ヤフオク無在庫転売 vs メルカリ無在庫転売!どちらが稼げる?徹底比較!

みなさん、こんにちは。
Kaiです。

本日は国内を販路にした無在庫転売の手法について解説を行っていきたいと思います。

題してヤフオク無在庫転売 vs メルカリ無在庫転売!ということで、
それぞれのメリット・デメリット、
そして結局どっちが稼げるの?

この辺りをお話ししていきたいと思います。

これから無在庫転売に取り組んでみたい、興味がある、
だけど何から始めたら分からない!

そんな方に見て頂けると良いかなと思います。

それでは行ってみましょう!

ヤフオクとメルカリの販路の特徴

まずはヤフオクとメルカリのユーザー属性について見ていきましょう。

ヤフオクとメルカリの違い

見て頂ければわかると思いますが、ヤフオクでは男性割合が、メルカリでは女性の割合が多いですね。

また年齢層もヤフオクの方が高く、メルカリは若年層に強いという分布になっています。
これはユーザーの購買力にも直結する部分ですので、しっかりと確認をしておきたい部分です。

ユーザー数はほとんど同じですが、直近メルカリの利用者数がヤフオクのそれを追い抜いたと話題になりましたね。

販売手数料は?

販売手数料についてはどうでしょうか?
ヤフオクが8%に対してメルカリは10%と若干高めの設定です。

物販における2%は侮れない数字ですので、
この手数料の差をどのように捉えるかは人それぞれですね。

ただユーザーの購買力などを総合的に鑑みるとヤフオクの方が
大きく売るには適したプラットフォームであるといえるでしょう。
実際に年間流通額を比較してもヤフオクが2倍以上の差をつけてメルカリを圧倒しています。

ヤフオク無在庫転売とは

ヤフオク無在庫転売について解説を行っている記事がありますので、
詳細はそちらを見てもらえればと思います。

【ヤフオク無在庫転売】最新版!稼げるまでの具体的なやり方と注意点を全て解説します!

端的に『ヤフオク無在庫転売とは』ということで解説すると、
ヤフオクを販路にして無在庫で物を販売する手法のことを指します。

ヤフオクよりも安く出品されているところを見つけたら、
とりあえずヤフオク側で出品を行い、売れたら仕入れて発送するという流れですね。

巷で〇〇無在庫転売!という手法は全て販路が異なるだけで、
本質的な流れややる事などは全て同じです。

メルカリ無在庫転売とは?

こちらも詳細に解説を行っている記事がありますので、
そちらを参照して頂ければと思います。

【メルカリ無在庫転売】今でも稼げる?規制が入ったメルカリ無在庫転売の攻略法のすべて!

こちらはメルカリを販路にした無在庫転売の手法です。
基本的な流れはヤフオク無在庫と同じで、メルカリよりも安く出品されている、
商品を見つけてまずメルカリで出品をかけます。

その後商品が売れたら仕入れて発送という流れですね。

ここまで読んで頂いた方はお分かりかと思いますが、
両者の違いは販路の違いでしかありません。

ただそれぞれの販路の特徴などがあるので、各々のノウハウにメリットデメリット、
取り組みやすさや稼ぎやすさなどが異なります。

それでは次は両者のメリットデメリットについて見ていこうと思います!

ヤフオク無在庫転売のメリットデメリット

まずはヤフオク無在庫転売のメリットについて解説をしていこうと思います。

大量出品が可能

ヤフオクはオフィシャルに商用利用が可能なプラットフォームとされています。
なので実際にブックオフや買取ショップなどがヤフオクに出店をしています。

無在庫転売において大事なのは出品数です。
数十品ではなくで、数千品、数万品の単位で商品を出していきます。

なので大量出品ができないプラットフォームはそれだけで、
稼ぎを上げることは難しいと判断できるんですね。

利益額が大きい!

ヤフオク無在庫転売のメリットの2つ目は高額商品を出品することができる点です。
なので同じ利益率でも見込みの利益額が大きくなるんですね。

商品を100品販売して10万円よりも、10品販売して10万円稼ぐほうが良いですよね?

