しつこい違反申告はイタズラ?ヤフオクで嫌がらせを受けた時の対処法!

ヤフオク 違反申告 嫌がらせ

今でも覚えています。

初めてヤフオクで・・・

『違反申告』を受けたあの日。

確か土曜日のお昼だったと思います。

メールボックスを開けてみると1通のメールが届いていました。

「出品中のオークションが違反申告を受けました」

あれ?違反申告って何?怖すぎ。

結果何ともなかったのですが、初めて違反申告を受けた時は

とてもドキマギしたものです。

今ではすっかり慣れてしまって、
何の感情も湧き起こらなくなってしまいましたが、
この記事を読んでいるということは、
きっと違反申告を受けて慌てていることでしょう。

大丈夫です。
ヤフオクで普通に販売をしていても違反申告はバンバン飛んできます。

中には嫌がらせで違反申告をしてきている輩もいます。

本日はヤフオクで違反申告を受けた時の対処法、

そしてしつこい違反申告にお悩みのそこのあなたに対応手順を授けたいと思います。

違反申告のほとんどがイタズラ?

上述の通り、ヤフオクで販売を行っていて、
ある程度の出品数になってくると
毎日のように違反申告のメールが届きます。

大丈夫です。

最初はびっくりするかもしれないけど、

次第に慣れます。笑

なぜかというと

ヤフオクで受ける違反申告のほとんどが実は

イタズラやライバルセラーからの嫌がらせだったりします。

しかし違反申告の内容を確認しないと
本当にガイドラインに違反しているようなケースもあるので注意が必要です。

知らぬ間にガイドラインに違反していたということもあるので、
違反申告を受けた理由については確認するようにしていきましょう。

違反申告理由の確認方法

違反申告理由の確認方法については3つあります。

1. (通知設定をしていれば)メール
2. 新着情報一覧
3. オークション中の出品ページ

メールについては通知設定をONにしていないと、
通知が来ないような仕様になっています。

違反申告のメールは確認できるようにした方がいいので、
設定はONにしておきましょう。

マイオクのオプションページから

ヤフオク 違反申告

自動通知設定を行ってください。

ヤフオク 違反申告 通知

自動通知設定から違反商品の申告という欄がありますので、
そちらよりメールと新着情報ページのチェックを入れてください。

ヤフオク 違反申告 通知

この設定を行うと新着情報に加えて、
メール通知も飛んでくるようになります。

通知から申告の理由についても確認をすることが可能になります。

違反申告が来た際に初動を早めることが出来るので、
自分の設定がどうなっているかどうか分からないという方は確認してみてください。

そもそも違反申告を受ける理由

違反申告の対象となるものは実は15項目もあります!
詳細の内容は別記事にてまとめておりますので、
そちらをぜひ確認してみてください!

ヤフオクで通報!?違反申告が来た時の対処法とアカウントを守る方法のすべて!

違反申告を受けた場合は、必ず理由を確認して、
心当たりがあるのであれば、
それはガイドライン違反なので大人しく出品ページを取り下げましょう。

やってしまいがちなのは出品した商品とは関係ないカテゴリーで出品をしてしまうことや、
出品物とは直接関係ない単語をタイトルなどに含める行為ですね。

これはついうっかりということもありますので、
ガイドライン違反であると認識しておきましょう!

その他は医薬品の出品や、武器類の出品、アダルト系など、
普通に販売していれば特に扱うことのないと思いますで大丈夫でしょう。

実際にアカウント停止になってしまった事例

気をつけなくてはいけないのは

『偽ブランド品など第三者の権利侵害が疑われるもの』

これです。

知的財産権や商標権に抵触するものですが、
外注さんに出品を依頼していると意外と偽ブランド商品などが
出品リストに混じってしまうケースがあります。

それくらい今日本でも偽ブランド品が流通してしまっています。

私の場合偽ブランド品の出品で違反申告を受け、
その通知に気付かずアカウント停止処置になってしまったことがあります。

出品してしまった商品がこちらです。

ゴヤール トートバック

外注さんにリサーチと出品をお任せしていたので、
偽ブランド商品が混ざっていることに気付くことが出来なかったんですね。

ゴヤールのトートバックというと正規品で購入すると、
何十万もするブランド品です。

私のケースでは落札されることはなく、
販売するには至らなかったので良かったですが、
これが販売してしまった後ですとお客様にも迷惑がかかってしまいますので、
どの商品がどんな理由で違反申告を受けているかの確認は必要です。

違反をして出品を続けることにメリットはあまりありませんしね。

違反申告を受けた後の対処法

上述の通り、違反申告を受けたらまずはその理由を確認しましょう。

大半がイタズラや同業者の嫌がらせである可能性が高いです。

その場合には無視してそのまま出品を続けてしまって構いません。

何事もなく落札が入ります。

特に評価がある程度溜まっているようなアカウントであれば、
すぐにアカウント停止になったりすることもありません。

しかしガイドラインに抵触するような出品をしている場合には要注意です。

違反申告が来てからアカウント停止になる流れは以下の通りですので、
知識としてインプットしておいてください。

1. 違反申告の通知、メールが来る
2. ヤフオク・パトロールが対象商品を確認しにくる
(恐らく1-3日ほどでパトロールが来る流れかと)
3. ヤフオク運営による判断
不適切な出品であると認められた場合には、対象商品ページが出品取り下げになります。

私のように明らかにガイドラインに違反しているのであれば、
最悪のケースアカウント停止になってしまいます。

とはいえ私の場合はレアケースですし、
大半がイタズラであることはお話ししている通りなので、
違反申告をもらっても焦らずに冷静に対応することが必要になります。

まとめ

ヤフオクで販売を行っていると
遅かれ早かれ違反申告を受ける日は必ずやってきます。

出品数が増えてくればなおさらです。

もうこれは儀式のようなものとして割り切って考えていくしかありません。

その上で違反申告を受けた理由だけは確認して、

ガイドラインに抵触をしていないか

という1点をしっかりと確認していきましょう。

ヤフオクはAmazonなどと比較するとアカウントの規制については
寛容なプラットフォームです。

そのうち慣れるとは思いますが、

初めて違反申告を受けたとしても慌てずに落ち着いて対応していきましょうね!

万が一アカウントが停止になってしまったらこちらの記事も参考にして、
対応をしていきましょう。

【ヤフオク無在庫転売】アカウントが停止された時の復活手順!気をつけるべき点など徹底解説

LINELP