて頂きました。

こうやってノウハウの全体像をまとめてみると、
国内無在庫転売の延長線上で済みますし、特に新しいことをやる訳でもないので、
スムーズに欧米輸入の導入をすることができると思います。

国内無在庫転売で利益の頭打ちを感じている方がいらっしゃれば、
ぜひ取り入れてみると良いかと思います!

LINELP