利益率ばかりにとらわれていると意外に見落としがちな観点です。
この辺りも是非考えてどのノウハウに取り組むかを考えて頂きたいです。

それではヤフオク無在庫転売のデメリットは?
順に解説をしていきたいと思います。

作業の煩雑さが残る

ヤフオクにもアプリが存在していて、今ではアプリからのアクセスが
PCからのアクセスと比較して圧倒的に多い状況です。

とはいえメルカリと比較するとアプリの使いにくさは若干感じます。
PCからの作業が必要になるかなという印象です。

またヤフオクはオークションサイトなので、
『再出品』という概念が存在します。

これはオークション期間が終了したら再度出品をかけないと、
出品状態にならないという現象が起きます。

この点を鑑みても、少し作業量の多さがメルカリと比較すると見られるかなという印象です。

メルカリ無在庫転売のメリットデメリット

それではメルカリ無在庫転売のメリットについて見ていきましょう!

スマホ完結で取り組むことが可能!

メルカリ無在庫転売の1番のメリットは何と言ってもこれですね。
スマホ完結で全てを行うことが可能です。

もともとメルカリはスマホアプリが発祥なので、デザインやユーザーの操作性はスマホを前提に作られています。
ここがヤフオクとの1番の違いです。

しかも出品作業もとても簡単で、2-3分程度で出品をすることも出来ます。

それではメルカリ無在庫転売のデメリットは??
ここは一番大事な部分なので、しっかりと確認するようにしてください!

規制が厳しすぎる

ヤフオク無在庫転売でも当然規制はありますが、
それとは比にならないくらいメルカリでは規制が厳しいです。

例えばお客さんとのやりとりで
『Amazon』
『倉庫』
『FBA』
『海外から』
『取り寄せ』
『直送』

この辺りのフレーズを使ってしまうと一発でアカウントBANになります。
また出品数も制限がかけられており、
1日に20品以上出品すると『飛ばし』と言って、
検索結果に表示されないという規制をかけられます。

当人は飛ばされていることは気付かないので、
せっかく一生懸命、出品作業を行っていても、一向に日の目を見ない・・・
なんてことも日常茶飯事で起こるわけです。

メルカリアカウントの作り直しも出来なくはないですが、
作り直してもすぐにアカウントに制限がかかるので、
イタチごっこの状態になります。

利益額が小さい

メルカリ無在庫転売での期待利益は500-1000円と言われています。
私も実践した限り、1000円の利益が取れればいい方。
500円前後が期待値としては一番高かったように思います。

そう考えると確かにお小遣い稼ぎにはなりますが、
大きく稼ぐことを見据えると非常に厳しい状況であると言わざるを得ません。

結局稼げるノウハウって?

ここまで見て頂いた方はわかると思いますが、
結局稼げるのはどっち?という質問については
ヤフオク無在庫転売一択である。
という結論に至ります。

今の規制状況などを見るに、
メルカリ→仕入先
ヤフオク→仕入先&販路

このように捉えて、転売に取り組むのが良いです。
もちろん本当に初心者でインターネットからお金を稼ぐ体験を積みたい!
ということであればメルカリなどで不用品を販売するのがいいと思います。

本当に手軽に出品が出来ますし、ネットからお金が手に入る経験をほぼ確実に積むことが出来ます。

そこから一つステージを上げて、
ネットビジネスで稼ぎたい!ということであればヤフオクを販路にして、
無在庫での転売を展開していくことをオススメします。

とはいえ、ヤフオクも手軽に始めることのできるプラットフォームの一つです。
オークションサイトでもありますし、CtoCのプラットフォームなので、
誰でも使うことが出来ます。

これから転売やネットビジネスに取り組んでいきたい!という方は、
まず少しずつでも良いので何かご自宅にある不用品などを販売することから始めてみてはいかがでしょうか?

LINELP